ショートステイ 介護サービス

ショートステイの費用はどれぐらいするの?【ケアマネが解説】

 

母を在宅で介護しています。来月、用事で田舎に帰らないといけない。母を連れて行くことはできないので、ショートステイを利用させたいけど、費用はどれぐらいするのかな?

 

そのような疑問にお答えします

 

この記事では

ショートステイとは

ショートステイの種類

ショートステイの費用は、何で決まるの?

ショートステイの費用

ショートステイの費用はいつ支払うの?

この記事の信頼性

自己紹介 デイサービス相談員

この記事を書いている私は、無資格・無経験でデイサービスに勤めました

デイサービスから特養の介護職・在宅のケアマネへと転職も経験しています

 

今回は、ショートステイの費用をテーマにしてみました

 

 

ショートステイとは

 

ショートステイとは

 

ショートステイとは

 

ショートステイを簡単に説明しますね

 

ショートステイとは

介護認定を受けている高齢者が数日間泊りで施設のサービスを受けることです

施設では、入浴、食事、排せつ、移動、レクリエーション、送迎などのサービスを受けることができます

 

要介護認定を受けていない方は、こちらでまとめています

 

ショートステイの種類

 

ショートステイには、大きく3つのタイプがあります

 

ショートステイの3つのタイプ

短期入所生活介護

短期入所療養介護

特定施設入居者介護

 

それぞれ説明します

 

短期入居生活介護

 

一つ目は、短期入所生活介護です

 

主に特別養護老人ホーム(特養)が短期入所生活介護(ショートステイ)をおこなっています

 

短期入所生活介護の特徴

・比較的料金もリーズナブルである

・インシュリンや胃ろう、吸引など医療医的な処置が必要な方は、対応できないと断られることがある

・予約は、2か月前にしているところもあります

・利用前に、診断書が必要な場合が多いです

 

 

短期入所療養介護

 

二つ目は、短期入所療養介護です

 

介護老人保健施設(老健)が短期入所療養介護(ショートステイ)をおこなっています

 

短期入所療養介護の特徴

・夜間にも看護師がいるので、比較的医療の処置があっても受け入れてくれる

・利用前に診断書と主治医の了解がいる

・事前に予約が必要である

 

 

特定施設入居者介護

 

三つ目は、特定施設入所者介護です

 

有料老人ホームのショートステイですね

 

特定施設入所介護の特徴

・施設によってショートステイを実施していないので確認が必要

・おむつは持参

・診断書は必要

・事前に予約が必要

 

ショートステイの費用は、どのように決まるの?

 

ショートステイの費用は、どのように決まるの?

 

ショートステイの費用を決める要因

①介護度

②施設の種類(個室・多床室)

③地域

④介護保険負担割合証

⑤特定入所者介護サービス費(負担限度額認定)

 

詳しく説明しますね。

 

ショートステイの費用を決める要因①介護度

 

ショートステイの費用を決めるのは、介護度です

 

介護度は、重たくなればなるほど料金は、高くなっていきますよ

 

例えば

・要介護1より要介護2の方がショートステイの料金が高くなります

 

介護度が重たくなればショートステイの費用も高くなります

 

ショートステイの費用を決める要因②施設の種類(個室・多床室)

 

ショートステイの費用を決めるのは、施設の種類です

 

施設の種類とは

・短期入所生活介護

・短期入所療養介護

・特定施設入居者介護

 

同じ日数ショートステイを利用しても費用が異なります

 

さらに

利用する居室でも費用が異なります

・個室

・多床室

 

個室の方がショートステイ費用が高くなります

 

ショートステイの費用を決める要因③地域

 

ショートステイの費用を決めるのは、地域です

 

介護保険サービスでは、「1単位=10円」が基本になっています

 

しかし、地域によって、職員の賃金が異なるため、単価は8つの地域区分に分けらています。

 

例えば

東京都特別区の短期入所生活介護は1単位=11.10円

短期入居療養介護は、1単位=10.90円

 

大阪市の短期入居生活介護は1単=10.88円

短期入居療養介護は、1単位=10.72円

 

ショートステイの費用は、地域によって異なります

 

ショートステイの費用を決める要因④介護保険負担割合証

 

ショートステイの費用を決める要因は、介護保険負担割合証です

 

ショートステイの費用は、介護保険負担割合証に記載されている負担割合で変わります

 

介護保険を利用した時の自己負担割合は、本人の所得の金額などに応じて1割、2割3割と違ってきます。

負担割合の判定基準は、下の図を参照してください

利用者負担判定の流れ

 

厚生労働省 介護負担割合

 

ショートステイの費用は、介護保険負担割合証の負担割合できまります

 

ショートステイの費用を決める要因⑤特定入所者介護サービス費(負担限度額認定)

 

ショートステイの費用を決めるのは、特定入所介護サービス費です

 

特定入所介護サービス費とは

介護保険施設入所者の人で、所得や資産等が一定以下の方に対して、負担限度額を超えた居住費と食費の負担額が介護保険から支給されます。

なお、特定入所者介護サービス費の利用には、負担限度額認定を受ける必要がありますので市区町村に申請をしてください。

 

負担限度額は所得段階、施設の種類、部屋のタイプによって異なります。

 

 

お住いの区役所で異なりますが、大阪市なら必要な書類を家族が持っていけばすぐに発行されます

 

 

特定入所者介護サービス費

 

 

<特定入所者介護サービス費(負担限度額認定)

 

ショートステイの費用は、かなり複雑なんですね。

 

 

次に介護度別・負担限度額認定別でざっくり、ショートステイの費用を紹介しますね

 

 

ショートステイの費用

 

ショートステイの費用

 

それでは、大阪市の例で各ショートステイの料金を見てみましょう!

 

特養ショートステイの費用(大阪市)

 

・特養のショートステイです

短期入所生活介護の費用

 

 

老健ショートステイの費用(大阪市)

 

・老健のショートステイです

 

老健ショートステイの費用老健ショートステイの費用

 

 

有料シュートステイの費用(大阪市)

 

・有料の老人ホームです

 

*ショートステイそのものをしていないところもあり、要支援者は対応していないところもあるので確認が必要です。

 

今回は、要介護者のみ対応している有料老人ホームを例として載せています。

対象 介護保険自己負担額(1割負担) 部屋代・管理費 食費 合計
要介護1 約665円 1870円 1761円 約4296円
要介護2 約743円 1870円 1761円 約4324円
要介護3 約825円 1870円 1761円 約4456円
要介護4 約900円 1870円 1761円 約4531円
要介護5 約981円 1870円 1761円 約4612円

*有料老人ホームでは、おむつ代は含まれませんので持参が必要です。

*特定入所者介護サービス費(負担限度額認定)は利用できません。

 

 

ショートステイのほとんどが診断書が必要な場合が多いので、ケアマネに確認してもらいましょう!

 

 

ショートステイの費用はいつ支払うの?

 

ショートステイの費用はいつ支払うの?

 

ショートステイの料金はいつ請求されるの?

 

 

基本は、毎月締めの翌月払いですね。翌月の10日以降に請求書がきます

 

 

例えば

6月にショートステイを利用すれば

6月の利用料金は、7月の10日以降に請求されますね

 

ただし、介護度を見直す区分変更をしている場合は、介護の結果がでないと請求ができません。

 

例えば

6月に区分変更していて、まだ介護の結果が来ていないが、ショートステイは利用している。

7月もショートステイを利用していて、介護の結果が来た場合は

6月、7月のショートステイの利用料金は8月に請求されます

 

支払い方法は、「銀行引き落とし」や「次回利用時に支払ったり」と事業所によって異なりますので確認しましょうね。

 

まとめ

 

この記事のまとめ

ショートステイとは

ショートステイの種類

・短期入所生活介護

・短期入所療養介護

・特定施設入所者介護

ショートステイの費用は、何で決まるの?

・介護度

・施設の種類(個室・多床室)

・地域

・介護保険負担割合証

・特定入所者介護サービス費(負担限度額認定)で決まります。

ショートステイの費用

ショートステイの費用はいつ支払うの?

・月締めの翌月払い

 

ショートステイは、かなり前からの予約が必要になります。緊急時も部屋が空いていれば受け入れてくれますよ!

 

 

ショートステイとは【ケアマネが解説】費用・利用条件・手続きを

 




-ショートステイ, 介護サービス

© 2021 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5