ショートステイ 介護サービス

ロングショートステイとは?費用と注意点をケアマネが解説します!

介護している私が入院することになってしまった!長期間ショートステイを利用できないかな?

 

在宅ケアマネの「しもやん」です。やむを得ない事情があれば、長期間ショートステイを利用できる「ロングショートステイ」を利用できる場合があります。費用や注意点を説明しますね

 

この記事では

・ショートステイとは

・ロングショートステイとは

・ショートステイの利用が自費になるケース

・ショートステイの費用

・ロングショートステイ利用の注意点

 

ショートステイとは

 

まずは、ショートステイの基礎知識を説明しますね!

 

ショートステイとは、介護認定を受けている高齢者が数日間泊りで施設のサービスを受けることです。

施設では、入浴、食事、排せつ、移動、レクリエーション、送迎などのサービスを受けることができます。

ショーステイのサービス内容については、こちらでまとめています

ショートステイ サービス内容(1日の流れに沿って)を紹介します!

続きを見る

 

ショートステイの種類

 

ショートステイには、短期入所生活介護、短期入所療養介護、特定施設入居者介護の大きく3種類に分けられます。

 

・短期入所生活介護

・短期入所療養介護

・特定施設入所者介護

の3つです。

簡単に特徴を説明しますね。

短期入所生活介護

 

主に特別養護老人ホーム(特養)が短期入所生活介護(ショートステイ)をおこなっています

 

特養は、比較的料金もリーズナブルな価格なのでとても人気が高い施設ですね。

バルンカテーテル、パウチ、酸素の方など比較的受け入れてくれる印象です。

 

インシュリンや胃ろう、吸引など医療的な処置が必要な方は、ショート担当の相談員と相談しますが、断られることが多いですね

 

*ショートステイの予約は、2か月前からしている施設もあります。

*利用前に診断書が必要な場合も多いですね。

短期入所療養介護

 

介護老人保健施設(老健)が行っている短期入所療養介護(ショートステイ)をおこなっています。

 

老健は、夜間にも看護師さんがいるので、比較的医療の処置があっても受け入れてくれる印象です!

 

*医療の処置が必要な方は、事前にショート担当の相談員さんと相談しましょう!

*利用前に診断書が必要な場合が多いですね

 

特定施設入所者介護

 

有料老人ホームのショートステイですね。

 

施設によっては、ショートステイを行っていない場合があるので確認が必要です。

 

*医療の処置が必要な方は、事前にショート担当の相談員さんと相談しましょう!

*利用前に診断書が必要な場合が多いですね

 

ロングショートステイとは

 

 

ロングショートステイとは

 

本当は、数日間泊りのサービスを施設で受ける「ショートステイ」を長期で利用することを言います。

ショートステイを長期的に利用するには、「ショートステイの本来の目的」とは違います。

しかし、実際に「ロングショートステイ」を利用されている方もおられます。

 

ロングショートステイを利用している多くの方は、介護者の事情により「やむを得ない理由」がある方になります。

 

例えば

・介護者が病気で入院してしまった…

・介護者の負担が限界で施設に入所して欲しいが空きがない…

 

このように、大変困った状態の場合は、利用を認められるケースもあります。

 

*地域によっては、利用が難しいケースもあります。事前にロングショートステイが可能かケアマネに相談しましょう!

 

 

ショートステイの利用が自費になるケース

 

ショートステイの費用が自費になるケースってどんな時?

 

自費になるケースは、大きく3つあります。利用限度額の単位を超えて利用した場合、連続して30日以上利用した場合、介護認定の有効期間の半数を超えた場合です。

 

自費になるケース

・利用限度額の単位を超えて利用した場合

・連続して30日以上利用した場合

・介護認定の有効期間の半数を超えた場合

順に説明していきますね。

 

介護保険では、介護度別で利用限度額の単位が決められています。

 

その単位以内であれば、介護保険を利用できますよ。介護度別介護保険内(利用限度単位以内)でショートステイを利用できる目安を説明しますね

 

利用限度額の単位を超えて利用した場合

 

介護度別ショートステイの利用日数

要介護度 利用できる日数
要支援1 8日
要支援2 15日
要介護1 17日
要介護2 20日
要介護3 28日
要介護4 30日
要介護5 30日

 

注意ポイント

上記の表はあくまでも目安の日数です。

・大阪市の短期入所生活介護で計算しています。

・これは、ショートステイのみを利用している場合を想定して計算しています。

 

要介護1だとショートステイは、約17日間は介護保険で利用できるのね!17日を超えたらどうなるの?

 

その場合は、全額自己負担になりますよ!

 

ショートステイの利用日数を増やすには、区分変更という方法があります。ただし、介護認定を受けた状態より、今の方が状態が悪い場合でないと介護度が重たくなる可能性は低いと思っていてくださいね。

区分変更については、こちらでまとめています。

介護保険 区分変更のメリット・デメリットをケアマネが解説します!

続きを見る

 

 

ショートステイを連続して30日を超えた場合

 

ショートステイでは、30日を連続して利用した場合、「31日目に一旦家に帰る」か、「31日目を全額自己負担で利用するか」になります。

 

30日以上のショートを利用する場合は、「介護者が体調不良などで介護ができない状態など」やむを得ない利用があればショートステイを連続して利用できる場合がありますよ。自治体によって変わってくるので事前にケアマネに確認しましょう!

 

 

介護認定の有効期間の半数を超えてはならない

 

それってどこに書いているの?

 

介護保険証に「認定の有効期間」と記載されていますよ!

 

例えば、認定の有効期間が180日なら、半数の90日までなら利用可能です。

 

*ただし、「やむを得ない理由」があり自治体が認めれば、利用できるケースもあるようです。ケアマネと相談しましょう!

 

ショートステイの費用

 

ショートステイの費用は、介護度、地域、施設の種類、本人の所得などで変わってきます。3種類のショートステイの費用を紹介していきますね。

 

・短期入所生活介護

・短期入所療養介護

・特定施設入居者介護

 

短期入所生活介護(大阪市の場合)

・特養のショートステイです

 

短期入所療養介護(大阪市の場合)

・老健のショートの場合

 

特定施設入居者介護(大阪市の場合)

・有料老人ホームのです。

 

*ショートステイそのものをしていないところもあり、要支援者は対応していないところもあるので確認が必要です。

 

今回は、要介護者のみ対応している有料老人ホームを例として載せています。

 

対象 介護保険自己負担額(1割負担) 部屋代・管理費 食費 合計
要介護1 約665円 1870円 1716円 約4296円
要介護2 約743円 1870円 1716円 約4324円
要介護3 約825円 1870円 1716円 約4456円
要介護4 約900円 1870円 1716円 約4531円
要介護5 約981円 1870円 1716円 約4612円

*有料老人ホームでは、おむつ代は含まれませんので持参が必要です。

*特定入所介護サービス費(負担限度額認定)は利用できません。

 

ショートステイのほとんどが診断書が必要な場合が多いので、ケアマネに確認してもらいましょう!

 

ショートステイの詳しい費用については、こちでまとめています。

ショートステイ 費用はどれぐらいするの?ケアマネが解説します!

続きを見る

 

ロングショートステイ利用の注意点

理由書の提出

 

・ショートステイを長期利用するには、「やむを得ない」理由を「理由書」として自治体に提出し認められれば利用できます。

 

各自治体で異なります。大阪市では、理由書はありませんしプランに位置付ければ、長期で利用されています。

 

 

ロングショートステイ中の定期受診

 

ロングショートステイ中に定期受診する場合は、基本的には「家族」の対応が求められることが多い印象です。

 

家族が無理な場合は、どうするの?

 

その場合は、ショートステイ先の施設を確認しましょう!ショートステイ先で対応できないなら、「自費のヘルパー」さんになります。(ショートステイ中の受診は、介護保険でヘルパー利用はできません。)

 

ショートステイ先に受診時のことは、確認しておきましょう!

 

自宅でのレンタルについて

 

ロングショートステイを利用中に、自宅で使用するレンタル品は利用する機会がないので一般的に認められません。

 

ただし、ショートステイの連続利用30日前に自宅へ帰り、再びショートステイを利用する方もおられます。

そのような場合は、スロープやベッドなどのレンタルを認められ利用できます。

 

まとめ

 

・ショートステイとは

数日間、施設のサービスを泊りで受けられる。

・ロングショートステイとは

ショートステイを長期的に受けること。

・ショートステイの利用が自費になるケース

・利用限度額の単位を超えて利用した場合

・連続して30日以上利用した場合

・介護認定の有効期間の半数を超えた場合です。

・ショートステイの費用

・ロングショートステイ利用の注意点

・「やむを得ない」理由を提出し認められる必要がある。

・施設入所者ではないので「通院」「外出」は、基本は家族が対応する。

・自宅でのレンタルについては、利用の確認が必要

 

ロングショートステイを利用する前に、定期的にショートステイを利用している方がご本人も施設も対応しやすいですよ!

 

 

押してくださり、ありがとうございますヽ(^o^)丿
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

福祉・介護ランキング




-ショートステイ, 介護サービス

© 2020 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5