施設 介護サービス

施設入居 タイミングはいつがいいの?ケアマネが解説します!

だんだん両親も歳をとってきたし、どのようなタイミングで皆さん施設に入っているのかな?

 

 

ケアマネの「しもやん」です。入居のタイミングは、「病院や施設からの退院・退居」「家族が無理だと感じた時」の2つです。詳しく説明しますね

 

 

この記事では

・施設入居のタイミングは?

・施設の種類

 

 

 

 

施設入居のタイミングは?

 

施設

 

 

施設入居のタイミングは、大きく2つあります

 

 

①病院からの退院・介護老人保健施設からの退居

 

病院からの退院

 

病気やケガで入院して、本人の体が以前と比べて衰えてしまった。

トイレになかなか行けない

ご飯も食べれない

お風呂も自分では入れない

家事、通院、買い物、受診、服薬、金銭管理、整容など、誰かの手を借りないと生活ができない状態になってしまった。

 

 

家族での介護が介護保険サービスを使っても難しい場合。

 

 

家で見てあげたいけど、1日中付き添いは、できないわ

 

 

介護老人保健施設からの退居

 

まず、介護老人保健施設へ入居する多くの方は、入院して退院する際に、リハビリすれば在宅生活の可能性がある方が多いです。

介護老人保健施設は、主に医療ケアやリハビリを必要とする、要介護状態の高齢者を受け入れる施設で、自宅へ戻るためのリハビリが中心です。

 

 

しかし、介護老健保健施設の入居期間が定められており、退居を促されます。

 

自宅での介護が難しい場合、他の施設に入居するケースがあります。

 

 

退院後、施設でリハビリしたけれど、よくならない。自宅での介護もできない

 

 

 

②現在、在宅生活をして介護サービスを受けているが介護負担が大きくなった時

 

今までは、なんとか介護サービス(デイサービスやヘルパーさんやショートステイなど)を受けながら介護をしていたが

 

介護負担が大きい

認知症が進行して

徘徊

異食

転倒

暴言

介護拒否など

 

介護者が疲労や精神的なストレスを抱え、体調を悪くして、限界と感じてしまい施設に入居するケースがあります。

 

 

以上の2点が施設入居のタイミングになります。在宅での介護が無理だと感じた時点で、施設入居のタイミングになるということですね。

 

 

*65歳以上の方(第一号被保険者)で病気やケガで入院された場合、介護保険の認定を受けていない場合は介護保険の認定申請を行いましょう。

介護保険の認定を受けないと施設には入れません。

 

 

介護申請については下記のリンクを参照にしてください

【ケアマネが解説!】介護保険申請の流れ、サービス利用の流れを教えます!

続きを見る

 

介護保険の認定を受けている方は、再度認定の見直し区分変更を行う方がいい場合があります。

介護保険 区分変更のメリット・デメリットをケアマネが解説します!

続きを見る

 

40歳から64歳まで(第二号被保険者)の方は、老化が原因とされる16種類の病気により介護状態になった方も介護保険の認定申請を行いましょう

老化が原因とされる16種類の病気

・がん・関節リウマチ・筋萎縮性側索硬化症・後縦靭帯骨化症・骨折を伴う骨粗鬆症・初老期における認知症・進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症およびパーキンソン病

・脊髄小脳変性症・脊柱管狭窄症・早老症・多系統萎縮症・糖尿病神経障害、糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症・脳血管疾患・閉塞性動脈硬化症・慢性閉塞性肺疾患・

・両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

 

施設の種類

 

 

 

在宅生活が困難になった方で、よく利用される施設を中心に記事を書いていきます。

 

よく利用される4つの施設

特別養護老人ホーム

介護老人保健施設

有料老人ホーム

グループホーム

 

 

特別養護老人ホーム

 

やはり、費用も比較的安く、各地域にもあるので、1番人気ですね。

 

入居者は、原則要介護3以上の方。(要介護1.2の方で特例入居要件の該当する方は入居対象になります)他の施設と比べて、料金が安いため入居までに時間がかかることが多いです。

 

 

ショートステイの部屋が空いていれば、長い期間ショートを利用することも可能です(ケアマネに相談)。

ショートステイとは 費用・利用条件・手続きをケアマネが解説します!

続きを見る

ロングショートステイとは?費用と注意点をケアマネが解説します!

続きを見る

 

特養については、こちらでまとめています

特養とは 費用・入居基準・費用の負担軽減制度を在宅ケアマネが解説!

続きを見る

 

胃ろう、バルン留置、ストマなどの医療度が高い方も看取り(ターミナル)も行っているところが多いです。

 

 

介護老人保健施設

 

入居者は、原則要介護1以上の方。

 

上記でもありましたが、在宅復帰を前提にリハビリをする施設です。

 

しかし、入居期間が定められており退居を促されます。

 

介護老人保健施設については、こちらでまとめています

介護老人保健施設とは 現役ケアマネが解説します

続きを見る

 

 

有料老人ホーム

 

入居者は、原則要支援1以上。

 

日常生活の介助(入浴、食事、排せつなど)、機能訓練及び療養上のお世話をします。

 

胃ろう、バルン留置、ストマなどの医療度が高い方も看取り(ターミナル)も行っているところが多いです。

 

 

特養に入れない方や比較的に裕福な方が入居されています。

 

 

グループホーム

入居者は、要支援1の方は利用できません。要支援2、介護1~5の方が対象です。

 

認知症のために日常生活の介護を必要とする方。

 

ユニットと言われる少人数で、家事など分担しながら共同生活を行います。

 

看護師の配置が義務付けされていないので、医療行為が必要になると退居を促される場合があります。(中には、ターミナルもするところもあります)

グループホームとは 在宅ケアマネが解説!

続きを見る

 

*例えば、有料老人ホームなどに入居しながら特別養護老人ホームの入居申請をすることもできますし、入居順番がくれば特別養護老人ホームへ移ることもできます。

ただし、環境や対応職員も変わるので認知症の進行や転倒のリスクが高まる可能性があります。

 

 

まとめ

 

 

 

施設入居のタイミング

①病院からの退院・介護老人保健施設からの退居…在宅介護が困難と判断すれば

②現在、在宅生活をして介護サービスを受けているが介護負担が大きくなった時

施設の種類

特別養護老人ホーム

介護老人保健施設

有料老人ホーム

グループホームなど

 

在宅介護で限界に来る前に、ケアマネとよく相談してください。

 

 

施設に入ってもらうのは、申し訳ない

 

 

ご家族から施設へ入ってもらうのを申し訳ないという思いを聞きます。

 

 

施設に入っても、違った形でいくらでも関りは持つことができますよ。

 

 

施設を選ぶポイントを是非、見てください。

施設
介護施設 選び方 見学のポイントを元施設相談員が解説!

続きを見る

 

施設探しは、こちらも参照してください

シニアのあんしん相談室


全国の老人ホームの相談・施設の選定・見学から入居までトータルでサポートしてくれます。

詳しくはコチラ





-施設, 介護サービス

© 2020 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5