施設 介護サービス

介護施設の選び方【元相談員が解説】3つのポイントと施設見学のコツ

母の介護をしています。みなさんは、介護施設の選び方はどうしているのかな?

入居までの期間や手続きの流れなど知りたいわ

 

そのような疑問にお答えします。

この記事では

介護施設の種類から選ぶ

介護施設の選び方 ポイント3つ

介護施設の選び方 入居までの流れ

介護施設 入居までの期間で選ぶ

を書いていきます。

この記事を読めば「後悔しない介護施設の選び方」が分かります。

 

この記事の信頼性

自己紹介 デイサービス相談員

この記事を書いている私は、無資格・無経験でデイサービスに勤めました

デイサービスから特養の介護職・在宅のケアマネへと転職も経験しています

 

介護をしていると、この先自宅で介護できるのか?介護施設の料金や待遇、入居までの期間や流れが気になりますよね。

 

ケアマネをしていると多くの方が、介護施設の入居について尋ねられます。

 

今回は、介護施設の選び方をメインに介護施設の種類や入居までの手続き、入居までの期間を「在宅ケアマネの経験」から紹介していきますので、最後まで読んでみてください。

 

 

介護施設の種類から選ぶ

 

介護施設の種類から選ぶ

入居する利用者が多い介護施設の特徴を紹介していきます。

ポイント

特別養護老人ホーム

介護老人保健施設

介護療養型医療施設

グループホーム

有料老人ホーム

軽費老人ホームA型B型

ケアハウス(自立型)

ケアハウス(介護型)

 

一つずつ説明します

 

特別養護老人ホーム

 

利用料が比較的安く、一番人気の特別養護老人ホームです。

 

入居者は原則要介護3以上の方。(要介護1.2の方で特例入居要件に該当する方は入居対象)

 

*入居申請の際に、在宅での介護サービスの利用状況や介護度、独居、地域などを計算して点数がでます。

その計算の点数や本人の状況を考慮して会議で入居が決まります。

 

特別養護老人ホームを詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

特養とは 費用・入居基準・費用の負担軽減制度を【ケアマネが解説】

 

 

介護老人保健施設

 

介護老人保健施設は、在宅生活が困難である状態の方がリハビリをおこない在宅に戻ることを目的にして生活する施設です。

 

看護や介護を必要とする高齢者及び認知症の方に対して、リハビリテーション等の医療ケアと生活サービスを一体的に提供し、在宅生活への復帰を支援します。

 

入居者は原則要介護1以上の方。

 

3か月毎の期間で評価され、在宅復帰が可能と判断されれば退去させられます。

 

介護老人保健施設を詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

介護老人保健施設とは 【現役ケアマネ】が解説します!

 

 

介護療養型医療施設

 

介護療養型医療施設とは、介護職が手厚く配置された病院です。

 

長期にわたり療養が必要な高齢者に対して医学的な管理の下で介護や機能訓練、その他の必要な医療を行います。

 

入居者は原則要介護1以上の方

 

 

グループホーム

 

グループホームとは、認知症の方を対象とした施設です。

 

グループホームの入居は要支援2以上が必要

 

買い出しや調理、洗濯など生活全般を職員と利用者でおこなうのが特徴です。

 

グループホームについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

グループホームとは 【ケアマネ】がわかりやすく解説します

 

 

有料老人ホーム

 

有料老人ホームは、特養や老健に比べると比較的入居しやすい施設になります。

 

特別養護老人ホームに比べると費用は、割高です。

 

有料老人ホームの入居者は原則要支援1以上

 

有料老人ホームについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

有料老人ホーム 介護保険 費用、入居条件【ケアマネが徹底解説】

 

 

軽費老人ホームA型B型

 

軽費老人ホームは、60歳以上の高齢者または夫婦のどちらか一方が60歳以上

 

自分で身の回りのことができる。

 

月収が34万円までの方で、日常生活に不安がある方。B型は自炊ができる方。

 

 

ケアハウス(自立型)

 

ケアハウスの入居者は、60歳以上で身寄りなし、自立した生活に不安がある高齢者

要介護3以上になると住むのが困難である。

 

 

ケアハウス(介護型)

 

ケアハウスの入居者は、65歳以上で要介護1以上。自立した生活に不安がある方。

 

以上が主な介護施設の紹介になります。

 

 

介護施設の選び方ポイント3つ

 

 

 

介護施設の選び方 3つのポイント

介護施設との距離

介護施設の料金

施設職員の接遇

 

施設選びには、3つのポイントがあるので説明していきますね

 

介護施設との距離

 

ポイントの1つ目は、介護施設との距離です。

 

介護施設と家族の自宅が近い方が、絶対いいですよ!

 

理由は

・面会

・ケアプランの説明

・施設の行事

・入退院の対応

・見取り介護

 

など

家族が対応しなければならないこともありますので、ご家族が足を運べる距離が1番いいです。

 

施設に入所しても、急な入退院などは「家族」が対応しないといけない場合もあります

 

そんな時、遠方だと大変なので「入所施設は、家から近いほうがいいですね」

 

介護施設の料金

 

2つ目のポイントは、介護施設の料金です。

 

人生100年と言われており、100歳を超える方も珍しくなくなってきています。

 

介護施設の料金は、

介護保険費用や部屋代、食費、おむつ代(特養、老健は施設が負担)、医療費や薬の費用、その他雑費などの費用もかかります。

 

介護施設の料金は、決して安いものではありません。

 

介護施設の距離と併せて検討するべきポイントです。

 

介護施設の費用も紹介していますので、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

施設職員の接遇

 

大切な家族を預けるわけですから、施設見学をして職員の対応を見たほうがいいですね。

 

介護施設の見学ポイントは、下記のイラストになります。
介護施設 見学のポイント

 

 

施設を見学する際に、見たほうがいいポイントを3つお話しします。

これは、どの種類の施設であっても共通する内容です。

 

ポイント3つ

接遇

ご入居者の整容

フロア・居室の環境整備

 

一つずつ説明します

 

 

接遇

 

ポイント

挨拶

見学に行った際に、どの職員からも笑顔で挨拶をされる。

挨拶ができない施設では、職員教育がきっちりされていません。

職員の表情や服装,、身だしなみ

暗い顔やユニホームが汚れている、靴は汚くかかとを踏んでいないか。

 

接遇ができている施設では、利用者・家族・職員間だけでなくお世話になっている業者の方にも挨拶ができています。

 

 

ご入居者の整容

 

ポイント

入居者の表情・服装・整容

ご入居者の顔、口元に食べカスがついていないか?

ヒゲは剃られているか?

服装は季節にあっているか?

 

真冬なのに、夏の服を着せられていないか?

整容など基本的なところがおろそかだとケアの質も高いと言えません。

 

フロア・居室の環境整

 

ポイント

環境整備

フロアや居室の床は汚れていないか?

ベッドメイクができているか?きちんと布団がたためているか?

フロアは臭くないか?おむつ交換で排泄臭がないか?

 

この配慮ができている施設は、消臭スプレーを設置したり換気、掃除ができています。

環境の整備ができていないところは、利用者にも絶対良いケアはできていません。

 

この3点ができていれば、良い施設と判断して間違いないでしょう

 

 

介護施設の選び方 入居までの流れ

介護施設の選び方 入居までの流れ

介護施設の入居までの流れを説明します。

どんな生活を考えるか?

入居条件や入居費用

介護施設を探す

介護施設の見学

介護施設の入居体験

 

一つずつ説明します

 

どんな生活を考えるか?

 

どんな生活を今後考えていきたいか?で介護施設の種類が変わってきます。

 

例えば

・自宅での生活が困難だがリハビリをして元気になれば自宅へ戻りたい⇒介護老人保健施設

・できるなら最後まで施設で生活したい⇒特別養護老人ホーム、有料老人ホーム

 

ご本人の状態や介護する家族の環境で施設選びは変わります。

 

本人、家族が納得できる介護施設を選ぶには、今後どう生活したいのか?を考える必要があります。

 

 

入居条件や入居費用

 

介護施設では、いくら費用を払えると言っても入居条件があります。

 

主な介護施設の入居条件を表にしました。

 

介護施設の種類 入居条件
特別養護老人ホーム 要介護3以上(特例にて要介護1・2可)
介護老人保健施設 要介護1以上
介護療養型医療施設 要介護1以上
グループホーム 要支援2以上
有料老人ホーム 要支援1以上(施設によって要介護1以上)
軽費老人ホーム 60歳以上
ケアハウス(自立型) 60歳以上身寄りなし
ケアハウス(介護型) 65歳以上要介護1以上

 

*介護施設等によって料金が異なるため詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください

無料でパンフレットももらえます。

老人ホーム・介護施設の検索なら【LIFULL介護】

 

介護施設を探す

 

介護施設を探すツールを2つ紹介します。

 

老人ホーム・介護施設の検索なら【LIFULL介護】
⇒介護施設38000件以上検索でき、入居条件・費用・無料でパンフレットも請求できます。

 

介護 情報公開システム

⇒公的な検索サイトで介護保険サービスの事業所を検索できます。

 

LIFULL介護なら施設の外観などの写真もあるので、施設の雰囲気がイメージしやすいですよ。

 

 

介護施設の見学

 

目当ての介護施設が決まれば見学に行きましょう

 

介護施設での見学のポイントは、3つでしたね

・接遇

・整容

・環境整備

 

実際に見学に行かないとわからない点も多いので、時間を作って行くようにしましょう

 

 

介護施設の入居体験

 

介護施設の入居体験については、ショートステイを利用する方法があります。

 

ショートステイとは、施設に泊まって介護を数日間受けるサービスです。

 

介護施設によっては、ショートステイを行っていない施設もありますので施設やケアマネに確認してみましょう

 

ショートステイについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください

ショートステイとは【ケアマネが解説】費用・利用条件・手続きを

 

介護施設 入居までの期間で選ぶ

介護施設の選び方 施設入居までの期間は?

 

介護施設へ入居するまでの期間は、どれくらいかかるのか?

 

ここでは、4種類の施設入居にかかる期間を紹介します。

特別養護老人ホーム

介護老人保健施設

有料老人ホーム

グループホーム

 

特別養護老人ホームへ入居するまでの期間

 

特別養護老人ホームへ入居するまでの期間は、約半年から1年です。

*大阪市で私が働いている区の特別養護老人ホーム5カ所の平均です。

 

特別養護老人ホームの入居は、時間がかかるため複数申し込む方もおられます。

 

 

介護老人保健施設へ入居するまでの期間

 

介護老人保健施設に入居するまでの期間は、約2週間です。

*大阪市で私が働いている区の介護老人保健施設3カ所の平均です。

 

介護老人保健施設では、服用している薬が高額な場合、断られることがあります。

 

 

有料老人ホームへ入居するまでの期間

 

有料老人ホームへ入居するまでの期間は、約2週間です。

*大阪市で私が働いている区の有料老人ホーム3カ所の平均です。

 

特別養護老人ホームに入居が決まるまで、有料老人ホームへ入居する方もおられます。

 

 

グループホームへ入居するまでの期間

 

グループホームへ入居するまでの期間は、約2週間です。

*大阪市で私が働いている区のグループホーム5カ所の平均です。

 

2週間かかる理由は

・診断書

・面談

・施設側の入居判定会議

・契約

などに時間がかかります。

 

 

介護施設の選び方で人生が変わる

介護施設の選び方で人生が変わる

 

介護施設を選んでいる方にプレッシャーを与えるわけではありませんが、介護施設の選び方で人生が変わります。

 

私は、興味本位で介護施設の情報をいろいろ集めていますが、同じ介護施設でも「ケアの質」が施設によってバラバラです。

 

資料だけでは、感じ取れない部分が多いので「見学」はしましょうね。

 

今回は、以上になります。


-施設, 介護サービス

© 2021 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5