要支援 デイサービス 介護サービス

要支援 デイサービス 利用料金、利用回数について【ケアマネが解説】

 

父が要支援1の認定で、母が要支援2の認定がでました。

デイサービスに行ってほしいけれど、要支援1と要支援2とでは、利用の回数や料金は変わるのかな?

 

 

要支援のデイサービス利用の回数や料金は、役所のパンフレットにも載っていますがわかりにくいですよね!

 

 

要支援1は、デイサービス週1回利用。

要支援2は、デイサービス週1回か週2回の利用、どちらかです!デイサービスの内容や料金も詳しく説明しますね!

 

 

この記事では

要支援1・2の方のデイサービスの料金・利用回数

要支援1・2の方のデイサービスの内容

要支援1・2の方のデイサービス利用までの流れ

を書いています。

この記事を読めば「要支援1・2の方のデイサービス利用回数・利用料金」がわかります。

 

 

要支援1・2の方のデイサービスの料金・利用回数

 

 

要支援の方の利用料金は、月額制です。

デイサービスを月に1回、2回休んでも、月額制なので料金は同じです!

 

更に言うと

月に1回でも利用すれば、1か月の料金がかかります

・その月に1回も利用しなければ料金は発生しません。

 

 

 

介護予防通所型サービスを利用の場合(月額制)

 

対象者 デイサービス利用回数 利用料金(月額)
要支援1 週1回 約1800円
要支援2 週1回 約1800円
要支援2 週2回 約3700円

 

 

要支援のデイサービス

要支援1の方は、デイサービスは週1回だけです。月額制です。

要支援2の方は、デイサービスを週に1回の利用にするか、週に2回の利用にするか選択できます。

どちらにするのかは、ケアプランを作る方と相談をしましょう。

上記の料金表は、昼食代金は含まれていません。(デイサービスによって昼食がある事業所もあります)

介護負担割合証の1割の方で計算しています。(介護負担割合が2割の人は2倍、3割は、3倍の利用料がかかります)

口腔加算・運動機能向上加算・提供体制加算・処遇改善加算などは、含んでいませんので契約時に確認しましょう。

 

 

こちらでは、要支援の方の参考料金や利用できるサービスを載せています。

是非、参考にしてください

介護保険 要支援1 受けられるサービスは?事例でざっくり紹介します!

介護保険 要支援2 受けられるサービスは?事例でざっくり紹介します!

 

要支援1・2の方のデイサービスの内容

 

 

デイサービスの内容は、要支援の方と要介護の方と何か変わりがあるの?

 

 

基本的には同じサービスです(リハビリに関しては、異なります)

 

 

 

リハビリに関して

要支援のリハビリは、集団的なリハビリ(体操や器具をつかった運動をおこなう)

要介護の方のリハビリは、専門家が個別にリハビリをしてくれます

 

 

 

デイサービスには、半日型と1日型があります。

 

 

<半日型 3~4時間ほど>

送迎・バイタルの測定

レクリエーションや体操など、運動に特化している

昼食や入浴がある事業所もあるが、無いところもある

 

<1日型 6~7時間ほど>

送迎、入浴、昼食、レクリエーション、体操、運動、おやつなどですね。

 

 

デイサービスの利用時間が違うけれど、料金は同じなの?

 

 

はい、半日型のデイサービスでも1日型のデイサービスでも、要支援の方の基本料金は同じですよ

 

入浴では

要支援の方は、デイサービスで入浴サービスを受けようが、受けまいが料金は同じです!

 

 

要支援1・2の方のデイサービス利用での注意点

 

ここでは、要支援の方からよくある質問についてお答えしますね

 

 

要支援2だと週2回のデイサービスに行けるなら、たくさんの人と触れ合いたいので、週1回はA社のデイサービス、残りの週1回はB社のデイサービスの利用をしたいです。

 

 

残念ですが、要支援の方は複数のデイサービスの利用はできなくなっています。要介護の方は、可能ですよ。

 

 

料金の支払いは、どうのようにするの?

 

 

基本的には、当月〆の翌月払いとなります。4月に利用すれば、4月分の支払いは5月になりますね。支払いは、現金か銀行引き落としかは、デイサービスの事業所によって異なりますので確認しましょう。

 

 

デイサービスを途中で変更したいときは、どうすえばいいのかな?

 

 

デイサービスの変更は、可能です

要支援の方の場合、デイサービスの利用は月額制なので、変更希望があっても次の利用まで時間がかかる場合があります。ケアマネに相談しましょう

 

 

どんどん、認知症が進行して以前に比べて、介護が大変になってきた。介護の見直しはできるの?

 

 

もちろん、介護の見直し(区分変更)はできますよ申請の時とほとんど同じ流れになりますね。

 

 

こちらで、介護の見直し(区分変更)の記事があるので是非参考にしてみてください。

介護保険 区分変更について【ケアマネが解説】メリット・デメリットは?

続きを見る

 

 

要支援1・2の方のデイサービス利用までの流れ

 

 

デイサービス利用までの流れ

 

認定調査を受けて、要支援1や要支援2が出ても手続きが必要ですよ

 

デイサービスを受ける手順

①地域包括支援センターへ連絡する

②地域包括支援センターと契約

③担当者によるサービスの提案

④サービス担当者との話し合い

⑤介護予防プランの作成

⑥サービス提供事業所との契約

 

 

①地域包括支援センターに連絡する

 

地域包括支援センターに連絡し「要支援が出てデイサービスに行きたいです」と相談しましょう!

 

こちらで、最寄りの地域包括支援センターを検索できます!

介護 情報公開システム

 

②地域包括支援センターと契約

 

地域包括支援センターと契約を行います(契約自体にお金はかかりません)

プランの作成は、地域包括の方か地域包括が委託したケアマネになります。

 

③担当者によるサービスの提案

 

担当になる人(地域包括の方か委託されたケアマネ)が、利用者の心身の状況を把握し本人、家族の希望を交えながらサービスを提案します。

 

④サービス担当者との話し合い

 

デイサービスの担当者との話し合い(担当者会議)を行います。

 

担当者会議の例

・デイサービスの利用時に急変があった場合の連絡先の確認や搬送手順の確認

・送迎時間・利用料金・支払い時期・支払い方法・サービス内容・利用曜日

・持ち物や利用上の注意点など

 

 

⑤介護予防ケアプランの作成

 

プランの作成は、包括の方か包括が委託したケアマネになります。

 

⑥サービス提供事業所との契約

 

デイサービスの事業所と契約をします(契約自体にはお金はかかりません)

契約ができれば、利用開始日を決めましょう!

 

*生活保護の方は、デイサービスの食費以外の支払いはありません。

 

 

この記事のまとめ

要支援1・2の方のデイサービスの料金・利用回数

要支援の方は、月額制。

要支援1の方は、週1回。

要支援2の方は、週1回か週2回

要支援1・2の方のデイサービスの内容

送迎・入浴・リハビリ・レクレーション・(食事)など

要支援1・2の方のデイサービス利用までの流れ

まずは、地域包括支援センターに連絡し契約をする

 

 

デイサービスには、たくさんの種類があります。 中には、デイサービスの利用体験を無料で提供しているところもあります。 (昼食代は、必要なところもあります)

 

 

体験ができれば、母にも勧めやすいですね

 

 




-要支援, デイサービス, 介護サービス

© 2021 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5