要支援 デイサービス 介護サービス

要支援 デイサービス 利用料金、利用回数について 解説!

 

 

父が要支援1の認定で、母が要支援2の認定が出ました。デイサービスに行ってほしいけれど、利用回数や利用料金を教えてほしい!

 

在宅、ケアマネの「しもやん」です。要支援1と要支援2では、利用できる回数や料金が違うので説明しますね!

 

この記事では

・要支援1・2の方のデイサービスの料金・利用回数

・要支援1・2の方のデイサービスの内容

・要支援1・2の方のデイサービス利用までの流れ

がわかります。

 

 

要支援1・2の方のデイサービスの料金・利用回数

 

 

介護予防通所型サービスを利用の場合(月額制)

 

対象者 デイサービス利用回数 利用料金(月額)
要支援1 週1回 約1800円
要支援2 週1回 約1800円
週2回 約3700円

 

注意ポイント

*要支援1の方は、デイサービスは週1回だけです。月額制です。

*要支援2の方は、デイサービスを週に1回の利用にするか、週に2回の利用にするか選択できます。

どちらにするのかは、ケアプランを作る方と相談をしましょう。

*上記の利用料金表は、昼食代金は含まれていません。(デイサービスによって昼食がある事業所もあります)

*介護負担割合証の1割の方で、計算しています。(介護負担割合が2割の人は2倍、3割は、3倍の利用料がかかります)

*口腔加算・運動機能向上加算・提供体制加算・処遇改善加算などは、含んでいませんので契約時に確認しましょう。

 

こちらでは、事例で参考料金や利用できるサービスを載せています。

是非、参考にしてください

介護保険 要支援1 受けられるサービスは?事例でざっくり紹介します!

続きを見る

介護保険 要支援2 受けられるサービスは?事例でざっくり紹介します!

続きを見る

 

要支援1・2の方のデイサービスの内容

デイサービスの内容は、要支援の方と要介護の方と違ったりするの?

 

基本的には同じサービスです(リハビリに関しては異なる場合があるので確認しましょう)。ただし、介護保険は、自立支援ですのでご自分でできることはしましょうね!

 

デイサービスには、半日型と1日型があります。

<半日型…3時間~4時間が多いですね>

送迎もしてくれますしバイタル測定もしてくれます。

レクリエーションや体操、運動など運動に特化したところが多いように思います。

昼食や入浴がある事業所もありますが、ないところもあるので事前に確認しましょう。

<1日型…6時間~7時間が多い印象ですね>

送迎、入浴、昼食、レクリエーション、体操、運動、おやつなどですね。

 

デイサービスの利用時間が違うけれど、料金は一緒なの?

 

はい、半日型のデイサービスでも1日型のデイサービスでも、要支援の方の基本料金は同じですよ。

 

 

要支援1・2の方のデイサービス利用での注意点

 

ここでは、要支援の方からよくある質問についてお答えしますね

 

要支援2だと週2回のデイサービスに行けるんなら、たくさんの人と触れ合いたいので週1回はAデイサービス、週1回はBデイサービスの利用をしたいです。

 

残念ですが、要支援の方は複数のデイサービスの利用はできなくなっています。要介護の方は、可能ですよ。

 

 

料金の支払いは、どうのようにするの?

 

基本的には、当月〆の翌月払いとなります。4月に利用すれば、4月分の支払いは5月になりますね。支払いは、現金か銀行引き落としかは、デイサービスの事業所によって異なりますので確認しましょう。

 

 

デイサービスを途中で変更したいときは、どうすえばいいのかな?

 

デイサービスの変更は、可能です。要支援の方の場合、デイサービスの利用は月額制なので、変更希望があっても次の利用まで時間がかかる場合があります。ケアマネに相談しましょう

 

どんどん、認知症が進行して以前に比べて、介護が大変になってきた。介護の見直しはできるの?

 

もちろん、介護の見直し(区分変更)はできますよ。申請の時とほとんど同じ流れになりますね。

 

こちらで、区分変更のメリット・デメリットの記事があるので是非参考にしてみてください。

介護保険 区分変更のメリット・デメリットをケアマネが解説します!

続きを見る

 

要支援1・2の方のデイサービス利用までの流れ

デイサービス利用までの流れ

認定調査を受けて、要支援1や要支援2が出ても手続きが必要ですよ

 

①まず、包括支援センターに連絡するほうがいいと思います

 

②そして、包括支援センターと契約を行います(契約自体にお金はかかりません)

プランの作成は、包括の方か包括が委託したケアマネになります。

 

③担当になる人(包括の方か委託されたケアマネ)が、利用者の心身の状況を把握し本人、家族の希望を交えながらサービスを提案します。

 

④サービス担当者との話し合い

 

デイサービスの担当者との話し合いを行います。

例えば

・デイサービスの利用時に急変があった場合の連絡先の確認や搬送手順の確認

・送迎時間・利用料金・支払い時期・支払い方法・サービス内容

・持ち物や利用上の注意点など

 

⑤介護予防ケアプランの作成

プランの作成は、包括の方か包括が委託したケアマネになります。

 

⑥サービス提供事業所との契約(契約自体にはお金はかかりません)

デイサービスの事業所と契約をします

*生活保護の方は、デイサービスの食事費用以外の支払いはありません。

④と⑥は同日の同時間に行うことが多いです。

 

まとめ

 

・要支援1・2の方のデイサービスの料金・利用回数

・要支援1・2の方のデイサービスの内容

・要支援1・2の方のデイサービス利用までの流れ

を説明してきました。

 

 

デイサービスには、たくさんの種類があります。 中には、デイサービスの利用体験を無料で提供しているところもあります。 (昼食代は、必要なところもあります)

 

体験利用ができれば、母にも勧めやすいですね

 

わからない点があれば、担当ケアマネに聞くのがいいですね。

押してもらえると、大喜びしますヽ(^o^)丿

デイケアとデイサービスの違いはこちらで詳しくまとめています

デイケアとデイサービスの違い どっちがいいの?現役ケアマネが解説!

続きを見る

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

-要支援, デイサービス, 介護サービス

Copyright© 介護 しもやんブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.