ケアマネ 訪問リハ・訪問看護 介護サービス

在宅での看取り【ケアマネが解説】準備や流れを説明します!

 

母は、末期癌と言われました。本人の希望もあって在宅で看取りをしたいです。まず、何をすればいいのかな?

 

そのような疑問にお答えします

 

この記事では

在宅看取りで準備すること

在宅での看取り 介護サービスを決める

在宅看取り 意識するポイント

在宅看取り メリット・デメリット

 

この記事の信頼性

自己紹介 デイサービス相談員

この記事を書いている私は、無資格・無経験でデイサービスに勤めました

デイサービスから特養の介護職・居宅のケアマネへと転職も経験しています

 

今回は、在宅で看取りをする場合に準備することや手順などを紹介していきます。

 

在宅で看取りの介護をする経験は、大半の方が初めてではないでしょうか?どのように介護をしていけばいいのか悩みますよね

 

ケアマネである私は、今まで5名の在宅での看取りを担当させていただきました。

令和3年4月現在3名の在宅での看取り介護の担当ケアマネをしています。

 

在宅での看取りの準備など知りたい方は、最後まで読んでみてください。

 

 

在宅の看取りで準備すること

 

在宅の看取りで準備すること

 

在宅の看取りを説明します。

在宅の看取りとは

在宅の看取りとは、病状の改善が見込まれない方に対して延命治療のような積極的な医療行為は行わず

慣れ親しんだ自宅でご家族などに介護されながら最後の時を迎えていただくケアです。

 

在宅の看取りで準備する手順です。

本人・家族で相談する

介護認定を受ける

ケアマネと相談する

 

それぞれ説明していきます

 

在宅での看取り 手順①本人・家族で相談する

 

本人、家族で在宅での看取りについて相談する

 

本人・家族が自宅で最期を迎えたい、自宅で最期まで介護してあげたいという気持ちがなければ実施できません。

 

家族間で話をしている内容として

・どの時間帯でどのような介護を誰がするのか?

・緊急時の対応は、誰が受けて、誰に連絡するのか?

・医療、介護サービスの契約、支払いは誰がするのか?

 

介護保険のサービスも利用できますが家族が介護する場面も多くなりますので、しっかり考えた上で家族間での役割分担を決めることをお勧めします。

 

事前にエンディングノートで治療の方向性やどのような最期を迎えたいのか記入しておくほうがいいと思います。

*就活の一環で、葬儀のことやペットのこと延命などを記載するノートのことです

 

 

 

私、初めての介護なんですが…大丈夫でしょうか?

 

 

もちろん、介護が初めてでも必要であれば、食事介助の方法やオムツ交換の仕方、吸引器の使い方など入院中であれば病院、在宅であれば訪問看護さんが指導してくれますよ!

 

 

家族間で介護の協力・役割分担って具体例を教えてほしい

 

例えば

・高齢者世帯で介護者が一人だけど、土曜・日曜に子どもさんが手伝いに来てくれる

・兄弟間で、曜日や時間帯で役割分担をしている

 

家族間での関係性や仕事や家庭の事情などもあるので、お互いが納得いく協力体制を築き上げる必要があります。

 

在宅での看取り 手順②介護認定を受ける

 

介護認定の申請を出しましょう

40歳以上で末期がんの診断があれば、介護保険の申請ができます

 

介護保険を申請する理由は、在宅看取りを行う上でケアマネや介護サービスの利用が必須になるからです。

 

在宅看取りでよく利用される介護保険のサービス

・居宅療養管理指導(訪問診療)

・訪問看護

・レンタル(ベッド・エアーマット)

・訪問入浴

・訪問介護

 

介護の申請をしてから、介護の結果まで通常1か月から2か月かかりますが

ガン末期の方の申請は優先されるので、私の肌感で介護の結果が出るのは1か月以内で認定調査は約1週間ですね。

 

 

えー1か月もかかるの?介護保険は使えないかもしれないわ!

 

 

認定調査が終わっていれば、だいたいの介護度の予想はできます。ケアマネなら暫定としてプランを立ててくれると思いますよ!

 

暫定ケアプランとは、介護申請を行った日から「介護度を予測してケアプランを立てる」ことです。

 

暫定プランを立てれば、介護保険サービスの利用ができます。

ただし、予想していた介護度より低い介護度が出た場合、サービスをたくさん利用していると「自費」になるリスクがあるのでケアマネに確認しましょう。

 

介護保険の申請について、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

介護保険 申請の条件・流れ・タイミングを【ケアマネ】が解説します!

 

介護認定をすでに受けている方

 

介護認定をすでに受けている方は、区分変更(介護度の見直し)をしましょう

 

区分変更

ケアマネがついているなら、ケアマネと相談し以前より状態が悪ければ「区分変更」介護の見直しの手続きをしてもらいましょう。

区分変更することで、介護度が重くなれば「区分支給限度額基準」保険の点数が増えます。

 

保険の点数が増えれば、介護保険サービスの利用の幅が増えますので「区分変更」をお勧めします。

 

実際、在宅での看取りのケースでは、全員区分変更を行いました。ケアプランは、暫定で作成しましたよ。

 

区分変更について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

介護保険 区分変更について【ケアマネが解説】メリット・デメリットは?

 

在宅での看取り 手順③ケアマネとしっかり相談する

 

ケアマネとしっかり相談しましょう

 

ケアマネは、地域の診療所のDRや訪問看護などに詳しく、在宅の看取りを担当した経験がある人も多いです

 

具体的な相談内容としては

・在宅での介護を家族側がどの時間帯でどこまでできるのか?

・介護保険サービスは、どんな種類があって、どのような内容をどの頻度で行ってくれるのか?

・緊急時の連絡体制

 

 

ケアマネがついていない方は、地域包括支援センターと相談しましょう。

できれば、在宅看取りの経験があるケアマネがいいかもしれませんね。

 

こちらで、近隣の地域包括支援センターを調べることができます。

介護 情報公開システム

 

 

本人・家族が在宅での看取りを希望されれば、介護保険の申請・ケアマネとの相談は同時進行になりますね。

 

在宅での看取り 介護サービスを決める

 

在宅での看取り 介護サービスを決める

 

在宅での看取りを本人、家族が希望され、介護保険の申請、ケアマネとの相談ができれば具体的に介護保険サービスを決めていきます。

*余命期間によっては、申請・相談・サービスの決定がほぼ同時に進行していきます。

 

入院中であれば、在宅での環境が整うまで病院側が待ってくれると思いますよ

 

私のケースでは、受診で病気に気づく方が多かったです。余命も短かったので1日で介護サービスを整えます。

在宅での看取り良く利用する介護保険サービスを紹介しますね。

 

在宅看取りでよく利用するサービス

在宅医を探す

訪問看護を利用する

レンタルの利用

訪問介護の利用

 

それぞれ説明していきます

 

在宅医を探す

 

在宅の看取りに対応してくれる、主治医を探す必要があります

 

そのあたりの診療所が訪問診療、在宅での看取りをおこなっているとは限りませんので探す必要があります

 

市区町村には、「在宅医療相談」や「在宅医療介護連携」などの名称の窓口があるので問い合わせましょう!

市区町村によっては、医師会が在宅診療が可能な、在宅医を紹介してくれます。

 

ケアマネなら看取りの対応をしてくれる医師を数人知っていると思いますので、ケアマネと相談する方がいいと思います。

 

在宅で看取りを対応してくれる主治医を探すことが一番大事

 

訪問診療について、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

往診と訪問診療と居宅療養管理指導の違い【現役ケアマネが解説】

 

訪問看護を利用する

 

在宅での看取りをしている訪問看護を利用しましょう

 

訪問看護にも24時間対応できる事業所とそうでない事業所があります

 

在宅での看取りに適した訪問看護は

・緊急時訪問看護加算を算定している事業所やターミナルを多く対応している事業所

(何か相談や急変時には24時間電話対応してくれて、早朝や夜間でも状況によっては訪問してくれます)

 

ケアマネなら訪問看護の事業所の特徴も知っているので相談しましょう

 

訪問看護については、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

介護保険 訪問看護の費用・単位数・内容【ケアマネがわかりやすく解説】

 

レンタルを利用する

 

レンタルの利用をおすすめします

 

介護ベッドだけでなく、エアーマットや手すりが必要なケースもでてきます

 

利用者の状態に応じて介護用品がレンタルできます

・介護ベッドを利用すれば介護者も介護しやすい

・車いす、手すりなど状態に合わせてレンタルできる

・寝返りができない状態になれば、褥瘡予防マットや自動で体位交換してくれるエアーマットがレンタルできる

 

レンタルの事業所もケアマネに相談しましょう!早ければ1~2日後には納品してくれますよ!

 

エアーマットについて、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

エアーマット 介護保険のレンタルについて【現役ケアマネが徹底解説】

 

訪問介護の利用

 

訪問介護(ヘルパー)の利用で介護負担が軽減できます

 

特に高齢者一人で介護する場合に、ヘルパーさんの力を借りることがあります

 

例えば

・おむつ交換

・食事介助

・清拭、更衣

 

介護者が高齢であれば、介護負担軽減のためにも利用を検討するといいでしょう

 

身体的な負担の軽減だけでなく、介護者の精神的な負担の軽減も期待できます。

 

訪問介護については、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください、

訪問介護とは(サービス内容、費用、利用までの流れ)【ケアマネが解説】

 

在宅での看取り 意識するポイント

 

在宅での看取り介護中にすること

 

在宅での看取りで意識するポイントを紹介します

本人の意向に寄り添う

急変時の確認

それぞれ説明します

 

本人の意向に寄り添う

 

本人の意向に寄り添うことです

 

厳しいようですが、家族が本人のためにと思ってしていることが「本当は苦痛なこと」があるかもしれません

 

例えば

・親戚や友人に会わせる

・好きだった食べ物を用意する

・好きな音楽を聞かせる

 

人の感情は、刻一刻と変化していきます

 

ひょっとして

好きな食べ物は、今食べたくないかもしれません

 

都度、ご本人に確認していきましょう

 

急変時の確認

 

ケアマネや訪問看護、主治医と急変時の連絡方法の確認をしておきましょう!

 

急なことが起きると人は慌ててしまい冷静な判断ができなくなる場合があります

 

慌てないように事前に緊急時の連絡体制を確認すべきですね

・基本的には、①訪問看護に連絡で間違いないでしょう

 

冷蔵庫などに緊急時の連絡先を貼るようにしています

 

夜中でも訪問看護さんに電話対応してもらえて、必要なら自宅にも来てくれるので安心ですね

 

在宅での看取り メリット・デメリット

 

在宅での看取り メリット・デメリット

 

在宅での看取りを体験して、メリット、デメリットを紹介していきます

 

在宅での看取り メリット

 

在宅での看取りをして良かった点を紹介します

 

メリット

・住み慣れた思い出がいっぱいの家で、家族と最後まで過ごせたこと

・残される家族が本人とゆっくりお別れができたこと

 

在宅の看取りをされた、本人、家族はとても満足されていました

 

在宅での看取り デメリット

 

在宅での看取りのデメリットを紹介します

 

デメリット

・在宅での看取り介護をする家族の精神的・肉体的な負担が大きいこと

 

実は、先月も在宅での看取りの担当をさせていただきました。在宅での看取りをされた家族さんは、全員同じことを言われます。「しんどかったけど、自宅で看れて本当に良かった」って。

 

在宅看取りを決めても、家族さんがどんどん衰弱する姿を見て「やっぱり、看取りを辞めます。見ているのが辛いです。病院で対応してほしい」と言われる方もいます

全然良いと思います。心が揺れることは、当然です。

 

ケアマネも「在宅看取りを希望していても、途中で病院で対応してもらう方もいますよ」というと家族さんも救わるかもですね!

 

今回は、以上になります

 

-ケアマネ, 訪問リハ・訪問看護, 介護サービス

© 2021 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5