訪問リハ・訪問看護 介護サービス

介護保険 訪問リハビリ【ケアマネが徹底解説】対象者・利用の流れ・料金

 

「介護保険で訪問リハビリを利用するには、どうすればいいのですか?利用料金はいくらぐらいですか?」

 

 

在宅ケアマネの「しもやん」です。訪問リハビリを利用する手続きの流れや利用料金、リハビリの時間など分かりやすく説明していきますね!

 

 

この記事では

訪問リハビリとは

訪問リハビリの対象者

訪問リハビリの時間・料金

訪問リハビリを利用するまでの手順

を書いていきます。

この記事を読めば「介護保険の訪問リハビリ」が分かります。

 

 

私の担当者では、現在4名の訪問リハビリを受けられていますよ。 利用者や家族さんも訪問リハビリに満足されていますよ

 

 

訪問リハビリとは

 

 

訪問リハビリとは

訪問リハビリとは、主治医が必要と判断した要支援・要介護者の自宅に理学療法士、作業療法士などのリハビリ専門職が訪問しリハビリテーションをおこないます。

 

 

身体機能の維持や向上、自立した日常生活を目指したリハビリを提供しています。

主治医が必要と判断しないと本人が利用したくても利用ができません。

 

 

しもやんの職場周辺では、訪問リハビリの事業所も増えてきています。

 

 

以前は言語聴覚士の訪問リハビリは、少ない印象でしたが最近は増えてきています

 

 

訪問リハビリの対象者

 

訪問リハビリ対象者は

介護認定を受けている要支援1・2と要介護1~5の方です

 

 

介護認定を受けたい方は、こちらの記事を見てください

介護保険 申請の条件・流れ・タイミングを【ケアマネ】が解説します!

続きを見る

 

40~64歳でも介護認定を受けていれば利用できます。

主治医から「訪問リハビリテーションが必要」と認められた方が対象になります。

 

 

ポイント

訪問リハビリは、外出できない方だけでなく

退院後、自宅の環境に合わせた動作を訓練する場合にも利用します

 

 

自宅の環境に合わせた?

それってどういうこと?

 

 

退院後、自宅で介護ベッド・手すりなどを初めて導入した場合、手すりのどこを持って移動したほうが安全か?などを訪問リハビリさんが指導・訓練してくれます。

 

 

訪問リハビリ利用までの手順は?

 

利用までの手順

ケアマネに相談

主治医に指示書を書いてもらう

サービス担当者会議

ケアプランの作成

訪問リハビリの事業所と契約

 

ケアマネに相談!

 

 

サービス事業所の特徴をよく知っているケアマネに相談するのが、手っ取り早いですね。

 

 

ポイント

*現在、入院中の方でケアマネがついていない場合は、病院にソーシャルワーカーさんに相談しましょう!

もし、入院中の病院にソーシャルワーカーさんがいなければ、「地域包括支援センター」か近隣の「居宅介護支援事業所」に相談しましょう!

 

 

こちらで、最寄りの「地域包括支援センター」「居宅介護支援事業所」を探せますよ!

 

 

介護 情報公開システム

 

 

②主治医にリハビリをしたい旨を伝え、指示書を書いてもらう!

 

本人か家族が主治医に訪問リハビリをしたい旨を伝える。

ケアマネが主治医に利用したい旨を伝えることもあります。

 

まずは、主治医に訪問リハビリを利用する了解を得ることです。

 

③サービス担当者会議

 

本人、家族、ケアマネ、サービス事業所との話し合いをおこないます。

 

④ケアプランの作成

 

ケアマネがケアプランを作成し、訪問リハビリが利用となります

 

⑤訪問リハビリの事業所と契約する

 

訪問リハビリをしてくれる事業所と契約をします。

 

 

どのリハビリ事業所がいいのか?わからないわ?

 

 

どの事業所がいいか、迷うときはケアマネに相談しましょう!たいてい、お付き合いがあって信頼できる事業所を紹介してくれますよ。

 

 

*主治医への指示書については、リハビリの事業所が主治医とやり取りをしてくれますので心配いりませんよ!

 

 

訪問リハビリの時間・料金

 

 

訪問リハビリですが、だいたい1回40分のリハビリ時間となっています

 

 

利用料金

1回あたり約650円(介護負担割合証1割の方)ですね。

様々な加算(リハマネ加算、社会参加支援加算、短期集中リハビリテーション実施加算)がついてくる場合があるので、ケアマネに確認をしましょう!

 

 

リハビリは、週何回が効果的?

 

 

本当にリハビリで成果を求めているなら、週2回は利用をおすすめします。 そして、リハビリの方が来ない日は「自分でできること」はおこないましょうね

 

 

*訪問リハビリの先生に、自宅でできる運動メニューを作ってもらうのもいいと思いますよ

 

 

訪問リハビリを利用した事例

 

 

 

事例Aさん

週3回の透析を受けていました。

足の爪切りを自分でされて失敗して指を切ってしまいました。

それが、原因で足先が壊死してしまい切断となりました。

*足の爪切りが原因で足先が壊死して切断するケースは少なくないようですよ

 

 

Aさんは、切断後入院先でリハビリを頑張っていました。

退院前に専門職が集まって自宅に帰ったらどのような介護サービスを利用すれば、自立した生活ができるのか検討しました

 

本人は、

 

自宅へ帰れば、リハビリをして自分で近所のスーパーへ買い物に行きたい

 

 

わかりましたよ。退院したら、訪問リハビリさんに自宅でリハビリしてもらうように依頼しますね。

 

 

*入院中に主治医から訪問リハビリの指示書を書いてもらうことができました。

 

退院後、

訪問リハビリを週2回利用することになり、約2か月で歩行器を使用しながら、近隣のスーパーまで買い物に行けるようになりました。

 

そして、訪問リハビリは終了となりました。

 

現在も歩行器を利用して、近所のスーパーに買い物に出かけています

 

この記事のまとめ

訪問リハビリとは

訪問リハビリの対象者

訪問リハビリの時間・料金

訪問リハビリを利用するまでの手順

 

 

元気になるのは嬉しいのですが、スーパーに好きなだけ買い込んでしまうので、困ったものですよ

 




-訪問リハ・訪問看護, 介護サービス

© 2021 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5