申請・手続き 介護サービス

介護保険 申請の条件・流れ・タイミングを【ケアマネ】が解説します!

 

介護保険の申請は、どのようにすればいいの?介護保険の申請やサービス利用の流れを知りたいわ!

 

 

在宅ケアマネの「しもやん」です。介護保険の申請は、初めてならどうすればいいか?悩みますよね!

介護申請の流れ・サービス利用までの流れ・介護申請するタイミングを説明します   

 

 

この記事では

介護保険申請の流れ

介護サービス利用の流れ

介護保険申請をするタイミング

を書いています。

これを読めば「介護保険の申請に必要」なこと全てがわかります。

 

 

介護保険申請の流れ

 

 

介護保険申請の条件

 

介護保険申請の条件

・介護認定を受けるには、65歳以上の方で日常生活で支障が出ている方

40歳以上で老化が原因とされる病気(16種類の病気)により介護などが必要になった方

 

老化が原因とされる16種類の病気とは  クリックして下さい

老化が原因とされる16種類の病気とは

・がん・関節リウマチ・筋萎縮性側索硬化症・後縦靭帯骨化症・骨折を伴う骨粗鬆症・初老期における認知症・進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症およびパーキンソン病・脊髄小脳変性症・早老症・多系統萎縮症・糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症・脳血管疾患・閉塞性動脈硬化症・慢性閉塞性肺疾患・両側の膝関節または、股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

 

上の条件を満たせば、介護保険の申請ができますよ

 

申請に必要なもの

 

・介護保険被保険者証  (本人が40~64歳の場合は、健康保険被保険者証を用意する。)

・主治医の名前や病院名

 

介護保険申請の5つのステップ

 

介護保険 申請の流れ

 

介護保険申請の流れ

①介護認定の申請

②認定調査

③主治医意見書

④介護認定審査会

⑤認定結果

 

介護保険の申請の流れを説明していきますね

 

①介護認定の申請

 

・ご本人が住んでいる市町村の窓口で申請する

 

もしくは

 

・地域包括支援センター

・居宅介護支援事業所

に申請を代行してもらうこともできます。

 

 

こちらで、近隣の居宅介護支援事業所を調べることができますよ!

 

介護 情報公開システム

 

介護保険の申請をする際、おすすめは、居宅介護支援事業所です。

 

居宅介護支援事業所がおすすめの理由

もちろん、無料で申請をしてくれますし「介護保険の内容」など説明・相談ができます。

また、介護保険で様々な地域の情報を細かく持っています。

ご利用者の状態・性格・病気・家族との関り度合い・住環境などを聞くと必要な介護保険サービスの説明や提案ができるからです。

 

 

②認定調査

 

認定調査員がご自宅、入院中なら病院などに出向き本人の状態を確認します。

 

訪問調査員が聞く内容

(1)身体機能・起居動作

(2)生活機能

(3)認知機能

(4)精神・行動障害

(5)社会生活への適応など

 

だいたい30分~50分ぐらいで終わることが多いです

 

 

調査の時に、普段「できないこと」を「できる」と言うと正確な判定ができません

本人が正確に言えないなら、調査員さんに「少し後でお話しをしていいですか?」と言い、正確な情報を伝えましょう

 

 

③主治医にご本人の意見書を依頼しています

 

介護認定に必要な書類を主治医に送ってくれます。本人、家族の手続きは必要ありません。

 

 

④介護認定審査会

 

保険・医療・福祉の専門家が、②の調査項目と③の主治医の意見書を基に介護度の審査・判定します。

 

介護認定審査会とは?【認定審査員】が簡単に説明します!

 

⑤認定結果のお知らせ

 

 

本人の住所に介護保険証が届きます *ちなみに大阪市では申請して認定調査までが約3~4週間、認定結果は申請から約7~8週間後と約2か月以内では出ています。

 

 

手続きは、時間がかかるのね!

 

 

①~⑤までの間で介護の申請や調査、主治医の意見書、審査会など利用者負担はありません。

 

 

介護サービス利用の流れ

 

 

 

介護サービス利用までの流れ 6つのステップ

 

介護サービスの利用までの流れは、下記のようになります

介護認定が出たことを前提としています

 

利用までの流れ6つのステップ

①ケアマネとの契約

②アセスメント

③サービス担当者との話し合い

④ケアプランの作成

⑤サービス事業所と契約

⑥介護サービス利用

 

介護サービスを利用するまでに、どれくらいの期間がかかりますか?

 

介護認定が出ていれば、契約から介護サービス利用まで約1週間ほどです

 

 

介護保険 在宅サービス利用までの流れを【ケアマネが解説】

 

 

介護保険申請 するタイミング

 

 

介護保険の申請は、みなさんどんなタイミングでしているの?

 

 

介護保険申請のタイミングは、

①入院した時

②家族のサポートが必要になった時

の大きく2つあります。説明しますね。

 

 

①入院をした時

 

 

病気やケガなどで入院をした時が、1番介護申請をされる方が多いです。

 

 

病院によっては医療連携のソーシャルワーカーさんが、介護申請の提案があり代行で申請してくれることもあります。

 

 

今はA病院で入院中だけど、B病院へ転院すると決まっているとき…いつ介護申請すればいいのかな?

 

 

すぐに介護申請しましょう!転院すれば転院したことを申請した先に連絡をすればよいです。

 

 

②家族のサポートが必要になったとき

 

 

お腹すいた!まだ、ごはん食べてない!ご飯を用意してもらえるかの~

 

 

さっき、ご飯食べたのに~!認知症かな?

 

 

入院はしていないが、物忘れが出てきていろいろと 日常生活(食事、排せつ、入浴、更衣、整容、服薬、家事、買い物、金銭管理、通院など)に

家族がサポートする必要がある場合は、申請するタイミングですね。

 

物忘れがひどくなってきているなら、主治医に相談し認知症専門の医療機関へ紹介してもらいましょう。

かかりつけ医がいない場合は、認知症を専門とする精神科や心療内科、脳神経科などにかかることになります。

 

 

介護は、家族でするには限界があります。心身ともに疲れる前に、「地域包括支援センター」や「居宅介護支援事業所」に相談しましょう。

 

この記事のまとめ

介護保険申請の流れ

①介護認定の申請

②認定調査

③主治医意見書

④介護認定審査会⑤認定結果

介護サービス利用の流れ

①ケアマネとの契約

②アセスメント

③サービス担当者との話し合い

④ケアプランの作成

⑤サービス事業所と契約

⑥サービス利用

介護保険申請をするタイミング

①入院をした時

②家族のサポートが必要になってきたら

 

 

介護申請だけ、頼みたいけれど、いいのかな?

 

 

私も居宅支援事業所で、申請だけしたいという本人やご家族がくるので、申請の代行をさせていただいています。大丈夫ですよ

 

 

介護の結果に、納得できない場合や以前より介護が大変になった場合は、どうするの?

 

 




-申請・手続き, 介護サービス

© 2021 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5