申請・手続き 介護サービス

【ケアマネが解説!】介護保険申請の流れ、サービス利用の流れを教えます!

 

介護保険の申請は、どのようにすればいいの?介護保険の申請やサービス利用の流れを知りたいわ!

 

 

在宅ケアマネの「しもやん」です。介護保険の申請は、初めてならどうすればいいか?悩みますよね!

私は、数多くの介護保険の申請のサポートをしてきました。

 

 

この記事では

・介護保険申請の流れ

・介護サービス利用の流れ

・介護保険申請をするタイミング

を書いています。

これを読めば「介護保険の申請に必要」なこと全てがわかります。

 

 

介護保険申請の流れ

 

 

介護保険申請の条件

 

介護保険申請の条件

・介護認定を受けるには、65歳以上の方で日常生活で支障が出ている方

・40歳以上で老化が原因とされる病気(16種類の病気)により介護などが必要になった方

 

老化が原因とされる16種類の病気とは

・がん・関節リウマチ・筋萎縮性側索硬化症・後縦靭帯骨化症・骨折を伴う骨粗鬆症・初老期における認知症・進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症およびパーキンソン病・脊髄小脳変性症・早老症・多系統萎縮症・糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症・脳血管疾患・閉塞性動脈硬化症・慢性閉塞性肺疾患・両側の膝関節または、股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

 

申請に必要なもの

 

・介護保険被保険者証  (本人が40~64歳の場合は、健康保険被保険者証を用意する。)

・主治医の名前や病院名

 

介護保険申請の5つのステップ

 

介護保険申請の流れ

①介護認定の申請

②認定調査

③主治医意見書

④介護認定審査会

⑤認定結果

 

①介護認定の申請

 

・ご本人が住んでいる市町村の窓口で申請する

 

もしくは

・地域包括支援センター

・居宅介護支援事業所

に申請を代行してもらうこともできます。

 

 

こちらで、近隣の居宅介護支援事業所を調べることができますよ!

 

介護 情報公開システム

 

介護保険の申請をする際、おすすめは、居宅介護支援事業所です。

 

居宅介護支援事業所がおすすめの理由

なぜなら、介護保険で様々な地域の情報を細かく持っており、ご利用者の状態・性格・病気・家族との関り度合い・住環境などを聞くとおおよその介護度やサービスプランがイメージできて対応できるからです。

 

 

②認定調査

 

認定調査員がご自宅、入院中なら病院などに出向き本人の状態を確認します。

 

訪問調査員が聞く内容

(1)身体機能・起居動作

(2)生活機能

(3)認知機能

(4)精神・行動障害

(5)社会生活への適応など

 

だいたい30分~50分ぐらいで終わることが多いです

 

 

調査の時に、普段「できないこと」を「できる」と無理して言うと正確な判定ができません。 本人が正確に言えないなら、調査員さんに「少し後でお話しいいですか?」というと、調査員さんも後で話を聞いてくれます。

 

 

③主治医にご本人の意見書を依頼しています。(本人、家族の手続きはいりません)

 

介護認定に必要な書類を主治医に送ってくれます。

 

 

④介護認定審査会

 

保険・医療・福祉の専門家が、②の調査項目と③の主治医の意見書を基に介護度の審査・判定します。

 

介護認定審査会については、こちらでまとめています。

介護認定審査会 とは?認定審査員が簡単に説明します!

続きを見る

 

 

⑤認定結果のお知らせ

 

 

本人の住所に介護保険証が届きます *ちなみに大阪市では申請して認定調査までが約3~4週間、認定結果は申請から約7~8週間後と約2か月以内では出ています。

 

 

手続きは、時間がかかるのね!

 

 

①~⑤までの間で介護の申請や調査、主治医の意見書、審査会など利用者負担はありません。

 

 

介護サービス利用の流れ

 

 

介護サービス利用までの5つのステップ

 

介護サービス利用までの流れ

①ケアマネとの契約

②アセスメント

③サービス担当者との話し合い

④ケアプランの作成

⑤介護サービス利用

 

①ケアマネとの契約(地域包括支援センターと契約)

 

 

介護認定が出れば、サービスは使えるの?

 

 

介護認定が出ても、介護保険でサービスを使うなら契約が必要です。

介護保険サービスは、「ケアプラン」に基づいて利用可能となります。

「ケアプラン」にない介護保険サービスは基本利用できないです。

 

 

サービス利用前の契約

・要支援1・要支援2の方は、地域包括支援センターと契約

・要介護1~5の方は、居宅介護支援事業所と契約

が必要になります

 

 

どちらも、契約や解約に費用は、かかりません。

 

②アセスメント(課題分析)

 

プラン作成者(包括職員やケアマネ)がご本人の心身の状況や環境・生活状況を把握し、課題を分析します。

 

家族構成や在宅生活で大変なこと、生活歴、趣味、経済状況など聞かせていただきます。

 

 

③サービス担当者との話し合い

 

本人の状態にもっとも適したサービスを利用者・家族・サービス担当者で検討します。

 

④ケアプランの作成

 

 

ケアマネにどのようなサービスを、どれぐらいの頻度で利用したいか相談しましょう。

 

 

認定結果が出る前のサービス利用について

*認定結果が出る前にサービスを利用することもできますが、認定結果によってはサービスの利用額など、全額自己負担になる場合があります。必ず、ケアマネに相談しましょう。

*入院中は、医療保険になっているので、介護保険は利用できません。

 

⑤介護サービス利用(サービス事業所との契約)

 

 

やっとサービスが、利用できるんですね。

 

 

あとは、サービスを利用する事業所との契約があります。

 

 

手続きが多いですね

 

 

サービス利用する事業所と契約が済めば、ケアプランに基づいてサービスを利用します。

 

原則として介護サービス費用の1割から3割を利用者が負担します

厚生労働省 介護負担割合

(所得に応じて決まる。介護保険の結果の通知と一緒にくる介護負担割合証に記載されている)

 

①~⑤までの間でケアプランの作成など利用者負担はありません。

 

 

介護保険申請 するタイミング

 

 

介護保険の申請は、みなさんどんなタイミングでしているの?

 

 

介護保険申請のタイミングは、①入院した時②認知症など家族のサポートが必要になった時

の大きく2つあります。説明しますね。

 

 

①入院をした時

 

 

病気やケガなどで入院をした時が、1番介護申請をされる方が多いです。

 

 

病院によっては医療連携のソーシャルワーカーさんが、介護申請の提案があり代行で申請してくれることもあります。

 

 

今はA病院で入院中だけど、B病院へ転院すると決まっているとき…いつ介護申請すればいいのかな?

 

 

すぐに介護申請しましょう!転院すれば転院したことを申請した先に連絡をすればよいです。

 

 

②物忘れがひどくなったり、家族のサポートが必要になったとき

 

 

お腹すいた!まだ、ごはん食べてない!ご飯を用意してもらえるかの~

 

 

さっき、ご飯食べたのに~!認知症かな?

 

 

入院はしていないが、物忘れが出てきていろいろと 日常生活(食事、排せつ、入浴、更衣、整容、服薬、家事、買い物、金銭管理、通院など)に

家族がサポートする必要がある場合は、申請するタイミングですね。

 

 

ポイント

*物忘れがひどくなってきているなら、主治医に相談し認知症専門の医療機関へ、紹介してもらうほうがいいと思います。

かかりつけ医がいない場合は、認知症を専門とする精神科や心療内科、脳神経科などにかかることになります。

 

 

まとめ

 

介護

 

介護保険申請の流れ

介護保険申請の流れ

①介護認定の申請

②認定調査

③主治医意見書

④介護認定審査会

⑤認定結果

 

介護サービス利用の流れ

①ケアマネとの契約

②アセスメント

③サービス担当者との話し合い

④ケアプランの作成

⑤介護サービス利用

 

介護申請するタイミング

①入院をした時

②日常生活で物忘れがひどくなったり、家族のサポートが必要になってきたら

 

介護申請だけ、頼みたいけれど、いいのかな?

 

 

私も居宅支援事業所で、申請だけしたいという本人やご家族がくるので、申請の代行をさせていただいています。大丈夫ですよ

 

 

認定結果が要支援になりサービスを利用したい場合は、地域包括支援センターが主となり、委託されて居宅支援事業所のケアマネが対応することが多くなっています。

 

 

介護の結果に、納得できない場合や以前より介護が大変になった場合は、どうするの?

 

 

その場合は、介護の見直しをしましょう!区分変更のまとめはこちらです。

介護保険 区分変更のメリット・デメリットをケアマネが解説します!

続きを見る




-申請・手続き, 介護サービス

© 2020 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5