ケアマネ 介護サービス

レスパイト入院 とは!現役ケアマネが解説します!

レスパイト入院て何?どんな手続きで入院できるの?

 

在宅ケアマネの「しもやん」です。医療の処置が必要で、介護している家族の休養のための入院です。詳しく事例も交えて説明しますね!

 

この記事では

レスパイト入院とは

レスパイト入院の手続き

レスパイト入院の費用

レスパイト入院の事例

 

 

レスパイト入院 とは

 

レスパイト入院の意味

 

レスパイトとは、「一時休止」「休息」という意味の言葉です。

レスパイト入院とは、在宅介護をしている家族を休めせることが目的の入院です。

そのため、治療目的ではないので、レスパイト入院中に病気になればし治療を行うために、病棟が変わったり、転院することもあります。

 

介護認定を受けている高齢者が、数日間泊りで施設サービスを受けることができる「ショートステイ」というものがあります。

 

ショートステイについては、こちらでまとめています。

ショートステイとは 費用・利用条件・手続きをケアマネが解説します!

続きを見る

 

レスパイト入院では、「ショートステイ」で受け入れるには難しい医療行為がある方でも、受け入れられることができるのが特徴です。

例えば

在宅酸素の方、ストマの方、インシュリンが必要な方、鼻腔、人工透析、胃ろうの方、吸引が頻回に必要な方、気管切開の方など

 

特別養護老人ホームのショートでは夜間に看護師さんもいないので、医療的な対応が必要な方は断られることがあります。酸素やバルン、ストマの方など対応しやすい方は受け入れてくれる印象ですね

 

 

 

レスパイト入院の手続き

レスパイト入院までの流れ

 

レスパイト入院をしてほしいけど、どうすればいいの?

 

まずは、①ケアマネ②主治医の先生に相談しましょうね!

 

ケアマネは、地域のレスパイト入院を行っている病院を知っているはずですし、病院の地域連携室の相談員さんとも顔見知りが多いと思いますので、相談してみましょう!

 

もちろん、主治医に相談するのもいいですね!

主治医もレスパイト入院をしている病院は、ご存知なので紹介状を書いてくれたり、病院へ直接連絡をしてくれる先生もおられますよ!

 

先生がレスパイト入院先とかなり深い関係であれば、すぐに受け入れてもらいることもあります!先生の力にあやかれます!アリガタヤー

 

レスパイト入院の期間はどれぐらいなの?

 

おおむね、2週間以内と言われています。

 

2週間でも助かるわー!

 

レスパイト入院の費用

入院の費用

 

これは、本当にざっくりの値段になります。部屋代や食事代、おむつ代、リースの病衣代は別料金です。

 

医療費 14日
3割負担の場合 約14万円
2割負担の場合 約9万円
1割負担の場合 約5万円

*生活保護の方は、医療費はかかりません。

入院する前に、病院へ確認しましょう!次は、実際にあったレスパイト入院の事例です

 

レスパイト入院 事例

 

高齢者世帯の事例

 

Aさんの紹介

・高齢者夫婦世帯

・妻は、日中仕事(自営業朝から夜遅くまで)

・80代要介護2男性

・中重度の認知症

・週2~3回は家から出ていき帰れなくなる

・デイサービス週3回、ヘルパーは毎日利用

(妻の介護内容)

・食事の準備や洗濯、時には通院の付き添い

 

ある日、手首の痛みがありベッドから起きれなくなって失禁していた。

妻がショートステイの空きもないし、常時付き添いの介護ができないと主治医と相談し翌日レスパイト入院となる。

ちなみに近隣のショートステイ6カ所に連絡するも空きが全くなかった。

 

急なレスパイト入院だったためか、翌日病院へ行きすべての手続きが終わり病室に行くまで約3時間30分かかりました

 

 

親を介護する子の事例

 

Bさんの紹介

・子と二人暮らし

・子は、日中仕事

・要介護5 女性

・透析週3回利用

・胸部パーマネントカテーテル

・デイサービス週1回

・訪問看護週3回

(子の介護内容)

・オムツ交換

・食事準備・介助

 

ある日、介護者の娘がぎっくり腰になり、ケアマネに相談の連絡あり。

 

近隣の特養3カ所・老健3カ所へ連絡するが、医療度が高いため対応できないとのことで断られる。

近隣のレスパイト入院できる病院4カ所連絡するが、対応困難とレスパイトのベッドが空いていないとのことで断られる。

他区の病院が2週間なら対応可能とのことで、翌日入院となる

 

急なレスパイト入院は、ベッドが空いていなかったり対応困難で断られることもありました。でも、受け入れてくれて本当に助かりました

 

他に、断られたケースはありますか?

 

レスパイト入院では、認知症で動き回る方は断られましたね。最終的には、特養のショートステイを利用することになりました。

 

まとめ

 

レスパイト入院は、在宅介護をしている家族を休めせることが目的の入院です。

介護保険のショートステイが満床で利用できない場合の選択肢として、「レスパイト入院」を利用するのも良いですね。

 

余談ですが、在宅介護との連携に積極的な先生だと、レスパイト入院もスムーズに利用できる場合がありますよ!

 

長期のショートステイをまとめています。

ロングショートステイとは?費用と注意点をケアマネが解説します!

続きを見る

押してもらえると励みになります。
よろしくおねがいします
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


福祉・介護ランキング

-ケアマネ, 介護サービス

Copyright© 介護 しもやんブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.