ショートステイ 介護サービス

ショートステイ 利用条件・利用手続き(ケアマネが解説します!)

 

父にショートステイを利用させたいけど、利用条件はあるのかな?手続きはどうすればいいのかな?

 

在宅ケアマネの「しもやん」です。シュートステイを利用するには、条件がいくつかあります、手続きの流れも併せて説明していきますね

 

この記事では

・ショートステイとは

・ショートステイ 利用条件・利用手続き

が分かります

 

ショートステイとは

 

ショートステイとは、介護認定を受けている高齢者が数日間泊りで施設のサービスを受けることです。

施設では、入浴、食事、排せつ、移動、レクリエーション、送迎などのサービスを受けることができます。

 

 

ショートステイ 利用条件・利用手続き

 

 

利用するには、介護保険の認定が必要になり、ケアプランに位置付ける必要があります。手順は、以下のようになります。

 

①介護認定を受ける

②ケアマネと契約しケアプランを作ってもらう

・ケアマネとの契約

・ケアマネがケアプランを作る

③ショートステイ事業所と契約

④ショートステイの利用

①介護認定を受ける

 

ショートステイを利用するには、介護認定が出ていることが条件になります。

 

要支援1・2

要介護1~5

の認定が出ていることが条件です。

*有効期限が切れている方は、再度申請をしましょう!

 

私の父は、まだ介護認定を受けていないわ!

 

介護の申請をしていない方は、こちらを参照してください!
介護保険 申請 するタイミングはいつがいいの?どこですればいいの?

続きを見る

 

②ケアマネと契約しケアプランを作ってもらう

 

介護認定が出れば、どうすればいいの?

 

介護認定を受けた後は、ケアプランを作ってもらう必要があります。

 

ケアマネにケアプランを作ってもらうには、ケアマネとの契約が必要です

 

ケアマネとの契約

 

介護認定が出れば、介護保険証が送られてきます。要支援1・2の方は、地域包括支援センターへ連絡し、要介護1~5の方は、居宅介護支援事業所へ連絡しましょう!

こちらでも、調べれますよ!

介護サービス 情報公開システム

 

①認定結果が要支援1・2の方は、地域包括支援センターと契約します。

 

②認定結果が要介護1~5の方は、居宅介護支援事業所のケアマネと契約する。

 

どちらも、契約、解約は費用が発生しません。

 

ケアプランの作成(ケアマネが作ってくれます)

 

ショートステイを利用するには、ケアプランが必要なんですね。ところでケアプランとは何ですか?

 

ケアプランとは、ご利用者の状況や要望にもとづいて「これからどのような生活を送りたいか」と目標設定し、その目標に向けて、利用するサービスの種類や頻度を決めた利用計画書のことです。

 

①まず、ケアマネジャーは、ご利用者の心身の状態や生活環境を把握します。

その時に課題分析といって、困っていることや在宅生活がスムーズにできるように考えます。

②利用者・家族・サービス事業所(例えば、ショートステイを利用するならショートステイ事業所)、在宅の生活がスムーズに行けるように検討します。

③ケアプランの作成 利用するサービスの種類や回数を決定します。

(例:毎週 金曜日から日曜日 ショートステイ利用など)

 

これで、やっとショーステイを利用できるのね

 

まだ、一番重要なことが3つあります!

 

 

1 ショートステイの日程の確保

・地域差もあると思いますが、そもそも日程が空いていないと利用はできません。

ケアマネに確認するほうがいいですね!

私の職場(大阪市)では、時期によってすごく空いている時期とガラガラな時期があります。

R2、7月現在、特養4カ所、老健2カ所、有料1カ所をあたりましたが、7月、8月と空きがなく1週間のショートステイは断られました

2 診断書

・ショートステイ事業所によっては、利用前に診断書が必要と言われることがあります。

理由は、感染症の有無です。結核、肝炎、最近では、コロナも該当するかもですね

他の利用者や職員を守るためで、診断書はお願いという形です。

*短期入所利用要介護…介護老人保健施設のショートステイの利用場合では、主治医の意見をもらうことが必要になります。

ショート先が求めるなら協力しましょう!感染症対策をしているショートステイの方が安心ですよ!

3 利用期間の制限

・ショートステイは、30日以上の連続利用の場合、介護保険が適用されません。30日を超えた1日分のみが自費になります。

・ショートステイは、介護保険の有効期限の半数を超えてはならない。介護保険の有効期限が180日であれば90日まで利用可能となります。

*少し難しいのでケアマネに相談しましょうね!

 

ショートの診断書については

*厚生労働省のQAを抜粋して載せています

 

 

厚生労働省 Q&A

 

あとは、事業所との契約ですね!

 

③ショートステイ事業所との契約

 

サービス事業所と本人が契約します

 

契約時に、ショートステイの持ち物や当日のキャンセル料のこと、ショート中での緊急時の連絡など確認しましょう!

 

ショートステイの持ち物は、こちらでもまとめています参照してください。

ショートステイ 持ち物は何がいるの?【これで完璧】!ケアマネが解説!

続きを見る

 

④ショートステイの利用

 

これで、ショートステイの利用手続きが終わりました!

 

ショートステイを利用するまでに手続きが多いですね

 

後は、こんな制度もありますよ!

特定入所者介護サービス費(負担限度額認定)

介護保険施設入所者の人で、所得や資産等が一定以下の方に対して、負担限度額を超えた居住費と食費の負担額が介護保険から支給されます。

こちらで、まとめています

ショートステイ 費用はどれぐらいするの?ケアマネが解説します!

続きを見る

 

でも、どのショートステイがいいかわからない?

 

ケアマネは地域のショートステイの特徴を知っているので相談しましょう!

 

まとめ

 

ショートステイの利用条件・利用手続きは

①介護認定を受ける

②ケアマネと契約しケアプランを作ってもらう

・ケアマネとの契約

・ケアマネがケアプランを作る

③ショートステイ事業所と契約

④ショートステイの利用

 

ショートステイを利用することで、環境が変わり「認知症の進行」や「転倒する危険性」が上がる可能性はあります。

 

それは、困るな

 

でも、介護者がストレスで介護放棄になったり、介護者が倒れればどうなります?

 

家では、介護できないですね。施設に入ってもらうしか

 

家にいても「認知症の進行」「転倒する危険性」はあります。そこは、割り切って介護している「あなた」を大切にしてください!それが、介護されている方のためにも絶対なりますよ!

 

ショートステイは、こちらでまとめています

ショートステイとは 費用・利用条件・手続きをケアマネが解説します!

続きを見る

押してください!ありがとうございます
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

福祉・介護ランキング

-ショートステイ, 介護サービス

Copyright© 介護 しもやんブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.