レンタル・住改・購入 介護サービス

車椅子のレンタル【ケアマネ解説】費用・種類・利用の手続き

車椅子のレンタル費用や手続きの流れを知りたいわ!

 

 

介護保険での「車椅子のレンタル費用や手続き」はどうするのか?気になりますよね!

 

 

私は、在宅ケアマネをしており、何人も車椅子レンタルのサポートをしています。レンタルのメリット・デメリットも併せて説明しますね!

 

 

この記事では

車椅子 レンタルの費用

車椅子 レンタルの流れ

車椅子 レンタルのメリット・デメリット

を書いていきます。

この記事を読めば「車いすのレンタル」について分かります。

 

 

車椅子 レンタルの料金

 

 

車椅子 レンタルの料金は

 

ポイント

①介護保険負担割合証

②車椅子の種類

によって変わってきます。

 

 

①介護保険負担割合証

 

介護保険を利用した時の自己負担割合は、本人の所得の金額に応じて1割、2割、3割と違ってきます。

 

介護認定を受けていれば、介護保険負担割合証が送られてきますよ!

 

利用者負担判定の流れ

 

厚生労働省 介護負担割合

 

 

②車椅子 種類

 

ここでは、よく使われる3種類の車いすを紹介しますね!

 

3種類の車椅子

自走用車椅子

介助用車椅子

電動車椅子

 

 

自走用車椅子

 

後輪のタイヤが大きく、車イス利用者が自分でも操作がしやすくなっています。

重さは、約9~15㎏(種類によって異なります)

 

 

後ろのタイヤが大きい分、外出など衝撃は比較的少ないですね。

 

ポイント

自走用車椅子 月160円~400円(1割負担)

*費用は、大阪市の6つのレンタル事業所の平均です。ご参考までに!

 

 

介助用車椅子

 

 

後輪のタイヤが小さく、車イス利用者は自分で操作ができません。

重さは、8~12㎏(種類によって異なります)

 

コンパクトで少し軽いので、通院介助などでよく使用されています。

 

 

ポイント

介助用車椅子 月160円~400円(1割負担)

*費用は、大阪市の6つの事業所の平均です。ご参考までに!

 

 

電動車椅子

バッテリーを充電して、手元のレバーを操作して電動で操作する車椅子です。

重量:20~60㎏

速度:1.6~6Km/h

充電時間:2~9時間

連続走行距離:7~20㎞

 

 

利用前に操作が安全にできるかをレンタル事業所が判断します!

 

 

ポイント

電動車椅子 月1800円~4000円(1割負担)

*費用は、大阪市の6つの事業所の平均です。ご参考までに!

 

車椅子 レンタルの流れ

 

 

 

利用するには、介護保険の認定が必要になり、ケアプランを位置付ける必要があります。

手順は、以下のようになります。

 

 

レンタルの流れ

介護認定を受ける

②ケアプラン作成者と契約

③ケアマネによるアセスメント

④サービス担当者会議

⑤ケアプランの作成

⑥サービス提供事業所と契約

⑦サービスの利用

 

サービスの利用の流れは、こちらでまとめています

介護保険 サービス利用の流れ
介護保険 在宅サービス利用までの流れを【ケアマネが解説】

続きを見る

 

 

軽度者と言われる要支援1・要支援2・要介護1の方は、基本的には介護保険での車椅子のレンタル利用はできません。

 

一定条件で利用できる場合があります

*主治医の了解を得たり、担当者会議を行ったり、ケアマネにケアプランを作成してもらって理由書を作成したりなど)

*軽度者(要支援1・2要介護1の方)に関しては、介護保険で例外給付がありますが適用範囲は狭いのでケアマネに必ず確認しましょう!

H22/10/25厚生労働省より 軽度者のレンタル

 

 

 

車椅子 レンタルのメリット・デメリット

 

 

車椅子 レンタルのメリット

 

レンタルのメリット

費用が安い

故障など無料で取り換えられる

使用しなくなれば返却できる

 

 

①費用が安い

 

要介護2以上で介護保険負担割合の方だと1か月160円~400円です。

 

 

②故障など無料で取り換えられる

 

レンタルなので万一故障しても、取り換えられます。

*使っていたらブレーキが利きにくい、タイヤがパンクしたなど無料で交換ができます。

 

 

③使用しなくなれば返却できる

 

 

入院中の介護保険レンタル費用について

入院中は介護保険から医療保険に切り替わるので、入院期間中はレンタル費用の請求はされません。

*入院・退院は、ケアマネに連絡すればレンタル事業所へ報告してくれますよ!

 

 

納品するレンタル品はすべて、きちんと消毒もしてくれていますよ!実際、1か月だけ車いすをレンタルして返却する方もおられますよ!

 

 

車椅子 レンタルのデメリット

 

レンタルのデメリット

介護認定が必要である

ケアマネを介するので時間がかかる

新品でないことが多い

 

①要介護認定が必要である

 

要介護認定を受けるために、認定の申請を出し、認定調査を受けて、認定結果が出るまで1か月から2か月かかります。

 

暫定で利用できる場合もありますが、リスクもあります。

 

認定結果の申請を出した時点で、暫定として介護保険でレンタルを利用できる場合があるので、ケアマネに確認してください。

思うような認定結果が出ない場合、全額自費になるので相談しましょうね!

 

 

②ケアマネを介するので時間がかかる。

 

ケアプランの作成や事業所への連絡。

事業所が在庫の確認などで数日かかります。

 

③新品でないことが多い

 

ちゃんと消毒もしてくれていますが、車椅子が新品でないことがほとんどである。

 

この記事のまとめ

車椅子 レンタルの費用

車椅子 レンタルの流れ

車椅子 レンタルのメリット

・費用が安い

・故障など無料で取り換えられる

・使用しなくなれば返却できる

車椅子 レンタルのデメリット

・介護認定が必要

・ケアマネを介するので時間がかかる

 

こちらで購入・レンタルのメリットデメリットをまとめています

車椅子 レンタルか?購入か?どちらがお得なの?【ケアマネが解説】

続きを見る

 

大阪市では、老人憩いの家で数日間なら車椅子をレンタルしてくれるところもありますよ!
車椅子を1日レンタルしたい!【ケアマネが解説】意外と知らない方法とは

続きを見る

-レンタル・住改・購入, 介護サービス

© 2021 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5