施設

特別養護老人ホームのサービス内容を詳しく知りたい!【元特養相談員が解説】

 

親の介護をしています。ゆくゆくは、特別養護老人ホームの入居を考えています。特別養護老人ホームでは、どのようなことをしてくれるのか?サービス内容を詳しく知りたいわ!

 

そのような疑問にお答えします

 

この記事では

特別養護老人ホームのサービス内容とは

特養で家族によく聞かれる質問

この記事の信頼性

自己紹介 デイサービス相談員

この記事を書いている私は、無資格・無経験でデイサービスに勤めました

デイサービスから特養の介護職・在宅のケアマネへと転職も経験しています

 

今回は、特別養護老人ホームのサービス内容をテーマにしてみました

 

この記事を書いている私は、特別養護老人ホームの元相談員だけでなく、他の特別養護老人ホーム数カ所でも夜勤をしていました。

 

これから特養で働きたい人、特養の内情を知りたい人は、参考になる点があると思いますので、最後まで読んで見てください。

 

 

特別養護老人ホーム サービス内容

 

車椅子に座っている高齢者を押す介護職員

 

 

まずは、基礎知識の特別養護老人ホームの説明を簡単にしますね。

 

 

特別養護老人ホームとは

 

特別養護老人ホームとは

・在宅での生活が困難になった、要介護者が生活支援を受けて入居できる施設です。

 

他の介護施設に比べると、費用もリーズナブルなため人気が高く、入居までに数か月から1年ほどかかると言われています。

 

特養養護老人ホームの入居条件

・原則65歳以上で要介護3以上の感染症や医療処置が必要でない方

・特定疾病が認められた要介護3以上で40歳から64歳までの方

・特例による入居が認められた要介護1~2の方

 

特別養護老人ホームでは、夜勤帯に看護師の配置が必須ではないため、医療的な処置が必要な利用者は入居を断られることがあります。

 

特別養護老人ホームの入居基準などを詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

特別養護老人ホーム 入居基準【暴露】こうして入居は決まっていた!

 

特別養護老人ホームのサービス内容

 

特別養護老人ホームのサービス内容を紹介していきます

 

特別養護老人ホームで受けられるサービス

・入浴介助・排泄介助・食事介助

・更衣介助・移動、移乗介助・口腔ケア

・服薬介助・レクリエーション・リハビリ

・行事・夜間の巡視・必要な方は、タンス整理、衣替え

・緊急時の対応・必要な医療処置

 

それぞれ説明していきます

 

特別養護老人ホームのサービス①入浴

 

特別養護老人ホームの入浴サービスです

 

入浴は、週に2回以上と定められていますよ。入浴ができない場合は、清拭で対応してくれます。

 

車椅子の方や寝たきりの方は、どのように入浴しているの?

 

特別養護老人ホームでは、車イスの方も寝たきりの方も入浴できる設備を持っていますよ!

 

入浴介助は利用者の状態に応じて

チェアー浴

一般浴

ストレッチャー浴

とに分かれています

 

それぞれ説明しますね

 

チェアー浴

 

車椅子の方でも入浴できるチェアー浴

 

座ったまま入れる介護用の入浴機械

 

・入浴用のイスに座り、体を洗ったあと「機械の浴槽」に入っていきます

・扉を閉めると、お湯が出て「座ったまま湯に浸かれます」

・ご自身で洗えないところは、介助してくれますよ

 

 

一般浴

 

歩行が可能な方が安全に入浴できる一般浴

 

要介護の高齢者が利用できる入浴場

 

・入浴用のイスに座り、体を洗ったあと「歩いて浴槽」へ入っていきます

・手すりが多く設置しています

対象者は、歩行可能な方ですね。

 

奥の黄色い入浴用のイスに座り、スロープから浴槽へ入ることもできます。

 

ストレッチャー浴

 

寝たきりの方が安全に入浴ができるストレッチャー浴

 

寝たきり高齢者が入浴できる浴槽

 

・ストレッチャーに横になり、体を洗ったあと「機械浴」へ入っていきます

・浴槽が上がり、湯に浸かることができます

対象者は、寝たきりの方ですね

 

大勢の利用者が、入浴するなら感染対策はどうしているの?

 

浴槽に塩素を入れて、濃度も測定し記録していました。実地指導でもチェック項目ですね。感染症がある方は、最後の入浴でした。

 

 

特別養護老人ホームのサービス②排泄介助

 

特別養護老人ホームのサービス排泄介助です

 

排泄介助は、利用者の状態によって

トイレでの介助

おむつ交換

と分かれています

 

それぞれ説明します

 

トイレでの介助

 

歩行や立位ができる方は、トイレでの介助をおこないます

 

障がい者トイレ

 

・共同トイレ、居室トイレは車いすでも楽々に入れるようになっています。

・手すりもあり、排泄後に「コールボタン」を押すと外にいる職員がわかるようになっています。

・下衣類の上げ下げなど、できないところは介助してくれます

 

 

おむつ交換

 

歩行や立位ができない方は、オムツ交換をおこないます

 

排せつカート

 

・オムツ台車でオムツ交換にまわります。

・おしりふき用の清拭、ごみ箱、消毒、手袋、消臭スプレー、パット類が搭載されています。

 

利用者の状態によって、昼間はトイレで介助をおこない、夜間はオムツで対応する方もおられました。

 

 

特別養護老人ホームのサービス③食事

 

特別養護老人ホームの食事サービスです

 

特別養護老人ホームの食事サービス① 特別養護老人ホームの食事サービス②

 

・保温機能がある食事用カートで食材が来ます

・利用者に合わせた食事形態で用意されます。

・ご自身で食べれない方は、職員が介助してくれますよ。

*粥・刻み・1口大・極刻み・ペースト・アレルギー・量やお好みにも対応してくれます

 

食事の準備が大変なんです!施設によって、キッチンの方が手伝ってくれる施設と職員のみで用意する場合があります。

 

更衣介助

 

・就寝前にパジャマに着替えるように介助します。

・起床時に普段着に着替えます。

ほとんど要介護4か5の方なので、職員で介助しています。夜勤明けは、フロア20~24名を着替え介助していました

 

移動・移乗介助

 

・ほとんどが車椅子の方で、職員が押していました。

・数人は、自分で車椅子をこいで移動していました。

 

口腔ケア

 

口腔ケアで使用する歯ブラシ

 

・毎食後、ご本人の歯ブラシやスポンジで介助を行っていました

・月に1回希望者には、訪問歯科がきて治療や掃除をしてくれます

 

服薬介助

 

介護者が高齢者に服薬の介助をする

 

・服薬の介助をしてくれます。

・誤薬防止のため

①名前を呼び顔と服薬の袋の名前を確認する

②服薬の名前を見ながら、袋を開ける

③薬を飲みこんだか確認する

④空の服薬袋の名前を再確認する

 

レクリエーション

 

カラオケを歌う高齢者と見守る介護職

 

・元気な利用者が多いフロアは、カラオケなど行っていましたね

・寝たきりの多い方のフロアでは、DVDで映画や歌謡曲を入れていました。

*人員が足りない時は、レクレーションする時間が取れないことが多かったですね。

 

 

リハビリ

 

リハビリ職人が見守っているなか、高齢者が手先のリハビリをしている

特養を4つほど見てきましたが、リハビリは柔道整復師の方が多かったですね。リハビリ職がいない特養もありますよ。

 

・車いすの方には、下肢筋力の強化

・寝たきりの方には、体位交換時のクッションの当て方、車いすの選定やポジショニングの指導など

 

行事

 

車椅子に座っている高齢者と家族たち

 

・夏祭り、敬老祝賀会、クリスマス会、新年会など

*コロナ以前は、家族や地域のボランティアさんを巻き込んで行っていました。

 

夜間の巡回

 

夜中に巡回をしている

 

・夜間の21時から翌6時まで「1時間ごと」か「2時間ごと」の巡回を行っています。

・ちゃんと、胸の動きを見て呼吸をしているかを確認します。

 

タンス整理、衣替え

 

タンスの中に衣類がある

 

・季節ごとに衣替えをしていきます。

・日々の衣類の洗濯が終われば、衣類を直します。

 

家族さんが、来られた時に整理してくれることもあるので助かります。

 

緊急時の対応

 

利用者が緊急事態でナースコールを職員が押している

 

・特養は、看護師が夜間いない施設が多いので、緊急時は当番の看護師へ電話し指示を仰ぎます。

・日中は、看護師がいるのでDRと連携して対応していきます。

・特養では、治療ができないので治療の必要があれば「医療機関」へ搬送します。

 

 

必要な医療処置

 

高齢者の吸引をしている看護師

 

・日中、看護師さんがいるので必要ならDRの指示のもと医療処置をおこないます。

・特養で比較的行っている医療処置は、点滴、傷などの消毒、採血、導尿、インシュリン、胃ろう、酸素、ストマのパウチ交換、褥瘡の処置など

 

特養に関して、よく聞かれる家族からの質問

 

高齢者が疑問に思っている

 

特養で、トロミ剤、エアーマットが必要と言われて費用を請求しますと言われた!

 

 

支払う必要はないはずです。新人の相談員なら、勘違いで言うかもですね!これから、説明しますね!

 

 

入所者から支払いを受けることができる利用料について

 

まずは、特養が提供しないといけないものをあげていきましょう!

 

特養が利用者に提供するもの

 

施設が利用者に提供するもの

・オムツ・おむつカバー・紙パンツ・パットなど

・施設サービスに必要な介護用品・備品…尿器・ポータブルトイレなど

・通信費

・ユニットごとの行事

・健康診断の費用

・トロミ剤、栄養補助食品など

 

特養の施設側が提供すべき内容のQA

 

トロミ剤、エアーマットは、特養が提供するものと厚生労働省で記されています。

 

厚生労働省 QA

入所者等から支払を受けることができる利用料等について(通知)

 

この記事のまとめ

特別養護老人ホームのサービス内容とは

特養で家族によく聞かれる質問

 

 

特養のサービスの質は、施設によって変わってきます。今は、見学は難しいですが可能であれば「施設見学」は行きましょう!

 

 

施設選び・見学のポイントは、こちらでまとめています

介護施設の選び方【元相談員が解説】3つのポイントと施設見学のコツ

続きを見る

 

特養については、こちらでまとめています

特養とは 費用・入居基準・費用の負担軽減制度を【ケアマネが解説】

続きを見る

老人ホームをお探しの方は、こちらのサイトで検索できます。

登録すれば、無料で施設の資料をもらえますので、興味のある方はどうぞ。

【LIFULL介護】

-施設

© 2021 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5