介護 転職

【介護職の転職体験談】転職者5人の苦労とやりがいをリアル公開!

 

介護の仕事は、好きなので続けたいけど…「今の職種は変えてみたい!」実際、職種を変えた方の体験談を聞いてみたいなあ!

 

そんな疑問にお答えします

 

この記事では

介護職の転職体験 良かった点や苦労した点は?

介護の未経験者や男性・女性でもできるの?

介護職の転職後にもらえる研修期間

介護職の職種を変えると輝ける

 

この記事の信頼性

自己紹介 デイサービス相談員

この記事を書いている私は、無資格・無経験でデイサービスに勤めました。

デイサービスから特養の介護職・在宅のケアマネへと転職も経験しています

 

介護の仕事は、好きだけど職種を変えるのは、不安で勇気がいりますよね。

 

今回は、実際に介護職の転職をされた方の苦労話や良かった点などのエピソードを公開していきます

 

介護職の転職体験 良かった点や苦労した点は?

 

介護職の転職体験 良かった点や苦労した点は?

 

今回の転職体験のエピソードは5人です。

5つの体験エピソード

体験談①ヘルパーからデイサービス職員へ

体験談②デイサービス職員からヘルパーへ

体験談③施設介護職からヘルパーへ

体験談④施設介護職から在宅ケアマネへ

体験談⑤一般企業からヘルパーへ

 

では、早速紹介していきましょう

 

体験談①ヘルパーからデイサービス職員へ

転職した理由

40代女性

Aさんは、以前ヘルパー事業所で働いていました。

以前の職場では、「有休はとらせてくれなかった」そうです。

上司は「大変な利用者の訪問」は、一切自分では行かずに、他のヘルパーに行かせていたとのこと。

少しでも、ミスをすると「罵倒し暴言」を浴びせてくる。

ストレスで仕事を辞めました。

ヘルパーの利用者から「デイサービスは、すごく楽しい」と嬉しそうに話されているのを見ているうちに、デイサービスの仕事に興味を持ち始めたようです。

現在も「デイサービス」で介護職として働かれています。

 

ヘルパーからデイサービスへ転職して良かった点は?

 

良かった点

・一人仕事の訪問介護とは違い、チームの仕事なので「大変なところ」「楽しいところ」を皆で共有できるところ

・レクリエーションや行事で「利用者がとても喜んで元気な姿が見れる」

・前のヘルパー事業所と違い「有休もとれる」し「年収も上がった」と話されています。

 

 

ヘルパーからデイサービスへ転職して苦労したことは?

 

苦労したこと

・入浴介助は、蒸し暑く体力がいる

・チームでの仕事なので、欠勤がでるとフォローが大変である

・利用者が多いので「名前と顔、身体状況、自宅」を覚えるのが大変でした

デイサービスでは、名前と顔、身体的な特徴だけでなく「自宅」を覚えるのが私も苦労した点です

 

今は、送迎の運転手さんをアルバイトさんで補っているところもあるようですね

 

デイサービスの仕事内容を詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください

デイサービスの仕事内容とは【元デイサービス相談員が解説します】

 

体験談②デイサービス職員からヘルパーへ

転職した理由

50代女性

Bさんは、以前デイサービスで働いていました。

デイサービスは、楽しかったのですが「入浴介助」で腰痛がひどくなってしまいました。

会社の待遇などには、不満が無かったので部署異動をお願いしたところヘルパーの仕事を提案されたようです。

デイサービスより「体力的にできそう」だと思いヘルパーへ異動されました。

現在もヘルパーとして勤務されています。

 

ヘルパー(訪問介護)とは

訪問介護とは、介護の資格を持った訪問介護員が要支援・要介護認定を受けた方の自宅へ訪問し、入浴、排泄などの「身体介助」や調理、買い物、などの「生活援助」を行うサービスです。

 

 

ヘルパーとして働いて良かった点は?

 

良かった点

・身体介助の利用者が少ないので、腰痛がなくなった

・デイサービスでは、利用者も多く業務が忙しかったので、利用者とコミュニケーションを取る時間が少なかったのですが、ヘルパーは利用者と1対1なのでコミュニケーションが増えました

 

ヘルパーで働いて苦労したことは?

 

苦労したこと

・外回りなので天候や「日焼け対策」が必要な所

・すぐにその場で「判断」する必要があるので、緊急時の対応など見直しをしている

 

登録ヘルパー(パート)は、緊急時など判断できなければサービス責任者(職員)に連絡するようになっているので安心ですね

 

サービス責任者は、登録ヘルパーさんの緊急の要件などに判断が求められます

 

ヘルパーの仕事内容については、こちらで詳しく解説しています

訪問介護の仕事内容とメリット・デメリット【現役ヘルパーから聞いた】

 

体験談③施設介護職からヘルパーへ

転職した理由

40才女性

Cさんは、特別養護老人ホームで働いていました。

特養の入浴介助のでは、1日80人を介助していたようです。

「決められた時間で多くの方の入浴介助をしているうちに、まるで芋を洗うような感覚になって、心苦しくなってしまいました。

私は、こんな気持ちで働きたくない。」

利用者にもっと寄り添える仕事がしたいと思って、ヘルパーに転職しました。

ヘルパーの仕事は、1対1で向き合うことができるので満足しています。」

 

ヘルパーとして働いてよかった点は?

 

良かった点

・子どもがいるので、日勤、日曜日も休みであるので働きやすい

・利用者に向き合って仕事ができること

 

ヘルパーで働いて苦労したことは?

 

苦労したこと

・外回りなので「日焼け対策」

・たまに「ゴミ屋敷」があり、害虫がいる

 

部屋を掃除しても、すぐに汚してしまう利用者がいますもんね

ケアマネも「スリッパ」は、欠かせません

 

体験談④施設介護職から在宅ケアマネへ

これ私です。

40才男性

私は、特別養護老人ホームで働いていました。

気持ちいいくらい「ブラック施設」で現場の介護職、施設ケアマネ、相談員、ショートステイ、オンコールをすべて一人でさせていただいていました。

そのため時間外だけで月に200時間ほどでしたね。

11年勤務して、勤務中に耳から血が出て辞めました。

在宅のケアマネへ転職して「人並みの生活が送れるようになりました」

 

 

今、思えば「もっと早くに辞めるべきでしたけど…その当時は、そのことを考えられなかったんですよ」

介護職 辞めたいのに辞めれない【困ってる人必見】解決方法とは?

 

ケアマネジャーとは

ケアマネジャーとは、介護保険制度に基づいてケアマネジメントを行うものを言います。

ケアマネ 仕事内容 何してるの?【現役ケアマネ】が解説します!

 

在宅ケアマネとして働いて良かった点は?

 

良かった点

・先輩や周りの事業所の方々にたくさん教わったこと

・有休も時間外ももらえる会社で働けたこと

・利用者の力になっているように思えること

 

在宅ケアマネとして働いての苦労したことは?

 

苦労したこと

・介護保険制度を覚えるのに苦労した

・ケアマネの仕事以外のことが多い(病院の付き添いなど)

 

最近では、どうしても病院の付き添いの待ち時間は「kindle」で本を読んでいます。

 

体験談⑤一般企業からヘルパーへ

転職した理由

50代女性

Eさんは、一般的で働いていました。

利益重視の企業に疑問を持ち始め、「直接、人から感謝される仕事をしたい」と想い「介護の仕事」を選ばれたようです。

一般企業で働きながら、仕事が休みの日に「介護職員初任者研修」を受講されていました。

実際、ヘルパーとして働けるのか?

資格を取得してから、本業が休みの日に「登録ヘルパー(パート)」として働き始めました。

ヘルパーの仕事に手ごたえを感じて、本業にしたいと思い転職されたようです。

 

ヘルパーとして働いてよかった点は?

 

良かった点

・徐々に利用者と信頼関係ができて「提案を受けいれてくれる」「頼りにしてくれている」「感謝されている」と感じれたとき

・利益重視だけでなく「利用者の生活をこうすればもっと良くなるかも」と話し合えること

 

ヘルパーで働いて苦労したことは?

 

苦労したこと

・良い提案をしても「どうしても受け入れて受けないこと」受け入れそうなタイミングを待っています

 

 

介護職の転職は無資格・男性・女性でもできるの?

介護職の転職は無資格・男性・女性でもできるの?

 

 

結論から言うと

 

介護職の転職は、無資格、男性、女性問わずに働くことができます

 

ただし、資格が無いと働けない介護の仕事もあるので説明していきますね

 

無資格でもできる介護の仕事

 

無資格・未経験でもできる介護の仕事は

・介護施設

・デイサービス

・デイケア

・訪問入浴

の4つがメインですね

 

私もはじめは、デイサービスで働いていました

 

実務経験を積んで、研修や試験を受ければ「介護福祉士」を取得することができますよ

 

無資格で未経験者の方は、介護施設、デイサービス、デイケア、訪問入浴がおすすめです。詳しく知りたい方は、下記をご覧ください。

 

無資格で働ける「介護の仕事」7つとは【無資格から現在ケアマネが解説】

 

資格が必要な介護の仕事とは

 

資格が必要な介護の仕事を紹介していきます

・ヘルパー(訪問介護)…介護職員初任者研修の受講

・ヘルパー(サービス責任者)…実務者研修が必要

・ケアマネ(介護支援専門員)…ケアマネの資格が必要

 

介護の仕事をされるなら、ゆくゆくは「介護福祉士」を目指す方が絶対いいです

 

理由は、「介護福祉士」を持っているだけで給与が月に2万円ほど違うからです

 

また、「介護福祉士」を持っていることでリーダーや主任などのポストに就くことが多くさらに手当てがつきます

 

資格の紹介は、こちらをご覧ください

ヘルパー資格取得方法は?【元講師が解説】受講後の卒業生は…

 

男性でも女性でも介護職のニーズはあるの?

 

男性でも女性でも介護職のニーズはあります

 

一昔前は、女性が多い職場で男性がかなり少なかったです

介護施設やデイサービス、ヘルパーさんでも男性は、以前より増えていますよ

 

介護の仕事は、男性でも女性でもニーズはあります

 

介護職 転職を考える男性が持つ不安3つ【男性元介護職が解説】

介護職の転職後にもらえる研修期間は?

 

介護職の転職後にもらえる研修期間は?

 

介護職に転職して、その職場での研修期間って気になりますよね

 

結論、研修期間は施設によりますが「私が勤めた施設」や「今の職場」の経験より研修期間を書いてみます

 

デイサービスの研修期間

 

では、デイサービスの研修期間を見てみましょう

 

・全くの介護ド素人さん…約1か月~1か月半

・介護経験あるが、デイサービス未経験…約3~5週間

・デイサービスの経験有…約1~3週間

*1日利用者20名以上を想定

 

私がデイサービスに未経験で、勤めた時の研修期間や転職後デイサービスで働いた経験で算出しています

 

もちろんデイサービスの規模によって期間は変わってきます

 

ヘルパーの研修期間

 

ヘルパーの場合は、先輩ヘルパーと一緒に入る回数です

・ヘルパーの経験なし…一人の利用者に対して1~2回

・ヘルパーの経験有…一人の利用者に対して1回

 

併設のヘルパー事業所での研修期間を参照にしています

 

ヘルパーの場合は、資格を取得しており「サービスの提供時間が短く、仕事内容も決まっているため」短期間で終えます

 

 

介護施設の研修期間

 

介護施設の研修期間です

・全くの介護ド素人さん…約1か月~1か月半

・介護経験があるが施設介護未経験…約1か月

・施設介護の経験有…約2~3週間

*1フロア20名を想定

 

私が特養で働いていた経験をもとに算出しています

 

こちらも施設の規模によって期間は変わります

 

どうしても研修期間内に業務が覚えれない時、不安な時は?

 

教えてもらっている先輩にお願いして、研修期間を増やしてもらいましょう

 

以前、私は特養夜勤のバイトに行きました。

 

夜勤業務にいっしょに先輩職員がつくのは、3回と言われていましたが

 

他のフロアの応援する時間もあり、覚えれなくて数回研修を増やしてもらいました。ほんと、感謝です。

 

介護の仕事は、利用者の健康、安全、安心を提供する仕事なので、無理せず研修期間の見直しをお願いしましょう

 

介護職の転職を体験すると今より輝ける

 

介護職の転職を体験すると今より輝ける

 

介護職で働いているけど、思うような手ごたえがつかめない方、やりがいを見失った方、新たに介護の仕事をしてみたい方

 

介護の仕事の種類は、たくさんあります

 

5名の介護職を転職された方の体験談を読んで、やってみたい仕事があれば挑戦しましょう

 

行動しないと何も変わりませんよ!

 

-介護 転職

© 2021 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5