介護 転職

介護職 転職(辞めた理由・選び方・転職体験談)をケアマネが解説!

 

介護職を辞めたけど…みんなの「辞めた理由」「次の職場の選び方」や「転職した体験談」など知りたいな!

 

 

在宅ケアマネの「しもやん」です。私も転職しました!職場のヘルパーさんやデイの職員さんも転職をされ、縁があって同じ職場で働いています。

 

 

私は、仕事を辞めると精神的にホッとしましたが、「次の仕事」を探すのに必死になっていましたね。

 

でも、また仕事を辞めたくなるような「職場」で働きたくないので、「慎重に職探しをしよう」と自分に言い聞かせていました。

 

今の職場や仕事は「最高」に楽しいですよ!

 

この記事では

介護職 転職の理由

介護職 転職の選び方

ブラック施設の見極め方

介護職 転職 体験談

おすすめ求人サイト

を書いています。

この記事を読めば、「介護の転職に役立つ情報」が得られます。

 

 

介護職員が転職した理由とは

 

転職した5つの理由とは

 

 

介護職の方は、どんな理由で退職したのかな?

 

 

理由は、令和元年の介護労働実態調査を見てみましょう!

 

 

 

令和元年度介護労働実態調査 介護労働者の就業実態と就業意識調査 結果報告書

 

 

前職を辞めた理由

①結婚・妊娠・出産・育児のため

②自分の将来に見込みがたたなかった

③職場の人間関係に問題があった

④収入が少なかった

⑤他に良い仕事・職場があったため

 

 

介護は、女性が多い職場なので①結婚を機に転職するかたも多いのですね!

 

 

転職理由のや面接時に退職理由を伝えるポイントを詳しくは、こちらでまとめています

介護職 転職(辞めた理由・選び方・転職体験談)をケアマネが解説!

 

 

介護職 転職の選び方

 

 

介護職 転職の選び方ポイントは?

 

 

介護の仕事で、職場を選ぶポイントがあれば教えてほしい!

 

 

私が転職した経験から「職場の選び方のポイント」を解説していきます。

 

 

職場選びのポイント

①人間関係が良好であるか?

②働きやすい環境か?

③給与・待遇面

 

 

ざっくり大きく3つに分けました。深堀りしていきますね。

 

 

①人間関係が良好であるか?

 

退職理由の上位にあったように「人間関係」これは、男女共に1番注目しているしているところですね。

 

人間関係」など入社前にすべて見えません。入社してわかることが多いです。

 

 

ただ、入社前でも「わかる」部分がありますので、参考にしてみてください。

 

 

面接の際に面接官を見る

 

まずは、面接官の雰囲気はどうだったか?

面接官を見るポイント

面倒くさそうな対応では、なかったか?

質問は、わかりやすいか?

メモはとっているか?

こちらの話をきちんと聞こうとしているか?

こちらの要望や質問に、きちんと答えようとしている様子はみられるか?

態度は横柄でないか?

 

 

②働きやすい環境か?

 

こちらも退職理由の上位にあったように「結婚・妊娠・出産・育児」と関係しています。

 

 

重視するポイント

日勤で働きたい

自宅から近い

残業が無い(ほぼ無い)

日・祝休みがとりやすい

希望公休が取りやすい

など

 

条件を満たしやすい介護の職種は

・デイサービス・デイケア

・訪問介護・ケアマネ

・福祉用具専門員・訪問入浴

など

 

これらの職種では、夜勤はないはずです。デイサービスやヘルパー事業所は、日曜日に休業しているところも多くなっています。

 

こちらでは、情報公開システムを使った失敗しないための方法をまとめています

【介護職 転職】失敗しない攻略法をケアマネが徹底解説!

 

 

③給与・待遇面

 

まず、介護職の平均収入を知っておくほうがいいですね。

平成30年国税調査では

 

 

日本国民の平均年収は、440万円です。

 

平成30年度介護従事者処遇状況など調査結果の概要 厚生労働省

 

介護職の平均給与は月30万円となっています

 

 

年収で約360万円ですね

 

年収の比較

日本国民の平均年収 440万円

介護職の平均年収 360万円

その差は、約80万円

 

この額(平均年収360万円)より大きく下回るようなら、転職先の候補から外す検討をしても良いと思います!

 

 

「労働条件の悪い施設」の見極め方

 

 

 

「ブラック施設」を見つけるポイント

 

 

以前、ブラック施設で勤務していたので見極めるポイントを教えます

 

 

ブラック施設を見極めるポイント

自分たちは「地域で1番のサービスをしています」アピールする施設

「アットホームで仲がいい!」を前面に押し出すところ

いまだにタイムカードではなく「出勤簿」のところ

常に求人が出ているところ

行事が多すぎるところ

仕事の情報収集を「出勤前に強要するところ」

面接官が「残業」や「時間外」の話をうまく答えれない所

行事などの立案・企画・準備は、業務内でできるものでしょうか?と聞いて面接官が答えれない

 

 

 

 

転職した介護職の体験談

 

 

 

 

ここでは、ヘルパーからデイサービスへ転職した方の体験談を紹介しますね

 

 

「ヘルパー」から「デイサービス職員」へ転職した体験談

40才女性

Aさんは、以前ヘルパー事業所で働いていました。

そのヘルパー事業所では、「有休はとらせてくれない」職場だったそうです。

そのうえ、上司のサービス責任者は「大変な利用者の訪問」は、一切行かずに他のヘルパーに行かせていたようです。

何か、ミスをすると「罵倒し暴言」を吐いていたとのこと。

ストレスで仕事を辞めました。

ヘルパーの利用者から「デイサービスはすごく楽しい」と嬉しそうに話されているのを見て、デイサービスの仕事に興味を持ち始めたようです。

現在も「デイサービス」で介護職として働かれています。

 

デイサービスとは

在宅で予防・介護認定を受けている方(要支援1・2、要介護1~5)が日帰りで利用する介護サービスです

デイサービスとは【元デイサービス相談員・現役ケアマネが解説します】

 

 

デイサービスで働いてのメリットは?

 

メリット

チームの仕事なので「大変なところ」「楽しいところ」を皆で共有できるところ

レクリエーションや行事で「利用者がとても喜んで元気な姿が見れるところ」

前の職場より、「有休もとれる」し「年収も上がった」と話されています。

 

 

デイサービスで働いてデメリットは?

 

デメリット

入浴介助など体力がいる

チームでの仕事なので、欠勤がでると大変である

 

 

 

おすすめ求人サイト

 

一人で就職活動は、非効率です。

無料の就職エージェント(登録すると無料で相談、履歴書の添削、待遇の交渉など)を活用しながら「自分でも情報を取り」にいきましょう!

 

 

かいご畑


・「介護職員初任者研修」を無料で取得することができます。普通なら10万円近くかかります。資格を取れば、収入のUPに繋がりますよ!

・資格無し未経験の求人も多いです。

朗報!資格が無料で取れる【かいご畑】現役、ケアマネが解説します!

詳しくはコチラ

 

マイナビ介護職


・職場の雰囲気を先に教えてもらえる
・職業紹介優良事業所認定を獲得している
・好条件の正社員求人も多数

一番驚いたのは、私が以前勤めていた「ブラック施設は省いてくれています」

職員の定着率が悪い職場は、「紹介しないシステム」になっています。素晴らしい!

詳しくはコチラ

 

カイゴジョブ

月間40万人以上が利用している、介護や福祉の仕事を専門に扱った業界No.1の求人情報サイト・カイゴジョブ。介護や福祉の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで検索。

詳しくはコチラ

 

シカトル


今後、高齢者への仕事のニーズは高まります。資格を取れば、就職時にも有利ですしヘルパーなら隙間時間で働くことも可能ですよ

詳しくはコチラ

 

 

 

この記事のまとめ

介護職 転職の理由

介護職 転職の選び方

ブラック施設の見極め方

介護職 転職 体験談

おすすめ求人サイト

 

「いろいろな理由」で転職することもあるでしょう!

 

私は、これからも「自分が楽しいと思って」仕事をしていきたいです。環境を変えることも選択の一つです。心の持ち方一つで「楽しく、ワクワク」するかもですよ!

 




-介護 転職

© 2021 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5