施設 介護サービス

有料老人ホーム 介護保険 費用、入居条件【ケアマネが徹底解説】

 

親に介護が必要で、有料老人ホームの入居を考えています。費用や入居条件・手続きなど知りたいわ!

 

 

「有料老人ホーム」に親を入居してもらうなら、費用や手続きなど知りたいですよね

 

 

私は在宅ケアマネをしていて、職場は有料老人ホームが併設されています。有料老人ホームについて、費用や手続き、入居条件をまとめて解説していきます。

 

 

この記事では

有料老人ホームとは

有料老人ホームの費用について

有料老人ホームの入居条件

有料老人ホームのサービス内容

有料老人ホームの選び方

を書いていきます。

この記事を読めば「有料老人ホーム」のすべてが分かります

 

有料老人ホームとは

 

yuuryourouzinnho-mu

 

 

有料老人ホームとは

有料老人ホームとは、高齢者の心身の健康を保ち食事・排泄・入浴・家事・健康管理・レクリエーションなどのサービスを提供する施設です。

有料老人ホームには、大きくこの2種類あります

介護付き有料老人ホーム

住宅型有料老人ホーム

 

介護付き有料老人ホームとは

 

介護付き有料老人ホームの特徴

都道府県の指定(認可)を受けている

介護保険上では「特定施設入所者介護」に分類される

24時間介護スタッフが常駐し、介護サービスを受けられる

主に民間が経営している

 

住宅型有料老人ホームとは

 

住宅型有料老人ホームの特徴

高齢者の住みやすい住居である

介護サービスは、各事業所と契約を行う

主に民間が経営している

 

 

有料老人ホームの費用

 

 

 

介護付き有料老人ホーム費用の目安

 

平均値 中央値
入居一時金の目安 約350万円 約48万円
月額費用の目安 約22万円 約19万円

 

支払い方法を選択できる施設もあります

入居一時金を高めに設定し、月額が低めに設定している

入居一時金を低めに設定して、月額を高めに設定している

 

住宅型有料老人ホーム費用の目安

 

平均値 中央値
入居一時金の目安 約87万円 約7万円
月額費用の目安 約13万円 約12万円

 

住宅型有料老人ホームの方が、安くて、お得ですよね!

 

 

月額費用には、介護サービスは含まれていませんので費用だけで判断しないように注意してくださいね

 

 

有料老人ホームの入居条件

 

 

介護付き有料老人ホームの入居条件

 

介護付き有料老人ホーム 入居条件

要支援1・2

要介護1~5

介護認定を受けている必要があります。

医療的な処置が必要な方は、施設ごとで受け入れ基準が異なります

 

 

要介護認定を受けていない方は、こちらでまとめています

【ケアマネが解説!】介護保険申請の流れ、サービス利用の流れを教えます!

続きを見る

 

住宅型有料老人ホームの入居条件

 

住宅型有料老人ホーム入居条件

自立~要支援1・2・要介護1~5

施設によって異なりますが、介護認定が必要なところが多い

医療的な処置が必要な方は、施設ごとで受け入れ基準が異なります

 

特養や他施設の入居条件は、どうなんだろう?

 

入居条件 入居の困難度
特別養護老人ホーム 基本要介護3以上 待機者が多い
介護老人保健施設 要介護1以上 比較的入りやすい
グループホーム 要支援2以上(認知症であること) 小規模なので満床が多い

 

特別養護老人ホームについては、こちらでまとめています

特養とは 費用・入居基準・費用の負担軽減制度を【ケアマネが解説】

続きを見る

 

介護老人保健施設については、こちらでまとめています

介護老人保健施設とは 【現役ケアマネ】が解説します!

続きを見る

 

グループホームについては、こちらでまとめています

グループホームとは 【ケアマネ】がわかりやすく解説します

続きを見る

 

 

有料老人ホーム サービス内容

 

 

介護付き有料老人ホーム サービス内容

 

介護付き有料老人ホームのサービス内容

身体的な介助(食事・入浴・排泄・移動・更衣など)

家事的な介助(掃除・洗濯など)

レクリエーション・行事など

リハビリ・運動など

医療的に必要な処置

 

住宅型有料老人ホーム サービス内容

 

住宅型有料老人ホームのサービス内容

外部のサービスを利用する(ヘルパー事業所・デイサービスなど)

 

 

住宅型有料老人ホームの多くは、ヘルパー事業所、デイサービスを併設している場合が多いですね。

 

 

有料老人ホームの選び方

 

 

有料老人ホームの選び方3つ

ケアマネがいるなら相談

介護サービス情報公開システムの利用

専用サイトで情報を得る

 

ケアマネと相談

 

ケアマネと相談

地域の施設情報を詳しく知っている方が多い

地域外の情報は、あまり詳しくない

 

在宅ケアマネをしていますが、担当区外になるとほとんど情報を持っていません。

 

介護サービス情報公開システムを利用する

 

ポイント

・介護サービス情報公開システムは、24時間365日介護事業所を無料で検索できるツールです

 

こちらで有料老人ホームの場所などが検索できますよ!

介護 情報公開システム

 

有料老人ホーム 検索サイト

 

*入居費用・手続きの手順・入居条件・詳細な場所が検索でき「資料請求も無料」です。

 

LIFULL介護



全国32,000件以上の高齢者施設情報を紹介している 業界最大級の介護施設検索ポータルサイトです。

公式ページ


 

シニアのあんしん相談室


全国の老人ホームの相談・施設の選定・見学から入居までトータルでサポートしてくれます。

全国3000施設の都道府県認定の施設を厳選して掲載

公式ページ


 

有料老人ホームに入居する人の特徴

 

有料老人ホームに入居する人の特徴

すぐに入居できる施設がない

特別養護老人ホームに入りたくない

医療的な理由で他施設に入れない方

金銭的に余裕がある

 

すぐに入居できる施設がない

 

特別養護老人ホームは、要介護3以上で申し込んでも半年以上~数年かかるので、それまでの間「有料老人ホーム」に入居する方

 

特別養護老人ホームに入りたくない

 

特別養護老人ホームは、特に重度の方が多いので「見学に行ったが自分にはあわない」との理由で「有料老人ホームを見学」して入居する方

 

医療的な理由で他施設に入れない方

 

・特別養護老人ホームでは、夜勤帯の看護師がいない施設が多く、医療処置が必要な方は対応ができないと断られます

・介護老人保健施設では、認知症薬、精神治療薬など高額な薬を服用していると「服薬費用を施設が負担するため」断られます

終末期、胃ろう・喀痰吸引・インシュリンなど医療処置が必要な方が有料老人ホームへ入居する

医療的な処置が必要な方は、施設ごとで受け入れ基準が異なります

 

金銭的に余裕がある

 

金銭的な余裕があるので、比較的自由に対応をしてくれる「有料老人ホーム」を選ばれます

 

有料老人ホームの入居者さんは、外部のヘルパーを雇って旅行に出かけたり、近隣の商店街で買い物をしに行ったり、マッサージまで呼んでいる方もいましたよ。

 

 

さすがに特養では、自由にお出かけするのは困難ですもんね!

 

 

この記事のまとめ

有料老人ホームとは

有料老人ホームの費用について

有料老人ホームの入居条件

有料老人ホームのサービス内容

有料老人ホームの選び方

 

 

施設を選ぶ基準や施設見学でのポイントをまとめています

施設
介護施設 選び方 見学のポイントを【元施設相談員が解説】

続きを見る

 

施設の入居タイミングをまとめています

施設入居 タイミングはいつがいいの?【ケアマネが解説】

続きを見る

 




-施設, 介護サービス

© 2020 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5