要支援 デイサービス 介護サービス

要支援 デイサービス 利用料金、利用回数について【ケアマネが解説】

 

父が要支援1の認定で、母が要支援2の認定がでました。

デイサービスに行ってほしいけれど、要支援1と要支援2とでは、利用の回数や料金は変わるのかな?

 

そのような疑問にお答えします

 

本記事の内容

要支援1・2 デイサービスの料金・利用回数

要支援1・2デイサービスの内容

要支援1・2 デイサービス利用までの流れ

要支援1・2 デイサービスを利用する3つのメリット

 

この記事の信頼性

自己紹介 デイサービス相談員

デイサービスから特養の介護職・在宅のケアマネへと転職。

担当させていただいている要支援者の約15名ほどデイサービスを利用しています。

ブログランキング参加中です。クリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

 

 

要支援1・2の方のデイサービス利用回数や料金はどうなのか?

 

デイサービスの内容や申し込み手順、要支援の方からよく聞かれる質問など、詳しく知りたい方は、最後まで読み進めてみてください。

 

 

要支援1・2 デイサービスの料金・利用回数

 

要支援1・2 デイサービスの料金・利用回数

 

要支援者のデイサービス利用料金は、月額制です。

デイサービスを月に1回、2回休んでも、月額制なので料金は同じ。

 

更に言うと

月に1回でも利用すれば、1か月の料金がかかります

・その月に1回も利用しなければ料金は発生しません。

 

 

介護予防通所型サービスを利用の場合(月額制)

 

要支援1の方は、デイサービス利用は週1回。

要支援2の方は、デイサービスを週1回か2回のどちらかになります。(ケアマネと相談してみて下さい)

 

デイサービスの利用料金と利用回数を下記にまとめてみました。

対象者 デイサービス利用回数 利用料金(月額)
要支援1 週1回 約1800円
要支援2 週1回 約1800円
要支援2 週2回 約3700円

 

上記の料金表は、

・昼食代・口腔加算・運動機能向上加算・提供加算・処遇改善加算を含まず。

・介護保険負担割合証の1割で計算。

 

 

ちなみに、職場の併設デイサービス(大阪市)では

・提供加算Ⅰ11

・運動機能向上加算

・処遇改善加算Ⅰ

・特定処遇改善加算Ⅰ

の加算を取っています。

要支援1の方、デイサービス週1回で月額約2243円

要支援2の方、デイサービス週2回で月額約4321円

 

 

こちらでは、要支援の方の参考料金や利用できるサービスを載せています。

是非、参考にしてください

介護保険 要支援1 受けられるサービスは?事例でざっくり紹介します!

介護保険 要支援2 受けられるサービスは?事例でざっくり紹介します!

 

要支援1・2デイサービスの内容

 

要支援1・2 デイサービスの内容

 

デイサービスの基本的な内容ですが

・送迎

・リハビリ(運動)

・入浴

・食事

・おやつ

・レクリエーション

など、デイサービスのサービス時間や事業所の種類によって変わります。

 

 

デイサービス 半日型と1日型のサービス内容

 

デイサービス半日型のサービス内容を説明します。

 

<半日型 3~4時間ほど>

送迎・バイタルの測定

レクリエーションや体操など、運動に特化している

入浴をしている事業所としていないところがある

 

 

デイサービス1日型のサービス内容です。

 

<1日型 6~7時間ほど>

送迎、入浴、昼食、レクリエーション、体操、運動、おやつなどですね。

 

要支援者のデイサービスでは、半日型でも1日型でも料金は同じ。

要支援者は、デイサービスで入浴してもしなくても料金は同じです。

 

デイサービス 要支援・要介護とのリハビリの違い

 

デイサービスでは、基本的に要支援者(要支援1・2)と要介護者(要介護1~5)のリハビリ内容が下記のように異なります。

デイサービス 要支援・要介護とのリハビリの違い

 

リハビリに関して

要支援のリハビリは、集団的なリハビリ(体操や器具をつかった運動をおこなう)

要介護の方のリハビリは、専門家が個別にリハビリをしてくれます 

 

要支援1・2の方のデイサービス利用での注意点

 

ここでは、要支援の方からよくある質問についてお答えしますね

 

Q1:要支援者は、複数のデイサービスを併用利用できないの?

 

要支援2だと週2回のデイサービスに行けるなら、週1回はA社のデイサービス、残りの週1回はB社のデイサービスの利用をしたいです。

 

 

残念ですが、要支援者は、複数のデイサービス利用はできません。要介護の方は、可能ですよ。

 

 

Q2:要支援者のデイサービス料金の支払い方法は?

 

料金の支払いは、どうのようにするの?

 

 

基本的には、当月〆の翌月払いとなります。4月に利用すれば、4月分の支払いは5月になりますね。支払いは、現金か銀行引き落としかはデイサービスの事業所によって異なりますので確認しましょう。

 

 

Q3:デイサービスの利用を変更したい

 

デイサービスを途中で変更したいときは、どうすればいいの?

 

 

デイサービスの変更は、可能です

要支援者の場合、デイサービスの利用は月額制なので、変更希望があっても利用まで時間がかかる場合があります。ケアマネに相談しましょう

 

 

Q4:以前に比べて、認知症の進行や足腰が弱くなってきた

 

どんどん、認知症が進行して以前に比べて、介護が大変になってきた。介護の見直しはできるの?

 

 

もちろん、介護の見直し(区分変更)はできますよ申請の時とほとんど同じ流れになりますね。

 

 

こちらで、介護の見直し(区分変更)の記事があるので、是非参考にしてみてください。

介護保険 区分変更について【ケアマネが解説】メリット・デメリットは?

続きを見る

 

 

要支援1・2の方のデイサービス利用までの流れ

 

要支援1・2の方のデイサービス利用までの流れ

 

デイサービス利用までの流れ

 

認定調査を受けて、要支援1や要支援2の結果が出ても手続きが必要ですよ

 

デイサービスを受ける手順

①地域包括支援センターへ連絡する

②地域包括支援センターと契約

③担当者によるサービスの提案

④サービス担当者との話し合い

⑤介護予防プランの作成

⑥サービス提供事業所との契約

 

 

①地域包括支援センターに連絡する

 

地域包括支援センターに連絡し「要支援が出てデイサービスに行きたいです」と相談しましょう!

 

こちらで、最寄りの地域包括支援センターを検索できます!

介護 情報公開システム

 

②地域包括支援センターと契約

 

地域包括支援センターと契約を行います(契約自体にお金はかかりません)

プランの作成は、地域包括の方か地域包括が委託したケアマネになります。

 

③担当者によるサービスの提案

 

担当になる人(地域包括の方か委託されたケアマネ)が、利用者の心身の状況を把握し本人、家族の希望を交えながらサービスを提案します。

 

④サービス担当者との話し合い

 

デイサービスの担当者との話し合い(担当者会議)を行います。

 

担当者会議の例

・デイサービスの利用時に急変があった場合の連絡先の確認や搬送手順の確認

・送迎時間・利用料金・支払い時期・支払い方法・サービス内容・利用曜日

・持ち物や利用上の注意点など

 

 

⑤介護予防ケアプランの作成

 

プランの作成は、包括の方か包括が委託したケアマネになります。

 

⑥サービス提供事業所との契約

 

デイサービスの事業所と契約をします(契約自体にはお金はかかりません)

契約ができれば、利用開始日を決めましょう!

 

*生活保護の方は、デイサービスの食費以外の支払いはありません。

 

要支援1・2 デイサービスを利用する3つのメリット

要支援1・2 デイサービスを利用するメリット

 

デイサービスを利用するメリットをケアマネが紹介します

認知症が後戻りする

足腰が強くなる

在宅生活期間が長くなる

 

一つずつ説明しますね

 

認知症が後戻りする

 

デイサービスを利用すると認知症が後戻りすることが実際にあります

 

私の利用者数名は認知症があるけれど、後戻りした体験を本人・家族もしています

 

例えば

・計算ができなかったのに、計算ができるようになった

・服薬の飲み忘れがなくなった

・日時を把握できるようになった

・職員やケアマネの名前を覚えるようになった

・デイサービスの出来事を覚えている

 

認知症の軽度者から中度者にこのような、改善が見られています。

 

デイサービスを利用すると認知症が後戻りすることがある

 

恐らく他者との関りが原因だと思いますが、詳しくはこちらに記事を載せています。

『アルツハイマー病 でも認知症の症状が出なかった101歳の修道女』に学ぶこと3つ

 

足腰が強くなる

 

高齢者でもデイサービスに行くと足腰が強くなります

 

高齢者の多くは、運動していなかったり、家で過ごすことが多かったりと筋力が落ちています。

デイサービスで運動やリハビリなど身体を動かす機会が増え筋力がUPします。

 

例えば

・90代男性は、杖が必須でしたが杖なしで歩けるようになった

・買い物に行く際、何度も休憩していたが休憩なしで買い物に行けるようになる

・体力測定で、握力、歩行スピード、バランスが上昇している

 

デイサービスで体力測定すると数値化(可視化)できるので、利用者のモチベーションも上がります。

 

年齢に関係なく運動すれば、足腰が強くなります

 

 

在宅生活期間が長くなる

 

デイサービスに行くと在宅生活できる期間が長くなります

 

今まで在宅ケアマネとして百数十人に関わってきました。

デイサービスに行っている利用者は、デイサービスに行かない人より「施設入所」や介護度が重くなるのが明らかに遅いです。

 

私の体感ですが

 

下の図のように、左に行くほど「施設入所」「介護度が重くなる」のが早くなります

レンタルしかサービスを使用していない人ヘルパーを利用している人デイサービスを利用している人ヘルパーとデイサービスを利用している人

 

私の利用者は、デイサービスを利用している方が多いです。

理由は、デイサービスを利用するメリットを私自身が感じて、利用者、家族にお話をしているからだと思います。

 

デイサービスを利用すれば、在宅生活の期間は長くなります

 

要支援の方は、デイサービスを利用しよう

要支援の方は、デイサービスを利用しよう

 

 

デイサービスの利用体験を無料で提供しているところもあります。 (昼食代は、必要なところもあります)

 

デイサービスを利用すれば、在宅生活を元気で過ごすことができるので、是非利用しましょう。

 

今回は、以上です。

 




-要支援, デイサービス, 介護サービス

© 2021 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5