要支援 介護サービス

介護保険 要支援1 受けられるサービスは?事例でざっくり紹介します!

 

 

 

要支援1のサービスは、どんなサービスがあるの?

1か月でどれぐらいの料金がかかるのか?知りたい。

 

 

「要支援1」で利用できるサービスは、訪問型、通所型、お泊り、住環境の整備などがありますが、たくさんあって分かりにくいですよね。

実際に、毎月にかかる費用も気になるところですよね。

 

 

私は、在宅ケアマネをしていて何人も要支援1の方の担当をしています。

 

 

この記事では

「要支援1」で受けられるサービスとは

「要支援1」でサービスを受ける手順

「要支援1」の方の事例を見て、サービスの回数・月にかかる金額は?

を書いています。この記事で、要支援1の全体像がわかります。

 

 

介護保険 要支援1 受けられるサービスは?事例でざっくり紹介します!

 

 

「要支援1」で受けられるサービスとは

 

要支援1で受けられるサービスを説明しますね!

 

 

<自宅で受けられるサービス>

介護予防訪問入浴

 

自宅で入浴をしてくれます。(要支援でこれを利用する方は、今まで見ていません)

訪問入浴とは 料金や利用の流れをケアマネが解説!

続きを見る

 

 

総合事業のサービス ヘルパー

 

自宅で家事を行ってくれます。

訪問介護(ヘルパー)については、下記にまとめています。

訪問介護とは(サービス内容、費用、利用までの流れ)ケアマネが解説します!

続きを見る

 

 

介護予防訪問看護

 

療養上のお世話や健康状態の把握をしてもらっています。服薬カレンダーに振り分けてくれたり、服薬状況の把握をしてくれます。

介護保険 訪問看護 単位数・費用・内容を在宅ケアマネが解説します!

続きを見る

 

もちろん、主治医の指示で処置もしてくれます。主治医との情報共有もしてくれたり、事業所によっては緊急時の対応を24時間行っています。

 

 

介護予防リハビリテーション

 

自宅に理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などが訪問し、リハビリをしてくれます。

介護保険 訪問リハビリ 利用の仕方、料金をケアマネが徹底解説!

続きを見る

 

 

介護予防居宅療養管理指導

 

通院が困難な方に医師や薬剤師・管理栄養士などが訪問し療養上の管理や指導を行います。

往診 訪問診療 違い 現役ケアマネが解説!

続きを見る

 

 

<通いで受けられるサービス>

介護予防通所リハビリテーション(デイケア)

 

食事や入浴、送迎があり日常生活上の支援や生活行為向上のための支援、リハビリテーションなどが利用できます。(食事や入浴がないところもあります)

デイケアの料金は? ざっくり介護度別で現役ケアマネが説明します!

続きを見る

 

 

総合事業のサービス(デイサービス)

 

食事や入浴、送迎があり、日常生活上の支援や生活行為向上のための支援、リハビリテーションなどが利用できます。(食事や入浴がないところもあります)

要支援の方のデイサービスは、こちらの記事に詳しく載せています。

要支援 デイサービス 利用料金、利用回数について 解説!

続きを見る

 

デイケアとデイサービスの違いはこちらで詳しくまとめています

デイケアとデイサービスの違い どっちがいいの?現役ケアマネが解説!

続きを見る

 

 

<施設に短期間入所できるサービス>

 

介護予防短期入所生活介護、介護予防短期入所療養介護

 

ショートステイ、1泊2日などお泊りサービスです。送迎や食事、入浴もしてくれます。

ショートステイとは 費用・利用条件・手続きをケアマネが解説します!

続きを見る

 

 

<福祉用具を借りる・購入できるサービス>

介護予防福祉用具貸与

 

手すり、スロープ、歩行器、歩行補助杖など

歩行器 レンタル 費用とメリット・デメリットは?【ケアマネが解説!】

続きを見る

介護保険 手すり レンタル 費用・種類、メリット、デメリットを解説!

続きを見る

*車いす、ベッドは要介護2以上。要支援でも必要な方はケアマネに相談してみてください。

 

 

介護予防福祉用具販売

 

腰掛便座や入浴補助いすなどあります。

福祉用具購入 条件・購入の流れをケアマネが解説!

続きを見る

 

 

<自宅を改修できるサービス>

住宅改修

 

手すりの取り付け、段差解消などがあります。

介護保険 住宅改修の流れ・内容【注意点】をケアマネが解説!

続きを見る

 

わー!要支援1でも、かなりたくさんの種類のサービスがありますね

 

次は、要支援の方がサービスを利用する手順を簡単に説明します。

 

 

「要支援1」でサービスを受ける手順

 

 

「要支援1」が届いたけど、すぐにサービスは使えないの?

 

 

認定調査を受けて、要支援1が出ても手続きが必要ですよ。手続きしないと、サービスは使えませんよ!

 

 

サービスを受ける手順

①まず、包括支援センターに連絡するほうがいいと思います。

②そして、包括支援センターと契約を行います(契約自体にお金はかかりません)

プランの作成は、包括の方か包括が委託したケアマネになります。

③担当になる人(包括の方か委託されたケアマネ)が、利用者の心身の状況を把握し本人、家族の希望を交えながらサービスを提案します。

 

例えば

一人暮らしの父は、脳梗塞で退院したところです。

 

家族の希望

・足腰が弱らないように運動

・デイサービスでの入浴

・ヘルパーさんによる家事の支援

 

 

デイサービスを利用して、 生活に必要な重たいお米などは、ヘルパーさんに任せて軽いものは、ご自分で購入するようにしていきましょう 。

 

 

ご自身でできない家事は、ヘルパーさんに手伝ってもらいましょう! また、玄関の段差に手すりがあるほうが、移動がスムーズにできそうですよ。

 

 

④サービス担当者との話し合い

デイサービスやヘルパーさんやレンタル業者との話し合いを行います。

 

例えば

・デイサービスの利用時に、急変があった場合の連絡先の確認や搬送手順の確認

・ヘルパーさんの利用曜日や時間、掃除カ所や掃除用具の確認、買い物の際の注意事項など

・レンタル用品の納品日時の確認

 

⑤介護予防ケアプランの作成

プランの作成は、包括の方か包括が委託したケアマネになります。

⑥サービス提供事業所との契約(契約自体にはお金はかかりません)

介護サービスを受ける事業所と契約をします。

 

先ほどの例でいうと

 

デイサービス、ヘルパー、レンタル事業所の3カ所と契約を行います。

 

 

*包括と契約をして、デイサービス、ヘルパー、レンタルの計4カ所の契約が必要になります。

 

 

契約は、サービスごとにするんですね。

 

 

しかも、デイサービス、ヘルパー、レンタルの事業所で利用の支払い方法が異なる場合がありますので、しっかり確認してください。

 

*生活保護の方は、デイサービスの食事費用以外の支払いはありません。

④と⑥は同日の同時間に行うことが多いです。

多分、住所と名前をたくさん書かされるので頑張ってください!

 

 

「要支援1」の方の事例を見て、サービスの回数・月にかかる金額は?

 

 

事例

・一人ぐらし、脳梗塞で入院されて自宅での入浴が困難、リハビリも必要。

・重たい買い物や床の拭き掃除がうまくできない。

・玄関の段差をスムーズに移動したい

 

 

要支援の方は、ヘルパーさんやデイサービスの利用回数は、決められていますよ

 

 

デイ・ヘルパー・レンタル利用

要支援1

デイサービス週1回(要支援1の方は週1回)

ヘルパー週2回(要支援1の方は週2回)

玄関の手すりレンタル

<料金>

週1回 デイサービスの料金 送迎、入浴、運動、レクリエーション 月約2200円(運動機能加算含む・食費は含んでいません)

週2回 ヘルパーさん 約30分 月約2400円

玄関の手すり 月300円

合計 月約5000円ですね。

(処遇改善加算など含んでおり、大阪市で計算しています。あくまでも、ざっくり計算なのでご了承ください)

<注意>この料金は、介護負担割合証で1割の方で計算されています。2割負担の方は、月約1万円、3割負担の方は月約1万5千円になります。

生活保護の方は、免除されます(食事費用はかかります)

 

 

要支援の方のデイサービスやヘルパーさんの利用料金は月単位の料金になっております。

 

 

おおよその金額がわかりました!

 

 

私の担当の方が実際に利用されている、高齢者の事故防止や役立つアイテムを紹介しています!

 

 

高齢者の事故予防で、利用者さんが実際に使っているアイテムです!

【在宅ケアマネ推奨】高齢者の事故を予防する アイテム 10選

続きを見る

現在の介護度を見直したい方は、こちらをご覧ください

介護保険 区分変更のメリット・デメリットをケアマネが解説します!

続きを見る

医療系の介護保険サービスを利用すれば、医療費控除の対象になりますよ

医療費控除 おむつ代 ケアマネが解説!

続きを見る




-要支援, 介護サービス

© 2020 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5