ショートステイ 介護サービス

ショートステイ サービス内容(1日の流れに沿って)を紹介します!

 

母にショートステイを利用してもらいたいけど、どこまでしてくれるのかな?

 

在宅ケアマネの「しもやん」です。特養の相談員兼ショート担当、有料老人ホームや他の特養での夜勤バイトもしていました。ショートステイのサービス内容について紹介しますね

 

この記事では

・ショートステイとは

・ショートステイのサービス内容

・ショートステイでの注意点

を書いていきます。

 

ショートステイとは

 

まずは、ショートステイの基礎知識を説明しますね!

ショートステイとは、介護認定を受けている高齢者が数日間泊りで施設のサービスを受けることです。

施設では、入浴、食事、排せつ、移動、レクリエーション、送迎などのサービスを受けることができます。

 

ショートステイの種類

 

ショートステイに種類があるの?

 

はい、ショートステイには短期入所生活介護、短期入所療養介護、特定施設入居者介護の大きく3種類に分けられます。

・短期入所生活介護

・短期入所療養介護

・特定施設入居者介護

の3つです。

簡単に特徴を説明しますね。

 

短期入所生活介護

 

主に特別養護老人ホーム(特養)が短期入所生活介護(ショートステイ)をおこなっています。

 

特養は、比較的料金もリーズナブルな価格なのでとても人気が高い施設ですね。

バルンカテーテル、パウチ、酸素の方など比較的受け入れてくれる印象です。

 

インシュリンや胃ろう、吸引など医療的な処置が必要な方は、ショート担当の相談員と相談しますが、断られることが多いですね

 

*シュートステイの予約は2か月前から予約をしているところもあります。

*利用前に診断書が必要な場合が多いですね。

短期入所療養介護

 

介護老人保健施設(老健)が短期入所療養介護(ショートステイ)を行っています。

 

老健は、夜間にも看護師がいるので、比較的医療の処置があっても受け入れてくれる印象です。

 

*医療の処置が必要な方は、事前にショート担当の相談員さんと相談しましょう!

*利用前に診断書が必要な場合が多いですね

 

特定施設入居者介護

 

有料老人ホームのショートステイですね。

 

施設によっては、ショートステイをおこなっていない場合があるので確認が必要です。

 

*医療の処置が必要な方は、事前にショート担当の相談員さんと相談しましょう!

*利用前に診断書が必要な場合が多いですね

 

ショートステイのサービス内容

 

 

ショートステイ利用開始

 

ショートステイを1泊2日利用した場合、1日の流れに沿って内容を紹介しますね!時間は、あくまでも参考です

 

9:30 車で迎え

 

・ショートステイ先から車で迎えに来てくれます。

・車いすの方でも、リフトがついているので車いすごと乗車できます。

 

*体調の変わりがないか?送迎の方に伝えましょう!

*体温測定を行い熱発や体調不良がなければショートステイの利用をしましょう!

*たとえ、用事があってもショートステイ先は医療機関ではないので体調不良の際は医療機関へ行きましょう!

たまに家族さんが、朝早くに出かけたいので8:00に連れてきます!など対応していました。対応できるか確認しましょう!

 

10:00 ショートステイ先に到着

 

・ショートステイ先に到着し、本人がお泊りされるフロアへ案内されます。

・バイタル測定

・持参品のチェックをされます

・部屋の準備ができていれば、案内されます。

 

*横になる必要がある方は、対応してくれますよ!

 

ショートステイの持ち物はこちらでまとめています

ショートステイ 持ち物は何がいるの?【これで完璧】!ケアマネが解説!

続きを見る

 

12:00昼食

 

・事前に食事の形態(ご飯、粥、1口大にカットして提供する)

・食事介助が必要であれば、介助もしてくれますよ

・だいたいは、食堂で皆さんと召し上がります

・服薬があれば介助してくれます。

 

*食事用エプロンが必要であれば、施設の物を利用するか持参になります。

*自助具(食べやすいように工夫されたスプーンなど)は持参しましょうね。

*トロミ剤が必要な方は、利用前に打合せしましょう。

 

昼食後の口腔ケア

 

・口腔ケアの介助が必要な方は、対応してくれます。

 

 

14:00 入浴

 

・入浴では、自分で洗えないところは介助をしてくれます。

・入浴中に危険がないように見守ってくれます。

・車いすの方でも、入浴できる設備が整っています。

・入浴前、入浴後の衣類の着脱介助もしてくれます。

 

*入浴後に軟膏を塗る場合も事前にお伝えしていれば、対応してくれます。

*長湯や極度の熱いお湯での対応ができない場合があります。(長湯でのぼせると危険なので)

 

15:00 おやつ

 

・施設によっておやつが提供されることもあります。

・おやつを食べる介助もしてくれますよ。

 

15:30レクレーション

 

・レクレーションでカラオケや輪投げ、ボーリングなどおこなっている施設もあります。

 

*施設では、利用者20名~30名を日勤者2~3人で対応しています。たまに、欠勤者が出て代わりの職員が見つからない場合もあります。そうなれば、レクリエーションできない場合もありますね。

 

18:00 夕食

 

・夕食も個人に合わせた、形態で食事が提供されます。

・食事・服薬介助が必要な方は、行ってくれます。

 

夕食後の口腔ケア

 

・口腔ケアが必要な方は、対応してくれます。

・入れ歯の洗浄剤をつける方も、洗浄剤を持参していれば対応してくれます。

 

21:00 消灯

 

・寝る前の服薬があれば介助してくれます

・パジャマの着替えが介助が必要な方は、対応してくれます。

 

夜間

 

・夜間は、1時間~2時間に1回は巡回をしてくれます。

・トイレ誘導・オムツ交換が必要な方は、対応してくれます。

 

*夜間は、利用者20名~30名を夜勤者一人で対応しています。ナースコールが、重なり他の利用者の対応をしていることもあり、すぐに行きたくてもいけない場合があります。

 

6:30 起床

 

・着替え・整容が必要な方は、対応してくれます。

 

8:00 朝食

 

・朝食も個人に合わせた、形態で食事が提供されます。

・食事・服薬介助が必要な方は、行ってくれます。

 

朝食後の口腔ケア

 

・口腔ケアが必要な方は、対応してくれます。

 

12:00 昼食

 

・朝食も個人に合わせた、形態で食事が提供されます。

・食事・服薬介助が必要な方は、行ってくれます。

 

昼食後の口腔ケア

 

・口腔ケアが必要な方は、対応してくれます。

 

15:00おやつ

 

・施設によっておやつが提供されることもあります。

・おやつを食べる介助もしてくれますよ。

 

15:30 自宅へ来るまで送ります

 

・ショートステイ先から自宅へ送ってくれます。

 

*利用の状況を記載した紙が渡されます。

 

ポイント

パットやオムツが必要な方は短期入所生活介護、短期入居療養介護では施設が用意してくれます。

トイレ誘導は、訴え時か一定の時間ごとに誘導してくれます。

オムツ交換の方は、一定時間ごとにオムツ交換してくれます。

 

ショートステイでの注意点

 

自宅と環境が異なる

 

自宅とショートステイ先では、環境がかなり違います

 

・対応する人、周りにいる人の顔も違う

・部屋もトイレもお風呂も食堂も、いつもと違う

・寝る部屋も違う

 

このような状況なので「認知症の進行」「転倒のリスク」が上がる場合があります。

 

でも、定期的にショートステイを利用することで、利用者がショートステイに対して徐々に認識していき、慣れていくことでリスクが下がっていく可能性もあります。

 

まとめ

 

 

ショートステイのサービス内容

・送迎、食事、排せつ、入浴、着脱、整容、服薬、レクリエーション、巡回などを行ってくれます

ショートステイでの注意点

・環境が変わることで「認知症の進行」「転倒のリスク」が上がる可能性があります。

 

ショートステイを定期的に利用することで、施設への入所もスムーズにいく場合もあります。

 

ショートステイは、なかなか予約が取れない場合があるので、早めにケアマネに相談しましょうね!

 

ショートステイは、こちらでまとめています。

ショートステイとは 費用・利用条件・手続きをケアマネが解説します!

続きを見る

 

押してくださり、ありがとうございますヽ(^o^)丿
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

福祉・介護ランキング




-ショートステイ, 介護サービス

© 2020 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5