ショートステイ 介護サービス

ショートステイを嫌がる 利用者へのアプローチとは【実例で紹介します!】

 

父の介護をしています、認知症も少し出てきて介護が大変になってた。ショートステイを利用してほしいけれど、本人は嫌がります。どうすれば、いいですか?

 

在宅のケアマネをしている「しもやん」です。介護をされているご家族は、本当に大変ですもんね。このような、相談はよくあります。

 

今回は、シュートステイを嫌がる利用者がどのようにして、ショートステイを利用し、定期的にショートステイを利用していったのか?

 

実例で紹介していきます。

 

この記事では

・ショートステイとは

・ショートステイを利用するまでの経緯(実例)

を書いていきます

 

これから、介護するかもしれない方、現在介護されている方、ケアマネの方の参考にしてもらえると嬉しいです。

 

ショートステイとは

まず、ショートステイの説明をしますね

 

ショートステイとは

 

ショートステイとは

短期的に施設に入所し介護・支援が受けられるサービスです。

 

連続利用日数は、最長30日までとなっており、31日目の利用料は全額自己負担となります

(限度額が超えれば30日以内でも自己負担になるので、ケアマネに相談しましょう)

 

送迎や食事介助、服薬介助、入浴介助、着脱介助、移動介助、排せつ介助、誘導などを行ってくれます。

夜間は、巡回も定時で行ってくれますよ。

 

 

ショートステイを利用するケース

 

ショートステイは、みなさんどんな時に利用しているの?

 

みなさん理由は、さまざまですが、下記にまとめてみました

 

シュートステイを利用する理由

・冠婚葬祭がある

・リフレッシュで旅行にいきたい

・来月、出張がある

・介護で疲れている

・いざという時のため定期的に利用したい

・病院から退院を迫られるが、施設がみつからない

・特養の入居待ちである

・退院直後、体力がつくまで施設でみてほしい

 

などの理由で利用されています

 

 

ショートステイが利用できる施設とは

 

ショートステイは、どこがおこなっているの?

 

1 特別養護老人ホーム

2 介護老人保健施設

3 有料老人ホーム

 

などがメインですね

 

ショートステイ利用料

 

利用料金は、かなり複雑なので、ケアマネやショーステイ先に確認がいいと思います。

 

まず、介護度と利用する部屋が個室か多床室かで変わります。

 

さらに、世帯の所得に応じて負担額の減免がおこなわれる場合があります。(有料老人ホームは適用外)

役所に確認してください!

 

大阪市の例

要介護5.個室利用。負担限度額4の方(負担限度額対象外)の場合

1日あたり

約4200円

1泊2日なら

約8400円です。

*おおまかな計算なのでご了承ください

ショートステイについては、こちらでまとめています

ショートステイとは 費用・利用条件・手続きをケアマネが解説します!

続きを見る

 

ショートステイを利用するまでの経緯(実例)

シュートステイを嫌がる利用者がどのようにして、ショートステイを利用し、定期的にショートステイを利用していったのか?実例で解説しますね

 

ショートステイに行くようになった事例

 

事例

・利用者Aさんは、要介護3。脳梗塞後、身の回りのことができなくなった。義理の嫁と二人ぐらし。嫁は、日中仕事がある。

・年相応の物忘れはあるが、しっかりしているほうである。

・Aさんも、義理の両親を介護してきた経験から「介護は、嫁がするものだ」と思っている。

・食事は、手作りしか食べない。介護者の嫁は、朝早くに起きて、朝食、昼食をAさんの分も作り、仕事が終わると夕食も作る。

・仕事が少しでも遅くなると愚痴を言われる。休みの日は、何度も呼ばれて雑用を頼まれ、精神的にも疲れているとのこと。

・入浴が困難なのでデイサービスを希望されたが本人は行かないと言っている。理由は、そんなところは嫌やとのこと。

・デイサービスを週1回は行ってほしい、本当は週2回行ってほしい。

 

と相談がありました。利用者あるあるですよね。

 

あれ?ショートステイは?

 

そうなんです。初めは、デイサービスだけの希望だったんですよね。

 

でも、最初の相談時に「二人暮らし」「愚痴を言われる」「なんども呼ばれて、精神的に疲れている」

 

この状態なら、いづれショートステイも頭に浮かびますよね。

 

この方のケースなら、デイサービスもショートステイも同法人がしているところを選びますね

 

Aさんは、デイサービスについて「そんなとこに行きたくない」といっている。

 

そういうケースすごくあります

 

デイサービス拒否の理由の多くは

・デイサービスを知らないから

・デイサービスは、年寄りが行くところと思っている

・プライドが許さない

などが多いです。

 

そして、利用者の方で「身内、介護者の言うことは聞かない」方がいます。

他人だと聞き入れることがあるんですよね。

 

例えば、ケアマネやDR、お孫さんなど

 

私はAさんとお話をしました。

デイサービスで入浴をしたほうが安全であり、もし介護者の嫁が腰痛や体調不良で入院したら困りますよね。 最近のデイサービスは、きれいです。デイサービスに行くと認知症の予防もできて、体力も維持できます。 お試しに1回行ってみてはいかがでしょうか?

 

じゃ、試しに1回行ってみるわ!

 

とても上品なお方で、デイサービスを試しに1回体験すると約束ができました。

 

 

1回体験して気に入らないなら、利用しなくていいです。他にまた、探しますからって(結局行ってもらう前提)。

 

私の経験上、本人の雰囲気にあいそうなデイサービスなら利用を体験すれば、8割9割デイサービスを利用されます。(見学ではなく体験してもらう)

 

そして、体験利用して気に入られ週1回から週2回デイサービスを利用することになりました。

(デイサービスに週2回利用させたい旨は事前に伝えています)

 

デイサービスでは、本当に楽しそうに皆勤で来られています

 

介護者の負担が限界、ショートステイを利用したい

数か月経ち

義理の母をシュートステイを利用させたい。精神的にも疲れてきました。義理の母に話したが、嫌だと言われました

 

少し日を開けてから、ケアマネが本人へショートステイの利用を促しました

介護者が急に仕事や用事で、介護できない時のためにお試しで利用してみてください と話すとしぶしぶですが納得されました。

 

現在は、デイサービスを週2回利用していて、そのデイサービスの建物の上にショートステイをしているんですよね

デイサービスと同じ場所であることが少しは、不安を軽減させたのかもしれません。

ショートステイの当日は、デイのスタッフさんも泊りの部屋に見に来てくれていました。

(デイのスタッフさんにお願いをしていました)

 

ショートステイ利用後、Aさんは「泊りもよかった」と言われたようです。

 

そのあと、毎月ショートステイを利用されています

 

Aさんの場合は、第三が言うと納得してくれました。心理的に「自分で望んで行ったわけでない、人から頼まれて行っている」と思っているのかもしれません。 また、デイサービスと同じ法人だったことも理由の一つだと思います。 是非、ケアマネと相談しましょう!
高齢者
デイサービスを嫌がる 利用者にケアマネがどうアプローチするかを徹底解説

続きを見る

押してもらえると、大喜びしますヽ(^o^)丿

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村




-ショートステイ, 介護サービス

© 2020 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5