介護 転職

介護職の職場 選び方を3つのステップで解説【転職経験者のケアマネ】

介護職の仕事を探しています。自分にあった職場の選び方を知りたいな。何か職場選びのコツがあれば教えてほしい。

 

そんな疑問にお答えします

 

本記事では

介護職 職場選びをする前に考えておくべきこと

介護職の職種選びのコツ

介護の職種から職場を選ぶ方法

を書いていきます。

 

この記事の信頼性

自己紹介 デイサービス相談員

この記事を書いている私は、無資格・無経験でデイサービスに勤めました

デイサービスから特養の介護職・在宅のケアマネへと転職も経験しています

 

転職は、人生の中でインパクトのあることですから、職場選びを失敗したくないですよね

 

と言っている私は、一度転職に失敗しています。

 

その経験をもとに、介護職の最適な職場選びのコツを3つのステップで解説していきます

 

3分で読めて、失敗しない選び方が学べます。最後まで読み進めてみた下さい。

 

 

介護職 職場選びをする前に考えておくべきこと ステップ①

介護職 職場選びをする前に考えておくべきこと ステップ①

転職で失敗する人の多くは、「今の状況を脱したい、転職できればどこでもいい」と考えています

 

辛い職場なら、なおさらですよね。

 

でも、それでは失敗する確率があがりますよ

 

職場選びをする前に考えておくべきことは、以下の3つです

 

転職の目的を明確にする

将来のこと

いつまでに入社を目指すのか

 

1つずつ紹介していきます

 

転職の目的を明確にする

 

転職する前に考えておくべきこと1つめは

 

転職の目的を明確にするです

 

「今すぐ辞めて、次考える。とりあえず、正社員で!」という考え方では、また転職しないといけなくなりますよ

 

あなたが転職したい理由を紙にでも書いてみましょう

 

例えば

「体力的にしんどい」⇒「なぜ体力的にしんどいのか?」⇒「夜勤が多いからしんどい」⇒「なぜ夜勤が多くてしんどいのか」⇒「人員が少ないので夜勤の回数が多い。夜勤だと生活リズムを合わせられず、日勤務の前夜眠れない」

 

このように、紙に書いていくことで「夜勤が少ない職種」または「夜勤がない職種」を選ぶことに繋がります

 

転職で失敗しないためには、転職の目的を明確にするべきです

 

将来のこと

 

転職する前に考えておくべきことの2つめは

 

「将来のこと」を考えましょう

 

先ほども書きましたが、今の状況を脱したいために「取りあえず今すぐ辞めて、次考える」では、また同じ失敗を繰り返します

 

例えば

・「ヘルパーの仕事について、経験や人脈をつくり5年後には独立する」

・「介護の仕事で経験を積み、社会福祉士を取得して、福祉枠として採用している公務員になる」

・「子どもがいるので、夕方には帰りたいし休みは一緒にいたい」

 

自分サイズでいいので、将来を考えると選ぶ職種がどんどん明確になっていきます

 

いつまでに入社を目指すのか?

 

転職する前に考えておくべきことの3つめは

 

「いつまでに入社を目指すのか」です

 

ただ、漠然と辞めてから考える…では、辞めるのを引き止められればズルズル伸びてしまいます

また、計画性もないので退職してから探しだすと

・今まで入ってきていた給料は、入ってこない

・年金・保険などの支払いが来る

・朝に通勤している人を見て、自分は働いていない

 

と「焦り」慌てて職場を見つけ就職できたことにホッとしてしまいます。

 

入社時期をある程度決めておくと、計画が立てられ志望動機や自己PRを考えたり、働きたい職場を更にリサーチする時間を確保できます。

そのように準備をすれば、調査もしないで焦って職場を見つけることもなくなりますよ

 

計画通りに行かなくても良いので「いつまでに入社を目指すのか?」を決めましょう!

 

 

介護職の職種選びのコツ ステップ②

 

たくさんのドア

 

 

介護職の職場を選ぶ前に「職種」選びのコツを書いていきます

 

介護に関する資格の有無で職種を決める

 

職種選びの1つめは、介護に関する資格があるか?ないか?です

 

例えば、いくらヘルパーさんとして働きたいと思っても、ヘルパーとして働くには資格が必須になります

 

「資格が必要な職種」と「無資格でも働ける職種」を紹介しますね

 

資格が必要な職種

・ヘルパー

・ヘルパーサービス責任者

・デイサービスの相談員・デイケアの相談員・介護施設の相談員

・福祉用具のレンタル

・ケアマネ

など

 

無資格でも働ける職種

・デイサービス介護職

・デイケア介護職

・訪問入浴介護職

・介護施設の介護職(特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、有料老人ホーム、グループホームなど)

 

介護の資格の有無で、職種が絞れます

 

無資格で働ける介護の仕事をこちらで詳しく説明していますのでご覧ください。

無資格で働ける「介護の仕事」7つとは【無資格から現在ケアマネが解説】

 

ライフスタイルや退職理由で職種を決める

 

職種選びの2つめは、ライフスタイル、退職した理由で決める

 

介護職の職種で働き方にいろいろな特徴があるので、あなたのライフスタイルや転職した理由で選ぶことができます

 

例えば

あなたが、家事や子育てが必要で夜勤の無い職種を希望すると

・デイサービス

・デイケア

・ヘルパーなどの職種が候補になります

 

 

ライフスタイルや辞めた理由などを当てはめた職種別の表を見てみましょう

 

*注意)あくまでも私の周りの事業所を参考にしています

デイ・デイケア ヘルパー 訪問入浴 介護施設 福祉用具 ケアマネ
必要な資格 特になし 介護職初任者研修 特になし 特になし 福祉用具専門員 介護支援専門員
日勤なので生活リズムが整えられる 日勤 日勤 日勤 夜勤あり 日勤 日勤
人間関係 チームで働く時間が多い 個人で働く時間が多い 極数名で働く時間が多い チームで働く時間が多い 個人で働く時間が多いがノルマなど厳しい 個人で働く時間が多い
賃金(月) 288351 ~315074円 315262円 319959円 341460円 375802円 363346円
体力 まあまあいる いらない とてもいる 凄くいる あまりいらない いらない
盆・正月休み・有休の取りやすさ 正月は休みだが、取りにくい 取りにくい 正月は休みだが、取りにくい 取りにくい 取りやすい 取りやすい

 

令和2年介護事業経営実態調査 厚生労働省(給与を参照)

 

ライフスタイルや辞めた理由で職場を選ぶほうが、働きやすく感じませんか?

 

 

介護の職種から職場を選ぶ方法 ステップ③

 

どの方向に行くか迷っている

 

介護の職種から職場を選ぶ方法を3つ書いていきます

転職エージェントを活用する

自分で探してみる

知り合いに紹介してもらう

 

転職エージェントを活用する

 

介護の転職エージェントを活用します

 

私も登録をしてみました。一人で求人を探すより「より多くの情報を得られます」

 

理由は、

・非公開求人の情報を得られる

・時間の節約になる

・エージェントと相談しているうちに考えがまとまる

・定着率が悪い職場を避けて紹介してくれる

・給料や待遇など条件の交渉をしてくれる

 

非公開求人は、自分で情報を得ることは不可能なので活用すべきですね

 

オススメは、介護初任者研修を無料で受けられる【かいご畑】定着率の悪い職場を避けて紹介してくれる【マイナビ介護職】です

 

介護の転職エージェントは、複数登録する方がたくさんの情報を得ることができるので活用しましょう

 

自分でも情報収集する

 

転職のエージェントだけでなく、自分でも情報収集をしてみましょう

 

情報収集は、ハローワークなどではなくて

オススメは、介護サービス情報公開システムを使った方法です

介護情報公開システム

介護サービス情報公開システム

 

介護サービス情報公開システムの最大のメリットは、前年度職員の退職者数なども見ることができます

退職者が多いと就職を避ける選択ができますからね

 

介護サービス情報公開システムを使った分析方法は、こちらの記事で解説しています

 

自分でも情報収集をしてみましょう

 

知人に紹介してもらう

 

知り合いに職場を紹介してもらう方法もあります

 

紹介してもらう理由は、自分のことを知ってくれているし、変なところ(ブラックなところ)を紹介しないはずです

 

ただ紹介してもらって働き始めて、辞めたくなったときに「気兼ねしてしまう」デメリットもあるので注意しましょう

 

知り合いに職場を紹介してもらうのも、選択肢の一つにしても良いかもしれませんね

 

まとめ:納得のいく職場を選び転職しましょう

 

女性が楽しんでいる

 

 

介護職の職場 選び方を3つのステップで解説しました

 

実際は、働いてみないとわからないこともありますが、何を基準にして選ぶのかが大切です

 

働いてみて、精神的・肉体的に継続できないと思えば「また転職すればいいや」ぐらいでいいのかもしれませんね

 

今回は、以上になります

 

-介護 転職

© 2021 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5