ショートステイ 介護サービス

ショートステイ 利用日数を介護度別で紹介!在宅ケアマネが解説!

 

母に少しでも長くショートステイに行ってほしいけど、何日まで利用できるのかしら?

 

在宅ケアマネの「しもやん」です。介護保険内でのショートステイの利用日数を紹介しますね。

 

この記事では

ショートステイとは

ショートステイ利用日数の注意2つ

介護度別ショートステイ利用日数は?

を書いていきます。

 

ショートステイとは

まずは、ショートステイの基礎知識を簡単に紹介しますね!

 

ショートステイとは、介護認定を受けている高齢者が数日間泊りで施設のサービスを受けることです。

施設では、入浴、食事、排せつ、移動、レクリエーション、送迎などのサービスを受けることができます。

 

ショートステイの種類

 

ショートステイに種類があるの?

 

はい、ショートステイには短期入所生活介護、短期入所療養介護、特定施設入居者介護の大きく3種類に分けられます。

 

・短期入所生活介護

・短期入所療養介護

・特定施設入居者介護

の3つです。

簡単に特徴を説明しますね。

 

短期入所生活介護

 

主に特別養護老人ホーム(特養)が短期入所生活介護(ショートステイ)をおこなっています。

 

特養は、比較的料金もリーズナブルな価格なのでとても人気が高い施設ですね。

バルんカテーテル、パウチ、酸素の方など比較的受け入れてくれる印象です。

 

インシュリンや胃ろう、吸引など医療的な処置が必要な方は、ショート担当の相談員と相談しますが、断られることが多いですね

 

*シュートステイの予約は2か月前から予約をしています。

*利用前に診断書が必要な場合が多いですね。

 

短期入所療養介護

 

介護老人保健施設(老健)が短期入所療養介護(ショートステイ)を行っています。

 

老健は、夜間にも看護師がいるので、比較的医療の処置があっても受け入れてくれる印象です。

 

*医療の処置が必要な方は、事前にショート担当の相談員さんと相談しましょう!

*利用前に診断書が必要な場合が多いですね

 

特定施設入居者介護

 

有料老人ホームのショートステイですね。

 

施設によっては、ショートステイをおこなっていない場合があるので確認が必要です。

 

*医療の処置が必要な方は、事前にショート担当の相談員さんと相談しましょう!

*利用前に診断書が必要な場合が多いですね

 

ショートステイ利用日数の注意2つ

ショートステイの利用日数の条件が大きく2つありますので説明しますね

 

①介護認定の有効期限の半数を超えてはならない

 

それって、どこを見ればわかるの?

 

介護保険証に「認定の有効期間」と記載されていますよ

 

例えば、認定の有効期間が180日なら、半数の90日までなら利用可能です。

 

②ショートステイを連続して30日を超えてはいけない

 

月がまたがっても、他の施設に移動して同じショートステイを利用してもカウントをされますので注意しましょう!

 

*30日にいったん家に帰る。翌日は家で過ごす。次の日からショートステイの利用は可能です!

 

連続して30日以上のショートステイの利用は、どうしてもできないの?

 

「介護者が体調不良等で介護ができない状態など」やむを得ない理由があればショートステイを連続して利用できる場合がありますよ。自治体によって変わりますので事前にケアマネに確認しましょうね

 

自治体によっては、理由書の提出を求められます。ケアマネが書いてくれますよ。

 

30日以上ショートステイを利用すれば31日目は、全額自己負担になります!

 

31日目で自己負担することで連続利用が途切れ、32日目からまた30日間は介護保険でショートステイを利用できます。

(ショートステイを連続で30日以上利用した場合)

ショート30日目 ショート31日目 ショート32日目
介護保険対象 全額自己負担(介護保険対象外) 介護保険対象

 

 

介護度別ショートステイ利用日数は?

 

 

介護保険では、介護度別で利用限度額の単位が決められています。

 

その単位以内であれば、介護保険を利用できますよ。 まず、介護度別で利用限度額の単位を説明します

 

介護度別で利用限度額の単位

 

要介護度 利用限度単位数
要支援1 5032単位
要支援2 10531単位
要介護1 16765単位
要介護2 19705単位
要介護3 27048単位
要介護4 30938単位
要介護5 36217単位

 

要支援1だと5032単位まで介護保険が利用できるのですね

 

ようです。利用限度単位を超えると、全額自己負担になります

 

介護度別で利用できる目安の日数

 

介護度別で介護保険内(利用限度単位以内)でショートステイを利用できる目安を説明しますね
要介護度 利用できる日数
要支援1 8日
要支援2 15日
要介護1 17日
要介護2 20日
要介護3 28日
要介護4 30日
要介護5 30日

 

注意ポイント

上記の表はあくまでも目安の日数です。

大阪市の短期入所生活介護で計算しています

・これは、ショートステイのみを利用している場合を想定して計算しています。

 

ショートステイの費用は、こちらでまとめています

ショートステイ 費用はどれぐらいするの?ケアマネが解説します!

続きを見る

 

要支援1だとショートステイは約8日間は介護保険で利用できるのね!もし、利用日数を超えた場合は、どうなるの?

 

その場合は、全額自己負担になります。

 

ショートステイの利用日数を増やすには、介護度が重たくなるしかないのですね!

 

ショートステイの利用日数を増やすには、区分変更という方法があります。ただし、介護認定を受けた状態より、今の方が状態が悪い場合でないと介護度が重たくなる可能性は低いと思っていてくださいね!

 

区分変更は、こちらでまとめています

介護保険 区分変更のメリット・デメリットをケアマネが解説します!

続きを見る

 

まとめ

 

ショートステイとは

介護認定を受けている高齢者が数日間泊りで施設のサービスを受けることです。

介護負担の軽減や急な介護者の用事などで利用ができます。

*時期によってショートステイが満床になる場合があります

ショートステイ利用日数の注意2つ

・認定の有効期間の半数なら利用可能です。

・30日連続利用を超えない(理由書提出することで、利用できる場合があります)

介護度別ショートステイ利用日数は?

・介護度によって介護保険内の利用日数が決まる(超えれば全額自己負担)

 

ショートステイを上手く利用して、できる範囲で在宅での生活を続けられればいいですね!

 

ショートステイは、こちらでまとめています

ショートステイとは 費用・利用条件・手続きをケアマネが解説します!

続きを見る

押してくださり、ありがとうございますヽ(^o^)丿
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

福祉・介護ランキング

-ショートステイ, 介護サービス

Copyright© 介護 しもやんブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.