施設 介護サービス

老健 メリット・デメリット!現役ケアマネが解説!

一人暮らしの母が入院中であと1か月で退院と言われている。退院後すぐに一人暮らしはできそうにない。病院から退院後もリハビリが必要なので、老健(介護老人保健施設)を勧められた。老健のメリット・デメリットを教えてほしい!

 

在宅ケアマネの「しもやん」です。老健のメリット・デメリットをわかりやすく解説していきます!

 

この記事では

老健(介護老人保健施設)のメリット・デメリット

を書いていきます。

 

老健 メリット・デメリット

まず、老健の基礎知識を簡単に説明しますね!

 

老健(介護老人保健施設)とは

 

介護老人保健施設とは

・社会福祉法人や医療法人などが運営する公的な施設です。

「在宅復帰」を目的とした施設で、利用者はリハビリや医療的なケア、生活で必要な支援を受けられる施設です。

・在宅復帰を目指しているので一定期間の約3か月で「在宅に帰れるのか?」を評価し在宅生活が可能と判断されれば、退居しなくてはいけません。

 

病院から、いきなり「終身型施設の入居」や「在宅」へ帰るのではなく「在宅復帰するための中間施設」が老健になります。

 

老健の役割、サービス内容はこちらでまとめています

介護老人保健施設 役割とサービス内容!ケアマネが解説します!

続きを見る

 

老健 メリット

 

メリット

・有料老人ホームなどと違って、入居金など初期費用を支払わなくてよい。

・医療ケアの方も受け入れてくれる

・医師が常駐しており、夜勤帯でも看護師を配置しているところが多いので、医療処置が必要な方も比較的受け入れてくれる。

・特別養護老人ホームでは、要介護3以上で申し込みが可能だが、何か月や何年も待たないといけない。介護老人保健施設なら要介護1以上で申し込みができ、入居しやすい。

・「在宅復帰を目的」としており、他の施設に比べてリハビリが充実している。

 

これが老健のメリットです。もう少し、深堀りしてみましょう!

 

①有料老人ホームと違って、入居金がいらない

 

有料老人ホームの入居金は、どれぐらいかかるの?

 

これは、施設によってかなり違ってきます

 

入居一時金の相場

・みんなの介護のサイトでは、全国平均の有料老人ホーム平均の入居一時金は約90万円とされています。

・大阪市T区の有料老人ホーム・グループホームなら入居一時金は0~1200万円でした。

*特別養護老人ホームも入居一時金は、必要ありません。

老健の費用について、こちらでまとめています

介護老人保健施設 費用はいくらするの?ケアマネが解説します!

続きを見る

 

②医療ケアの方も受け入れてくれる

 

介護老人保健施設では、医師が常勤しており看護師も夜間配置している施設が多いので

医療処置が必要

・喀痰吸引

・胃ろう

・人工肛門

・インシュリン

・酸素療法

・バルンカテーテル

などの方の受け入れを比較的にしてくれます。

*インシュリンや胃ろう、喀痰吸引などの方が多すぎると現場が対応できないので、人数枠をおおよそ決めている施設もあります。

*利用前に必ず相談しましょう!

 

③介護老人保健施設なら特別養護老人ホームより入居しやすい。

 

特別養護老人ホームの入居条件

・原則65歳以上で要介護3以上の感染症や医療的処置が必要でない方

・特定疾病が認められた要介護3以上で40歳から64歳までの方

・特例による入居が認められた要介護1~2の方

 

特養は、申し込みをおこなって入居するまで、早くて3・4か月から数年かかるケースが多かったですね。

特養の入居基準について、こちらでまとめています

特別養護老人ホーム 入居基準【暴露】こうして入居は決まっていた!

続きを見る

 

老健入居条件

・原則65歳以上で要介護1以上の感染や入院治療の必要がない方

・特定疾病が認められた要介護1以上で40歳から64歳までの方

 

老健だと要介護1以上なら空きさえあれば、約2週間で入所できます。老健は、比較的空いている印象ですね。

 

④リハビリが充実している

 

老健のリハビリ

・老健では、入居して3か月以内であれば、1週間でおおむね3回以上1回20分のリハビリが提供されます。

・3か月が過ぎても通常週2回以上のリハビリが行われます。

 

他の施設と比べて、どうなの?

 

特別養護老人ホームや有料老人ホームに比べて、「リハビリにかける時間は多いです」。老健施設の目的が「在宅復帰」ですからね。特養でもリハビリはありますが、老健ほど時間をかけていません。

 

老健 デメリット

 

デメリット

・内服薬が制限されることがある。

・「在宅復帰が可能」と判断されれば、退居しなくてはいけない。

 

これが、老健のデメリットです。もう少し深堀りしてみましょう!

 

①内服が制限されることがある

 

薬については、介護老人保健施設がまかなうことになっています。

そのため、抗認知症薬や抗精神病薬など中には高額な薬を服用していれば入居を断られるケースがあります。

 

実際、私の利用者は高額な抗精神病薬を服用しており、老健の入居を断られました。

 

②在宅復帰が可能」と判断されれば、退居しなくてはいけない。

 

老健では、3か月ごとにリハビリの進行状況、心身状態に関する判断がおこなわれ、「在宅復帰可能」と判断されれば、退居しなくてはいけません。

 

もし、「在宅復帰」不可能なら延長できるの?

 

もちろん、延長も可能です。たたし、入居期間が長期になり在宅復帰が見込めないなら、有料老人ホームや特養の入所を促されることもあります。

 

*在宅復帰が見込まれる方は、老健から自宅へ「外出」や「外泊」などを取り入れ、段階的に行うこともされています。

 

まとめ

 

老健 メリット

・入居一時金がいらない

・医療的処置が必要な方でも、比較的受け入れてくれる

・特養より入居しやすい

・リハビリが充実している

老健 デメリット

・内服の制限がある

・「在宅復帰」と判断されれば、退居しなくてはいけない

 

私の担当の方が、今月老健から「在宅復帰」されることになりました。めっちゃ嬉しいです。

 

 

特養については、こちらでまとめています

特養とは 費用・入居基準・費用の負担軽減制度を【ケアマネが解説】

続きを見る

老健については、こちらでまとめています

介護老人保健施設とは 【現役ケアマネ】が解説します!

続きを見る

 

特養と老健の違い 【現役ケアマネ】が解説します!

続きを見る




-施設, 介護サービス

© 2020 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5