ケアマネ 介護サービス

脳梗塞 介護保険 を申請し退院までにする準備は?ケアマネが解説します!

 

脳梗塞で以前のように元気に動けない。

退院したら、生活が不安だ!何をしていいのか?わからない

 

「お父さんが退院したら生活ができるのか?

心配だし、何を準備していいのかわからない。」

 

今回は、「脳梗塞で入院された方の事例」を通じて、

ご家族が退院までにやっておいたほうがいい準備について解説したいと思います。

家族の方の参考になれば嬉しいです。」

 

この記事では

・入院中にしておく準備

・入院中にケアマネと相談し準備したこと

・退院後にすること

 

を解説していきます。

 

 

脳梗塞 介護保険 を申請し退院までにする準備は?ケアマネが解説します!

入院中にしておく準備

 

①介護保険の認定申請をしましょう!

(現在、大阪市では申請をして結果が出るまで約2か月かかっています)

 

基本的に介護サービスを受けられる方は

1 入浴、排せつ、食事などの日常生活動作について介護が必要か?

2 心身の状態が改善する可能性が高い方で日常生活の一部に支援が必要な方

です。

脳梗塞を患っても、すべて他人の手を借りなくてもできる状態なら介護保険の申請をしても「非該当」と判断され介護サービスは受けれない場合があります。

 

介護保険の申請方法はこちらを参考にしてください

介護申請する タイミングはいつがいいの?どこですればいいの?

 

 

②ケアマネジャーを探しておく

※なぜ早めに探すのか?私の区では、ケアマネを探すのも大変になってきています。

理由は、ケアマネをしている人が少ないのに、介護保険が必要な高齢者が増えてきているからです。

ケアマネの探し方

・当事者が住む、近くの居宅支援事業所を役所に聞いたり、病院にソーシャルワーカーさんがいれば相談しましょう!

・もちろん、ネットでも検索できますよね。

 

ただし、ケアマネもなかなか忙しいので

 

せめて、訪問調査が終わってから相談するほうがいいです。

 

(なかには、介護度が決定してから相談してくださいと言われることもあると思います。介護度が決定すれば動きやすいので…)

 

訪問調査の時に調査員さんが、調査票を残してくれます。

 

訪問調査の内容がわかれば、おおよその介護度の見込みが立ちます。

 

介護度の見込みが立てば、介護サービスのプランが組みやすいのです。

 

では、事例を見ながら入院中に準備したことを紹介します。

 

脳梗塞で入院中にケアマネと相談し準備したこと

 

Xさんの紹介

・兄と二人暮らし(兄はあまり介護に関心なし)

・兄は2階に住んでいて、本人は1階に住んでいる

・兄は、朝早くから仕事に行くことがある(不定期)

・本人は、数か月前に脳梗塞になり入院。リハビリをしているが、右側上下肢軽度の麻痺がある。

・起き上がりは困難であり、立ち上がりは手すりがあれば可能。

・トイレや食事は自立。

・服薬は促して飲めている。

・自宅での入浴は困難であり、退院後もリハビリは必要。

 

病院のソーシャルワーカーさんや看護師さんも交えて退院に向けて話し合いを行いました。

 

・「ベッドが必要」 床からの起き上がりができない

・「自宅での入浴はできない。デイサービスの利用」 自宅の浴槽がまたげないし、洗体も介助が必要

・「トイレや玄関に手すりが必要」 立ち上がりは支持物が必要

・「退院後もリハビリは必要。デイサービスの利用」病院でも自主的にリハビリはされない

・「服薬は促して飲めている」

 

大きく4つの課題がありました。

 

自宅へレンタル事業所と訪問する

レンタルを導入する前に、自宅の環境を確認します。

 

本人の部屋を確認し、すべての動線を確認します。

玄関⇔ベッド⇔トイレまでは、壁を伝いながら歩けそうです。

 

トイレは、洋式ですが手すりがないため「レンタルの手すり」のサイズを確認しました。

 

 

ベッドの置き場所の確認を行いました。

 

 

玄関で座って靴が履ける手すりを置く場所の確認をしました。

 

 

 

退院の日の前日に、レンタルを入れる段取りを行いました。

 

その他の準備

通院は、どこにするのか?

近隣の医院にするようなので、入院中の病院へ紹介状の依頼

通院は親戚が付き添う

 

服薬は確実にできるのか?

薬は1包化にし、朝だけにしてもらう

退院後は、服薬カレンダーに入れてもらう

 

食事、はどうするのか?

同居の兄は、介護にあまり関心がないようなので宅配弁当を注文するとのこと。

 

デイサービスの紹介

入浴もリハビリにもできるデイサービスを紹介し退院後利用できるようにする

 

介護保険の結果は要支援でした

退院後に地域包括支援センターの方と契約日時を決める。

 

退院後にすること

 

介護保険は、契約制度です。

もちろん契約には、費用は掛かりません。

契約した事業所によって、支払い方法が異なるので必ず確認をしましょう!

 

・地域包括支援センターと契約をする

要支援の方は、地域包括支援センターと契約をしなければ介護のサービスを利用できません。

 

・レンタル業者と契約をする

レンタル料金の説明・支払い方法など

 

・デイサービスと契約をする

デイサービス料金の説明・支払い方法・緊急時の連絡手順・持ち物の確認・送迎時間の確認など

 

まとめ

 

事例の方のように

 

介護が必要そうなら入院中に介護保険の申請はしておくべきですね。

 

介護の申請をして、介護度が入院中に決定していれば

 

具体的なサービスの利用がはっきりとわかります

 

迷ったら病院の相談員さんや地域包括支援センターに相談することをおすすめします。

 

 

 

 

-ケアマネ, 介護サービス

Copyright© 介護 しもやんブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.