介護サービス 介護マニュアル

介護マニュアル (施設・デイサービス・ヘルパーも利用できる内容)

デイサービスで働いているけれど、介護マニュアルがないので困っています

 

事業所によっては、介護マニュアルがないところもあるようですね。事業所によってハード面も変わるので、参考程度に見てもらえればうれしいです

 

この記事では

・入浴介助 マニュアル

・着脱介助 マニュアル

・食事介助 マニュアル

・排泄介助 マニュアル(トイレ介助、おむつ介助)

・送迎 マニュアル

を書いています。

 

新人さんにもわかりやすく、かなり細かく書いています。

 

介護マニュアル

 

入浴介助 マニュアル

消毒や温度は、施設ごとにアレンジしてくださいね。

 

<入浴の意義>

1、皮膚の粘膜、毛髪の汚れを取り除いて清潔にし、感染を予防する。

2、心理的、肉体的に気分を爽やかにする。

3、皮膚の新陳代謝、血液の循環をよくする。

4、筋肉の緊張緩和や痛みの軽減といった働きや排泄作用の促進を助ける。

5、湿疹・褥瘡等皮膚の全身状態を知る。

<留意点>・プライバシーに配慮し安全第一を意識して入浴介助を行う

1、 窓を閉め、浴室の温度を設定する(24℃±2℃)→浴室・脱衣場との温度差をなくすことで血管の急激な収縮と血圧の急上昇を防ぎ、心筋梗塞、脳梗塞、脳出血などを起こす危険を予防する。

2、 湯の温度は、(夏場6月~40.5℃・冬場12月~40.0℃ 約1分半を目安に声掛けを行いまだつかりたい方は30秒後に再度声掛けを行う。)
*41℃以上には、心筋梗塞、脳梗塞、脳出血を引き起こす要因となるので絶対にしない。死亡事故が多い。(札幌厚生病院循環器科より)

3、 利用者にとって急激な温度差は危険なので心臓から遠い部分に湯をかけ、その温度に馴染むようにする。湯をかける際、湯温が急に変化することがある為、介助者自身の手にかけながら行う。

4、 注意すべき疾患や体調不良の利用者の場合、医師・看護師の指示を受ける。

5、 入浴前に排泄を済ませておく。

6、 空腹時、食事直後の入浴は避ける。

7、 心臓の負担や体力の消耗が大きくなり、高血圧・脳貧血・湯冷めや転倒といった危険があるので十分配慮する。心臓の負担を避ける為首までつからない。

8、 人格を最大限に尊重し、プライドを傷つけるような言動を慎む。

9、 利用者へ安心感を与え、気持ちよく入浴してもらう為の声かけを多く持つ。

10、介助にあたっては、残存能力を活かしつつ目配り、気配りを忘れない。

11、介助者は手足の洗浄、消毒を行ない、感染予防に努める。

*利用者にとって入浴は大きな楽しみだが、身体の状態によっては非常に危険な場合が多い、介助者は諸注意をしっかり把握する必要がある。

*着脱衣見守りの必要な利用者や、ADL状態、当日の体調等から、介助方法や対応が変わる場合がある為、業務開始前に、内介者・着脱者・誘導者が情報交換を行い処遇の確認を行う。

*洗体時は、御利用者の皮膚は弱い為、皮膚を擦りすぎないようにする。

*伝染性の疾患に対しては、Dr,、NSの指示を仰ぐ。→感染予防マニュアルを参照

 

入浴介助 一般浴(内介者)

<準備>

1、当日の入浴者の対応の確認

2、機械浴槽・一般浴槽側個人浴槽に湯を入れる。

3、上がり湯の準備を行う。(〇〇を入れる)

一般浴槽 〇杯、特別浴キャップ〇杯

4、特別浴側、一般浴側双方に使用済みタオルを入れるバケツと便清拭を入れるバケツと便清拭用の過酸化水素を入れるバケツを用意する。(お湯を入れ過酸化水素をしっかり溶かす)

5、残留塩素(大腸菌等感染予防の為)は内介者が責任を持って測定し、チェックファイルに濃度と測定者の名前を記入する。(濃度0.4~0.6)

・一般浴槽:次亜鉛素コップ半分を浴槽に入れる。(一般浴側に用意しているコップを使用)

・特別浴:次亜鉛素をペットボトルのキャップ半分、浴槽に入れる。

・個人浴槽:次亜鉛素は補充しない。AM、PM共にお湯を張っておく。(一人でも使用すればお湯を抜き、浴槽をマジックリンで掃除する。使用者がいなければ掃除の際に使用する。)

・AM.PMともに1時間後に濃度を測定し0.4~0.6の範囲でなければ、次亜塩素を補充し再度測定する。

<手順>

1、 独歩の方は、脱衣場から洗い場の椅子まで誘導し、座る前に湯をかけ椅子を温める。チェアは移動前に手すりを横向きにする。タオルは濡れないようにシャワー横の手摺りにかける。

2、 CWがまず湯温を確認し、次に利用者の健側の手で確認行い、足元から湯を馴染むようにかけていく。その際、湯温の変化に対応できるよう、介助者自身の手にかけながら行う。

3、 洗髪介助
・ヘアピン、補聴器がないか確認し、あれば、ヘアピンは専用の入れ物に入れ、補聴器は着脱者に渡す。頭にシャワーをかけることを伝え、根元から毛先にかけ毛髪全体にかけていく。
・シャンプーを手の平に出し、利用者に痒い所を聞き、片手で頭を支えながら片手の指の腹でしっかり洗う。その後、湯温に気をつけ利用者の耳に湯が入らないよう配慮しながらシャワーでしっかり洗い流す。自分で耳を押さえられる方は、抑えてもらう。髪をタオルでしっかり拭き取り、耳の中、耳の裏側も拭く。
*シャンプーを洗い流す際は、前面を手でカバーする。またはシャワーの角度を変える等の工夫をし、呼吸しやすい状態になるよう配慮する。*シャンプードレッシング容器から、直接頭にかけない。

4、洗顔介助
・介助が必要な方のみ行う。介助者の手の平に石鹸をつけ泡立て、まぶたの上を避け洗顔する。続いて乾いたタオルで石鹸を概ね拭き取る。高齢者の皮膚は、非常に弱く石鹸が残るとかぶれの原因になる為、そのタオルをもう一度湿らせ二回以上石鹸が拭き取れるまで丁寧に拭き取る。

5、洗身介助
・タオル(洗髪で使ったタオル)を湯で湿らせ、石鹸をつけ泡立てる。利用者の手の届かない所(背中・臀部・足先等)や片麻痺の方であれば健側の手足・患側の細かい所(脇の下・窪んだ所・拘縮部分)等介助する。タオルは、介助者の手のひらに収まる大きさにたたむ。(長いと石鹸が飛んだり、冷めてしまう為)
・背を洗う際、片手で体を支え、片手でしっかり洗い痒い所を聞く。臀部のしわ、胸の下等皮膚が重なっている所は状態観察を行いよく洗う。流す際も泡が残らないようにしっかり洗い流す。

・ 首・腕・胴体・足・陰部・臀部・肛門の順で状態観察を行いながら洗っていく。足先は介助者の手で石鹸を泡立て指の間を洗う。臀部を洗う前には、しっかり全身のシャンプーを洗い流し、手摺りを持って立ってもらう。又立位が不安定な利用者の場合、二人介助で臀部を洗う。洗い終わったタオルは軽く下洗いし、ハイターバケツに入れる。汚染タオルは、下用バケツに入れる。(タオルを入れる際は、渋きがご利用者に
かからないように投げ入れない。)
*冬場、状況に応じて洗身介助途中でも本人の確認をとりお湯をかけるなどし体を冷やさないようにする。

6、転倒に注意し、浴槽に誘導する。介助者はスリッパを脱いで浴槽内に入る。(導線におかない)
静水圧により心臓に負担がかかり、高血圧、脳貧血を防ぐ為、入浴時間は約1分半を目安に声掛けしまだつかりたい方は30秒後に再度声掛けする。入浴後4~5分で収縮期血圧(最高血圧)は、入浴前と比べると5~30%低下する。浴槽から出る立位動作に伴いさらに下降する場合があり、湯あたり、湯のぼせが生ずる。(東京都老人総合研究所より)独歩の方は、歩行介助し、階段から浴槽に入る。
チェアーの方はスロープから浴槽に入る(移動前に手すりを横向きにする)。チェアーで入る前には浴槽を見てもらい後ろ向きにスロープから入ることを伝える。チェアーから浴槽内のイスに移りかえる。(基本は横向き)チェアーは入浴中、壁側につける。(傍に置くと自力で移乗しようとされ転倒の危険があるため)

7、最後にかけ湯を行う(ss、DSの方)。ホームの方は個浴の湯でかけ湯を行う。かけ湯を行う際はまず、介助者が湯温を確認し、利用者に健側の手で確認してもらい、片手で体を支えながら足元からかける。スキントラブルのある方は、皮膚を刺激する為、普通の湯でかけ湯を行う。かけ湯を行った後、車椅子対応の方は着脱者が車イスを持って、内介者と着脱者の二名でチェアーから車椅子へ移乗する。湯冷めしないよう、かけ湯後はすぐにバスタオルをかけ脱衣場に誘導する。

*浴室に御利用者がいる場合は、実習生ではなく必ず職員が見守りをおこなう。
*洗身時チェアーで、立位をとる際は、床に石鹸などあればシャワーで流し立位時に片手で体を支えながら洗う。チェアーに座る際は、体とチェアーを支えながらおこなう。
*チェアーでスロープを使用する際や移動時は、腕を肘の中に入れてもらい、フットレストに足を乗せてもらう。自力でできない方は、介助をおこなう。
*洗体介助中でも、浴槽内の方、隣にいる方の立ち上がりなどに対応できるように、様子を把握し、介助中でも一言ことわりをいれ浴槽内でバランスを崩したり、立ち上がられた方の対応に入る。
*独歩の方も浴室内は、滑りやすい為いつでも体を支えられるように付き添う。
*個浴を使用の際、滑り止めシートの吸盤をしっかりつける。
*チェアー⇔車椅子への移乗は、二名の職員で行いフットレストが当たらないようにする。

 

入浴介助 特別浴(内介者)

<手順>

1、 必要な物品を配置し、防水エプロンを着ける。エプロンの背中は、外れないようにしっかりと止める。(感染予防の為)

2、 車椅子上で上衣類脱ぎ、上半身にバスタオルをかけている利用者に入浴することを伝え、車椅子・ストレッチャーのブレーキ確認し、車椅子からストレッチャーへゆっくりと移乗後、下衣類を脱ぎ(マットをはずす)バスタオルで体を覆う。(枕と頭の位置を合わせる。足止めをつちふまずに合わせる。)
*円背などで頭とストレッチャーの枕が付かない方には、バスタオルで頭を付く状態にし安楽な姿勢を保つ。
*上半身が仰臥位で下半身が横に向いている方、外転(膝が外側に向いている)の方には、バスタオルを当て仰臥位の状態にし安楽な姿勢を保つ。(基本的には、仰臥位を保つようにバスタオルを当てる)
*排便があった場合は、便清拭を下(腰の辺り)に敷く。

3、ストレッチャーの安全ベルトをして、握りレバーを下ろし、浴槽横に移動し、ブレーキをかける。(声かけを行いゆっくりと移動する)

4、 シャワーの湯温を介助者にて確認後、利用者の健側の手で適温であるか確認する。
(頭側と足側のシャワーの湯温が若干違うので洗体者、洗髪者いずれも湯温の確認をおこなう。)

5、確認後、バスタオルを下半身のみめくり、足元より心臓部分にむけてシャワーを介助者の手を通してかけていく。下半身にかけ終わった後はタオルをかけ、上半身のタオルをめくり、湯を馴染むようにかけていく。(顔にかからないように配慮する)

6、洗髪・洗顔と洗身を介助者2名で分担して行う。
女性:頭・顔-男性スタッフ、身体-女性スタッフ
男性:頭・顔-女性スタッフ、身体-男性スタッフ

7、洗髪介助
・シャンプーを手の平に出し、利用者に痒い所を聞き、片手で頭を支えながら片手の指の腹でしっかり洗う。その後、湯温に気をつけ利用者の耳に湯が入らないよう配慮しながらシャワーでしっかり洗い流す。
*シャンプーを洗い流す際は、前面を手でカバーしお湯の渋きを顔に飛ばないようにする。またはシャワーの角度を変える等の工夫をし、呼吸しやすい状態になるよう配慮する。
*シャンプードレッシング容器から、直接頭にかけない

8、洗顔介助
・介助者の手の平に石鹸をつけ泡立て、まぶたの上を避け洗顔する。続いて乾いたタオルで石鹸を概ね拭き取り、顔を軽く拭き取る。又、耳の中、耳の裏側も拭く。高齢者の皮膚は非常に弱く石鹸が残ると、かぶれの原因になる為そのタオルを湯でもう一度湿らせ二回以上石鹸が十分に拭き取れるまで丁寧に拭き取る。

9、 洗身介助
・ 首、腕、胴体、足、陰部、背中、臀部、肛門の順で状態を観察しながら洗っていく。
陰部から背中を洗う際、タオルは違う面を使用する。
・ まず上半身を洗い、いったんシャワーで十分に流してからバスタオルをかけ、下半身を洗う。足の爪の上、指の間、手の拘縮部分は手で洗う。陰部は上から下へ面を返しながら洗う。背中は2名の介助で行い、1人が利用者を側臥位の状態に保つ。(側臥位の際、片麻痺の方であれば患側を上にする)介助者の片手は首の下から肩までを持ち、もう片方の手は足を持ち、横に傾ける。洗い手のもう一人は、片手で体を支え、片手で痒い所を聞き皮膚の状態観察を行い洗う。流す際も泡が残らないようにしっかり洗う。
*体動のある方は、安全ベルト(腹部1本)をつけたまま洗体をおこなう。
*安全ベルトをしている状態でも職員は、転落防止の為必ず付き添う。

10、シャワーで十分に洗い流し、バスタオルで身体を覆い、握りバーを下ろし安全ベルトをしめる。(枕と頭の位置を合わせる。足止めをつちふまずに合わせる。)

11、浴槽の出っ張りとストレッチャーの出っ張りを合わせ、ブレーキをかける。ストレッチャーのロックレバーを握り、横にカチッと音がするまで移動させる。(ロックレバーはストレッチャーが動いたら手を離す)手足がスライドの際に落ちないように確認する。
*電動ストレッチャーの場合、最高域まで上がっているかを確認する。上がっていないと、転落の危険や浴槽を傷つけるため。

12、介助者の手で湯温の確認を行う。利用者に湯に入ることを告げ、手足が浴槽に当たっていないか確認し浴槽の上昇ボタンを押す。(すぐに停止ができるように、停止ボタンにも指を触れておく)体が少し湯に使った状態で一旦停止し、利用者に湯温の確認を行ない、再度上昇ボタンを押す。
湯は心臓より下の位置とする。(心臓の機能が低下した方では、入浴による水圧も見逃せません。家庭のフロでは、体に500kg前後の水圧がかかるとされており、心臓に戻る血液量が一気に増し、心臓への負担も生じる為)入浴中は体がずれないように注意する(体が浮く為)。必要に応じてバスタオルでポジショニング行う。
*気泡、肩かけは希望時行う。

13、静水圧により心臓に負担がかかり高血圧、脳貧血を防ぐ為、入浴時間は約3分を目安とし、意向を確認後、浴槽から上げる。(入浴後4~5分で収縮期血圧(最高血圧)は、入浴前より5~30%低下する。浴槽からでるときの立位動作に伴いさらに下降する場合がある。湯あたり、湯のぼせを生じる。)(東京都老人総合研究所より)

14、ストレッチャーのロックレバーを握り、カチッと音がするまで横にスライドさせる。ストレッチャーのレバーを握り、ブレーキを解除後浴槽から離し、浴室入り口まで移動する。

15、最後にかけ湯を行う(ss、DSの方)。ホームの方は、シャワーにてかけ湯を行う。かけ湯を行う際はまず、介助者が湯温を確認し、利用者に健側の手で確認してもらい、足元からバスタオルをめくりかけていき新しいバスタオルをかけ湯をした下半身にすぐにかける。次に上半身のバスタオルをめくりかけ湯を行いバスタオルで体を覆う。スキントラブルのある方は、普通の湯でかけ湯を行う。体を洗ったタオル、体を覆っていたバスタオルは過酸化水素水バケツに入れる。汚染のタオルは、下用バケツに入れる。
*特別浴で入れ替え時には、利用者のプライバシーに配慮し、カーテンやパーテーションを使用する。
*ストレッチャーに御利用者が乗っている場合は、体動し転落する危険がある為必ず職員が付き添う。
*ストレッチャー→ベッド、車イス、リクライニング→ストレッチャーへの移乗の際、職員は、介助用エプロンを外す。(ご利用者に冷たい思いをさせ、エプロンが引っかかり危険)

<後片付け>

1、午前・午後とシャンプーの確認、補充行う。(ご利用者の肌が弱い為、ボディーシャンプーは、ボディーシャンプー80%、水20%の割合でうすめる。)

2、特別浴終了後、浴槽内にストレッチャーを入れ、過酸化水素(専用コップ1杯)にて気泡洗浄し、ストレッチャー、浴槽は水で洗い流す。ストレッチャーの安全ベルトは乾きやすい状態で手すりにかけておく。ストレッチャーマットを外して洗う。(枕部はスライドさせ上部にする。マットと重なるとカビの原因になる為)

3、介助用エプロンは、過酸化水素入りのバケツにつけて、水洗いし透明のビニール袋に入れ洗濯に出す。

4、洗面器にマジックリンを入れ、水で薄める。スポンジにマジックリンをつけ、イス・チェアー・手すり・洗面台・洗面器・個人浴槽・かけ湯槽、バケツを洗い水で洗い流す。床はデッキブラシを使い洗う。床は洗った後、浴槽の湯にて洗い流す。
チェアーは、タオルで水気をふき取り、着脱場へ出す。シャンプーハット、浴槽にいれる
木の椅子も同様。(錆び、カビの発生を予防する。)
PMのみチェアー、イス、浴槽の入れる木のイスをタオルで水気を取り特浴室にて乾かす。
*水・土曜日―浴槽のお湯を止めお湯を抜いたあと、マジックリンを使い、デッキブラシで洗う。横面と手すりや段差等の細かい所は、スポンジで洗う。浴槽内を洗った後は、乾燥させる為お湯を張らず栓もしない。(翌朝、宿直者にて準備する。)

5、過酸化水素付けしていたタオルは専用ゴム手袋使用し絞り、ビニール袋(青色)に入れてランドリーボックスに入れる。
そのまま入れるとランドリーボックスに水が染みてしまうため。便清拭も着脱場に持ち歩かず、便清拭専用バケツを浴室内に持ち込み処理する。

6、掃除終了後、浴室の窓を開け、換気する。使用したスリッパはイソジン液に浸け(白癬の感染予防の為)、洗い流さずに点日干しにする。

7、塩素、シャンプー類、過酸化水素、マジックリン、ミノンシャンプーの補充
及び在庫が少なければ相談員へ報告し発注をお願いする。故障などは、すぐに相談員へ報告する。

8、介助浴室、特浴室の窓(網戸の方)を開けておく。虫など入ってくるのを防ぐ。浴室を乾燥させる為。介助浴室、特浴室の出入り口のドアは、閉める。着脱場には、タオル、衣類があるので浴室からの湿気を防ぎ、カビなどの発生を防ぐ為。

9、浴場の扉の施錠を行う。(先に出る場合は依頼する。)

 

着脱介助 マニュアル

 

 

着脱…着患脱健が基本

<留意点>

1、脱衣場の室温を夏22℃、冬24℃を目安に調節する。浴室・脱衣場の温度差をなくすことで血管の急激な収縮と血圧の急上昇を防ぎ心筋梗塞、脳梗塞、脳出血などを起こす危険を予防する。エアコンは、スイングせず直接御利用者に風が当たらないように風向きを設定する。

2、必要物品を配置し、着替え・マット・マットカバー等不足がないかチェックする。

3、事故防止のために着脱カゴ・車椅子・歩行器の整頓に心がける。

4、認知症の方が他の利用者の物を持ち帰らないように注意する。

5、財布・眼鏡・時計・補聴器等の保管に気を配る。(ポケットの中身、服の袖も確認)

*冬場は、宿直者にて7:30にパネルヒーターをつけ室温が温まってきたら消す(のぼせの原因になる為着脱者と内介者が声を掛け調整する。)<準備>
1、当日の入浴者の対応の確認

2、午後に床に掃除機をかける。

3、室温・パネルヒーター・床暖房の準備行う。

4、イソジン用バケツの線の所まで水を入れ、イソジンをキャップ1杯混ぜる。

5、着脱場の出入り口のドアは、紐で固定し動かないようにする。

一般浴(着脱者)

<手順>

1、着脱介助業務前に洗濯済みのタオルを棚に入れる。椅子・畳椅子にバスタオルを敷く。

2、脱衣については極力、利用者に行ってもらうが利用者の状況に応じて介助する。(残存能力の活用)ホーム入居者の汚染衣類・下着(パンツ)は過酸化水素バケツに入れる。

3、利用者の靴は、靴箱に入れる。車椅子ブレーキにはかけない。補聴器、腕時計などは
貴重品ケースへ入れる。

4、空いた車椅子は、バスタオルをかけ、直ちに廊下に出す。歩行器、手押し車も廊下に出す。
杖は、脱衣場の出入り口の壁側(内線側)に置き導線を確保する。

5、ショート利用者の洗濯物はパット・紙類が入ってないことを確認しネットに入れランドリーボックス上のカゴに入れる。セーター類は縮む恐れがある為、洗濯には出さず持ち帰ってもらう。

6、デイサービス利用者の衣類はランドリーボックスには入れず、持ち帰ってもらう。(衣類の入れ替えの際は、たたんでかばんにいれる。)また、紙パンツ・パットは汚れていなくても交換する。(ご利用者によって使用する方もいるので確認する。)

7、浴槽内の人数を確認したのち、洗い場に誘導し内介者に交替する。洗い場がいっぱいの場合はバスタオルをかけ、脱衣場にて待機してもらう。

8、排泄チェックを行い、ホワイトボードに記入する。(プライバシー保護のため排泄状況を伝えるときには周りに聞こえないように配慮する。)

9、脱いだ衣類はポケットの中身、服の袖にティッシュなどないか確認の上、ランドリーボックスに入れる。ショートの方の衣類はネットに入れ靴下は名前を確認後、あいあいのものであればランドリーボックスに入れる。

10、着替えを準備し衣類の確認をおこなう。(基本的には脱衣に携わった介助者が用意し、足りない品物は誘導者に伝える)

*入浴後の利用者に対して湯冷めしないように直ぐにバスタオルで体を覆い拭く。
*褥瘡、スキントラブル等があればNSに報告し必要に応じて応急処置を行う。
*自分で着衣する利用者を見守る。認知症の方は他人の衣類を着る、何枚も重ねる、汚れたものを着る場合があるので注意する。使用済みの脱衣カゴは直ちに所定の場所に戻す。

*下衣類の着用手順は、パンツ(迎え手で)→靴下→ズボン→靴の順で行い下衣類を全て膝下までできてから立ってもらい腰まで上げる。(足先・足爪が引っかからないようにする為)
○靴下の着脱方法は別紙参照
*着替えが終わった利用者に対してドライヤーで髪を乾かし、着衣が整っているか確認する。
*足拭きマットは濡れてビショビショになったら、都度交換する。
*夏季は水虫予防の為、靴下は履かず、フロアに戻ってから履いてもらう。
*イスに敷いているバスタオルは都度交換する。(感染予防の為)
*移乗介助する場所は、安全を確保する為にも十分なスペースのある場所で行う。(ベッドを
出している時は、左窓側の手すりは使用しない。脱衣かごなどあれば移動させる。)
*車椅子上で着脱介助する場合は、肘の長さ分車椅子を手すりから離し、前屈姿勢をとってもらい、立ち上がり介助を行う。(残存能力を活用する。転倒防止のためご利用者の体を介助者は支え対応する。)
*脱衣かごは、人の出入りが多いので特浴側へ運んで衣類の入れ替えを行う。(利用者に背を向けず周りを見ながら行う)または、脱がれている間にご利用者に確認を行いながらおこない特浴側に運ぶ。基本的に特浴側にある脱衣かごは衣類の入れ替えができているとみなす。衣類の入れ替えができていない状態の場合介助者同士で確認し合う。整理整頓を行い導線を確保する。
*基本的には、着脱者は誘導をしない。介助浴対象者で車イス⇔チェアーの移乗の際は、二名の職員で行い、車イスのフットレストが当たらないようにする。
*浴室から上がってこられた方には、すぐにバスタオルをかけプライバシーの保護、保温に努める。

特別浴(着脱者)

<手順>

1、ベッドにバイリンシーツ・タオルケットを敷き、枕(バスタオル三つ折りのものを二つ重ねる)にバスタオルをかけておく。

2、車椅子及びリクライニング上で上衣類を脱衣し、バスタオルをかける。

3、浴室に誘導し、内介者に交替する。

4、ベッド上に頭部と体の位置(ストレッチャーと逆にする)にバスタオルを敷き、着替えの準備をする。足りない品物は誘導者に伝える。上衣類は介助者側の枕元の手前(タオルの下)に、下衣類は介助しやすい場所、濡れない場所(足元の奥)にセットする。(サイドレールにかけると利用者の顔の前を通ってしまう為)また、マットの下にバスタオルは敷かなくて良い。サイドレールにバスタオルを横向きに掛けて、他の方から着替えの様子が見えないようにする。

5、入浴が終わり、ベッドに移乗された後、湯冷めしないように素早く体を拭く。

6、マットを先につけ、上衣類・下衣類に別れ、着衣する。

7、着衣後、車椅子・ストレッチャーに移乗し、ドライヤーで髪を乾かし、着衣が整っているか確認する。

8、ベッド使用後は、特浴室に入れ着脱場のスペースを確保する。

* 通常バスタオルの交換は、枕の上に掛けている1枚、ベッドに敷いている1枚である。
(濡れていたり、汚染した場合は全て交換する)
* ベッドに御利用者が居られる場合、体動して転落の危険がある為必ず職員が付き添う。
* 特浴対象者でストレッチャーからベッドへの移乗は、二人介助で行う。
* NS処置を依頼する場合上がり湯をかけている間に連絡する。(緊急時は、すぐに連絡)
* ベッド上で処置をするまでの間及びしている間は、保温、プライバシーを配慮しバスタオルをかける。

<後片付け>

1、着脱場のゴミ袋をまとめ、新しいナイロン袋をバケツにセットする。
ゴミ袋に便の付いたものが入った時には、二重にして臭いがもれないようにする。

2、下用バケツに入っている不潔の衣類は専用ゴム手袋を使用し絞り、ビニール袋(青色)に入れ汚と記入しランドリーボックスに入れる。

3、 AM 靴箱の汚れを雑巾で拭き取る。PM 靴箱の汚れを水で洗い流し、特浴室の壁に立てかけておく。

4、ドライヤーを着脱場の中に入れる。ブラシは髪の毛を取り除き水洗いする。

5、ベッドのバイリンシーツ・タオルケットをはがしランドリーボックスに入れる。

6、椅子・脱衣カゴを所定の位置に戻す。

7、使用したスリッパはイソジン液に浸け、洗い流さずに天日干しにする。

8、冷暖房、パネルヒーター、床暖房をOFFにする。

9、着脱場のトイレの便座など汚れがあれば掃除する。

10、浴室を出る前に着脱場の窓は開いているか、パネルヒーター、エアコンはOFFになっているか全体のチェックを行う。(先に出る場合は、依頼する。)

誘導

<留意点>

1、デイサービス利用者は、小声で声かけし誘導する。理由:「私が先に来たのに」等の不満やトラブルの原因になる為。

2、デイサービス利用者の着替えが入っているカバン等は、基本的にはディスタッフが用意するが、人手が足りない時には、棚から出して持っていくよう協力する。

2、 誘導担当者が排泄の確認を行い、報告する。着脱者に確認し、誘導表にチェックし、入浴終了後ホーム分は排泄チェック表に記入、デイ分はデイ記録者へ連絡する。

3、 排泄の有無は、ご利用者の方に聞こえないよう配慮する。
尿→○か× 排便→少量 1/2(片手)  1(片手)
4、AM過酸化水素浸けした便清拭を専用ゴム手袋で絞り、ダム内の専用バケツの中に入れる。PMの分は、宿直者が行う。

<手順>

1、入浴予定者の健康状態を確認する。注意すべき疾患や体調不良者の場合、Dr・NSの指示を受ける。

2、着替え、マット、マットカバーを入浴室に届ける。着衣の不足分は速やかに届ける。

3、リストに応じて誘導を始める。誘導の際、医務の指示や利用者の状態に応じて順番を変える状況になった場合、入浴を待っている利用者に対して声かけをし、了解を得て協力してもらう。

4、EV使用の際、他の方が乗り込まないように注意を払う。

5、洗い場の状態を見て常に数名は入浴できる状態にする。また、着脱場の状態を見て誘導のタイミングを図る。

6、NS指示等ある方(サット浴)は、内介者にその旨伝える。

7、入浴が終わった利用者に対しては、本人の持ち物を点検した後入浴を待っている利用者を雑然とならないように速やかに誘導する。

8、午後入浴予定の順番をデイサービスに連絡する。

9、入浴終了後、人数・排泄チェック・特記等を各部署に報告し、入浴ファイルに記入する。

10、作業分担表にサインする。

 

 

食事介助 マニュアル

食事の目的

• 身体的な面
生命を保つための基本であり、健康と生活活動の基礎となる。

 

• 精神的な面
日常生活の中の楽しみであり、社会的にも人とのコミュニケーションの場である。

 

• 留意事項

<生活面>

• できるだけ離床し、楽しい雰囲気の中で食事をする。
• 残存機能を生かし、自分で食べられるように工夫する。
• 水分は、しっかり摂って頂く。
• 健康状態に合った食事形態・食事対応を行う。

<介助面>

• 食事時間にはしっかり覚醒して頂けるように、その方に合った離床を行い、
また、声掛け等で覚醒を促す。
• できるだけ座って、食べられるようにする。
• 姿勢、表情、体調、必要な用具は揃っているか等のチェック。

<その他>

• 温かいものは温かいうちに。食事を取り置いた場合は、適度に温める。
• 嗜好を大切にする。

 

 食事開始までの流れ・留意事項

<食事の準備>
1 手をお絞りで拭く
朝食) 食前にお絞りで洗顔と手拭き行う。
昼食) 食前に石鹸水で手洗い介助を行い、お絞りで拭く。
夕食) 食前に石鹸水で手洗い介助を行い、お絞りで拭く。

* 顔が汚れていれば拭く。手拭きで使用したおしぼりは口拭きにしようする。
* お絞りで拭く場合はあまり早く拭いていただいても意味がない為、食事開始の30分以内に行う。

*食前薬の方の確認、服薬

※義歯が入っているかの確認

2 テーブルを拭く
洗い桶に3分の1程の水をはり,ハイターをキャップ1/3入れ、布きんをつけて絞ったもので、テーブルを拭く。拭いた後は先ほどのハイターに30分程つけ、殺菌消毒行う。

3 配茶
・厨房から上がってきたお湯のみに、先にポットに入ってるお茶から入れる。
・ポットのお茶を使いきり、やかんのお茶を入れる場合は、一度ポットに移し変えてから行う。
・事故防止のため、やかん類は必ずパントリー内で扱い、お年寄りに手伝って頂く場合もやかんに直接触れてもらうようなことは避ける。
・火傷の恐れあるため、ストローや楽のみ使用される方のお茶の温度はぬるめにする。また、トロミ使用の場合も温度が冷めにくいため、やかんからのお茶にトロミをつけない。
ぬるめのお茶 ⇒ お茶に氷や水を足すと、お茶の味が薄まる為、冷蔵庫に設置している冷たいお茶を足して温度調節行う。

4 エプロン、掛けタオル、チェアーテーブルについて (原則として・・・)
・エプロン、掛けタオルは、食事の何分も前から着けるのではなく、食事が配膳されて食事していただく直前に着用。
・チェアー、オーバーテーブルは配膳前にセッティングする。その際、テーブルに面して セッティングし孤立してしまうことのない様に気配りする。
・チェアーテーブルは外れて落としてしまうと事故につながるため、しっかり設置し、修繕箇所あればすぐに報告する。
・チェアー、オーバーテーブル使用後は、すぐに片付ける(転倒防止の為)

• 食事介助と留意事項

<姿勢>
・踵を床につくように座って頂く。車椅子の場合はフットレストを上げ、しっかりと床に踵がつくようにする。床につかない場合は、踏み台など活用する。
・身体をテーブルに近づけ、両手がテーブルに置けるようにする。
・背筋を伸ばし、あごを引いて頂きやや前かがみの姿勢で、咀嚼・嚥下がしやすいようにする。
・エプロン使用の方の場合は、エプロンから両手を出して頂く。
・傾きや反り返りが見られた場合は、クッションやバスタオルなどを使用し、姿勢を整える。

<配膳>
・ご飯・箸類が手前になるように配膳。
・エプロン使用の場合は、エプロンを広げお盆の下にエプロンのすそを敷く。
・その方に合った食器の配置や器への移しかえなど、食事開始しやすい状態に整える。名前札と食事形態が一致しているか確認する。
・「○○さん、どうぞ。」等明るく声をかけ、一人ずつ配膳する。
(注)同時に二つもって配膳しない!
・食札はトレーに載せたまま配膳し、名前と顔と義歯の確認をし、間違いがなければ食札を取り外す。
・前もってホットルを準備しておく場合は、異食行為のある方の手の届かない場所
に準備しておく。

<食事をする・食事介助>
・介助の際、対象の方の利き手側(基本は右側)に位置し、その方の代わりの“手”
となるよう心掛ける。
・介助者は同じ目の高さで少し斜め前に座り、ゆったりとした気持ちで介助する。
・介助者は常に周り全体の方の状況にも注意を払い、観察をする。
・ペースト食、ソフト食など見た目で分かりにくい場合は、始めに何か説明し理解して食べて頂く。
・下顎や舌でつぶせるように調理し見た目も楽しんで頂けるように考慮されている為スプーンでぐちゃぐちゃにかき混ぜない。
・介助中も魚の骨が残っていないか、大きさが適しているかなど注意する。
・食べにくそうな時は小さくして食べて頂く。
・ご本人のペースに合わせ食事時間は十分に取る。
・食事の前にお茶を一口飲んで頂き、喉を潤す。
・小スプーンを使い、嚥下の確認をしてから次の介助をする。
・らく呑みは、吸い口を口角から入れ、少しずつ流し込む。
※味噌汁、スープ類は原則として楽のみは使用せず、スプーンで摂取して頂く。
・主食と副食を、介助側の都合で混ぜない。
・咀嚼している時は声を掛けない。しっかり咀嚼・嚥下が出来ているか、観察する。
・主食、副食、水分をまんべんなく食べて頂く。
・残存機能を生かし、できるだけご自分で食べて頂く。
・食べにくそうな時は小さくして食べて頂く。
・あんかけ使用の際は、食事を摂取される前にあんかけをつけさせて頂くことに了解を得る。
・介助中も魚の骨が残っていないか、大きさは適しているかなど注意する。
・下膳の際は、使用した物品(特に、箸・スプーン)が揃っているかの確認を行う。

 

居室配膳

居室配膳は、朝食は取り置き、昼・夕食はCWが困難ならNSに依頼。

・座位が可能であれば、できるだけ離床し食事をして頂く。(端座位、車椅子・椅子)
・障子を開け、電気をつけるなど明るくし、食事意欲が高まるような環境を作る。
・オーバーテーブルに、お絞りやホットルをはじめ必要なものを準備して、後からあわただしく取りに行くことのないようにする。
・自立されている方でも、もしもの事を考え原則として職員が付き添い見守る。

<ベッド上での注意点>
・ギャッジアップを行う際、体交枕を取り除き、掛け布団をめくって、身体全体の状態がみられるようにする。(無理な姿勢のままギャッジアップ続けていないか確認できるように。)
・座位が安楽に保てない場合は、膝下もギャッジアップし、クッションを入れる。また両脇下もクッション、枕等で固定し安定させる。
・後頭部の枕は重たく、動きが取れにくいため外したほうが良いが、反り返りがみられるようなら、バスタオルなど軽いもので対応する。
・オーバーテーブルは両足側サイドレールを外して設置し、食事内容を確認して頂ける位置まで下げる。

 

 食後の対応

・食後はお茶を飲んで頂く。
・茶ゼリー摂取の方は 食間(喉の通りを良くする)食後に茶ゼリーを摂取して頂く。その場合はティースプーン1杯分程の大きさにして摂取して頂く。
*基本的には、ゼリーを崩さずに対応するが誤嚥の危険性がある方に対しては現在ゼラチンを使用していないので崩してもよい。フロアで検討する。
・ミキサー、トロミ食の方は 食後に茶ゼリーを摂取して頂く。その場合は細かくしてから摂取する。
・食べ物が口の中に残っていないか確認し、うがいや義歯洗浄を行う。口腔内が
不潔になると細菌感染を起こしやすく、また、残食のある状態は誤嚥の原因になるため。
・口の周りの汚れや、手などが汚れていればホットルやタオルでふき取る。
・食事の際に使用して汚れたタオルは、食事又は臥床介助したCWが新しいものに交換する。

食後は口腔ケアを行う。口腔ケアとは、口を通してケアをすること。
<口腔ケアの意義>

・年をとってくると、唾液が減り、口の中の自浄作用が低下してくる。そんな中、口の中に食べ物のかすが残っていると、細菌が繁殖して、食事がしにくくなることもある。
また、口の中の細菌が肺に入ると、誤嚥性肺炎を起こすなど、全身の健康を損なう危険がある。
歯磨きや入れ歯の手入れにより、口の病気を防ぎ、誤えん性肺炎を予防して全身の健康を保持増進させ、咀(そ)しゃく機能や舌の動きを回復させることを「口腔(こうくう)ケア」という。
・「口腔ケア」をおこなうことによって、生活の質を高め、心身共に自立した生活を送る手助ける。

<歯ブラシ・義歯の管理>
・使用しない時は、上に布をかけてほこりがかぶらないようにする。
・使用後は、洗浄をしっかり行い、清潔を保つ。
・毛が折れて古くなっていたり、口の状態に合わない場合は新しいものを用意する。
・義歯は、外した後、水洗い・ブラッシングし、食べかすを洗い流す。
洗浄剤に20分以上つけたあと、丁寧に水洗いする。
乾燥に弱いため、たっぷりと水の入れた容器に入れて、管理する。

<口腔ケアの手順>

①姿勢を整え、セッティングする。介助が必要な方には予め首~胸元にタオルをかけて頂く。
②うがいを行い、口腔内を保湿する。
③ブラシで磨く。磨き残しがないように、磨く順番を決めておくのも良い
(右下→左下→左上→右上  など)
小刻みにブラシを動かして磨く。
④舌や粘膜を磨く
舌ブラシまたは、やわらかめの歯ブラシで、下の奥から手前にかけてブラッシングする。
舌の奥のほうを刺激すると嘔吐しそうになるので気をつける。また、磨きすぎて出血させないように気をつける。
粘膜は、スポンジブラシかガーゼに水を湿らせたもので粘膜を清拭する。歯肉と頬の粘膜の間、口蓋(うえあご)を拭く。

⑤前傾姿勢で含みうがいをする。
うがいができない場合は吸引機で排水したり、ガーゼで拭き取るなど、個別の対応を検討し実施する。
<口腔清拭の手順>
胃ろうやターミナルケアの方や、意識レベルに障害がある場合は、うがいをするのが困難であり、口腔清掃も難しい場合が多い。
その為、口腔ケアの1つとして、ガーゼやスポンジ等を用いて口腔内を清拭する。

1・ガーゼやスポンジを水に濡らした後、硬く絞って水気を切る。

2.先に唇を清拭し、潤す。乾燥していると切れて出血する恐れがあるため。

3.右の図ににそって①~⑨の順番で清拭する。
スポンジは、回しながら使用し汚れを掻き出す。

・原則として食後15分は臥床せず、入浴の場合も食後30分は控える。
・原則として食後の臥床の際、右側臥位で10℃ほどギャッジアップする。
・食事量のチェック、特変事項の確認をする。
・ホットルは洗顔タオルの代わりに使用する以外は、1/2サイズにし使用する。
(大きいサイズだと使用しない面がでてしまう為)
• 薬の与薬
*薬の与薬は基本的に食後に行うが、やむを得ず食間に与薬させて頂いてるという
事を忘れないように!
*配薬の前に必ずその薬が各食事時の薬である事を、配薬者と他勤務者で確認を行う。
*与薬時、薬袋の名前を見る→名前を呼ぶ(同じ苗字の方はフルネームで)→顔の
確認→再度薬袋の名前の確認→再度顔の確認→声かけして与薬
与薬時、食事介助者がいる場合は薬の袋を切らずに渡す。
・配薬の際、紙箱を用意し与薬後の紙くずは紙箱に捨てる。
・配薬の際、必ず声掛けし理解を促す。
・与薬はお茶で行う。
・口の中に食べ物が入っていれば、お茶をすすめるなどして飲み込まれるのを待ち、与薬時は口の中に何も入っていない状態で服用していただく。
・朝食が取り置きになった場合は、水分と一緒に先に薬のみ与薬する。与薬が
できなければ特記に上げ、必ず日勤者、NSに申し送る。
* 特に血圧や心臓などの薬は、健康を管理する上で重要な薬であり、朝薬の時間がずれると昼、夕もずれて与薬することになるため。
・特に認知症の方は、必ず飲み込まれるまで確認する。
・与薬の際、食事に混ぜない。与薬困難の場合は、少しのトロミ茶に混ぜて与薬し、それでも困難な場合は果汁に混ぜる等の対応をとる。また今後も必要な対応なら、リーダー、相談員に相談する。
・配薬後、紙くずはゴミ箱に捨て紙箱はパントリーに設置する。
・食事・薬が取り置きになった場合、薬は医務棚にて保管する。
* 取り置き薬や、与薬拒否があった場合NSに連絡し指示を仰ぎ、特記に上
げる。
*粉薬の与薬について・・・嚥下の問題のある方で、粉薬でムセなどの恐れが
ある場合、別コップに少量のトロミ茶を用意し、粉薬とよく混ぜて与薬する。味が変化し与薬しにくい場合は、リーダーに相談し対応を検討する。
・薬の作用によっては、白湯で与薬しなければならないものもある為、必ず処遇を確認してから与薬する。
• その他

<特変事項について>
・食事量や食事状態の特変はないか常に確認する。
・食事摂取量5割以下、水分摂取量 日中水分トータル、1日水分トータルが
500cc以下の場合は日誌報告する。
(エンシュア・メイバランス摂取量は必ず全量摂取でも記載する。)
・上記の状態が2、3日続く場合は、担当CWがチェック表開始の必要性の有無を
リーダーに相談し開始する。(リーダーはNS、相談員に報告する。)
・チェック表開始後、担当にて観察し、摂取量が安定したり必要がないと判断した時はリーダーに相談し中止する。

※ リーダー不在の場合はサブリーダー、相談員が行う。

麻痺の方の食事について

・介助者は健側に位置する。
・エプロン使用の際、原則として麻痺側の手もエプロンから出して頂く。
・出来るだけ自力摂取が行えるように工夫する。(おにぎりにする、固定ができる
食器などを使用するetc・・・)
・介助の際、健側から食べ物を入れる。(らく呑みやストローも同様)
・麻痺側に食べ物が溜まりやすいため、頬を押したり、舌で健側に移すよう促す。

<食事の取り置きについて>
・食事を取り置いた場合、パントリー内に置き、夏場はクーラーをかける。
又、牛乳など腐りやすいものは冷蔵庫にて保管する。
・衛生面により、配膳より2時間以上経過した食事は出さない。

<エンシュアについて>
・一日で破棄する。トロミをつける際は、トロミがつきにくい為通常の入れる
量の1杯多く足し入れる。

<下膳について>

3F  下膳の際、パントリーに紙箱を用意し、ホットル等のゴミは紙箱に入れる。
4F  ゴミ箱を使用する。
(残飯にゴミが混ざると生ゴミ処理機の故障につながる為)

<食器類ハイターづけ>
・バケツに水を7~8分入れ、ハイターをキャップ1杯程入れる。
・使用後のコップ、スプーンを入れる。
(注意)・コップが全部つかりきっているか確認する。
・金属製のコップ、やかん、スプーンは入れず、
洗剤を使用しスポンジで洗う。
・トロミ、ゼリーの場合は一度洗い流してからつける。
・20~30分消毒の為つける。
・水洗いを十分行う。(ハイターの臭いをおとすまで)
・乾燥機に入れ乾燥させる。
・バケツ内の一度使用した水は流し、再び新しい水をはり、ハイターを入れておく。
・バケツは雑巾の上に置いておく。

<おしぼりについて>
・お絞りは食後回収する。
・5Fにて洗濯、脱水している為おしぼりを巻いた後に水を含ませる。
(ホットキャビンで乾燥しカラカラになるのを防ぐ為)
・手で絞り、たたんでからホットキャビにて保温する。
(注意)入居者にたたんで頂く際は、手洗いするかウエルパス消毒して頂き、テーブルを拭きウエルパス消毒してからたたんで頂く。

 

<トイレ介助 マニュアル>

1.トイレ誘導を行なう前に

・トイレの声掛けを行う。(他の方に聞こえないように配慮する)
・ご利用者の方の健側に手すりのあるトイレへ誘導する。(左麻痺―○○トイレ:右麻痺共同トイレ)
・トイレ内の床が濡れていないか、ゴミが落ちていないかの確認を行う。

 

2.トイレ内に入ってから

・トイレ入口の戸を開け、中まで誘導する。(居室では電気をつける)
・トイレのドアは必ず閉める。
・車椅子の方であれば、ブレーキを掛けフットレストより足を下して頂く。
・便座・手すり・便座の背もたれ部のウェルパス消毒を行ない、トイレットペーパーで拭く。
・便座の座面の温度確認を行う。(暑過ぎないか・冷えていないかの確認)
・手すりを持って立って頂く。
・下衣類を下せない方は介助を行ない、(パットを外し)便座に座って頂く。
・冬場は便座に座っていただく際、膝掛けを掛ける。
・便座に座って頂いた後、楽な姿勢をとって頂く。介助バーを戻す。
・排尿・排便が困難な方には腹部マッサージを行う。
・常時付き添いが必要な方(立ち上がり転倒の危険がある方、座位困難な方)はCWが付き添う。
・2人介助の際、一人が体をもって支え、もう一人がズボンの上げ下げを行う。その際、スキントラブルの確認を行う。異常があれば、NSへ報告する。排泄後は、排泄前に体を支えていたCWと、ズボンの上げ下げを行なったCWは対応を交代する。(スキントラブルの確認をダブルチェックする為)
・移動介助バーを動かした後、すぐに元に戻す。
・排泄後、NCを押して頂くよう声掛けし、NCの場所を確認する。(排便なら必ず流す前にNCを押して頂くように伝える。)
・汚染パットは排泄カートのゴミ袋に入れ、備え付けの洗濯バサミでゴミ袋を閉じる。(臭いを漏らさないため)
・便が付着したパットは使い捨ての袋の中に入れてから、ゴミ袋に捨てる。(臭いを漏らさない為)
・汚染した衣類はカートの青の汚染用ビニール袋に入れ、備え付けの洗濯バサミでゴミ袋を閉じる。(臭いを漏らさない為)
・新しいパットを用意しておく。
・パットをされている方は、パットを外し汚れていなければ内側へ折り込み、車椅子の上に置く。独歩の方は便座の後のパイプの上にたたんでおく。床へは置かない。
・車椅子・歩行器は横、もしくはトイレの外に出す。(車椅子・歩行器は必ず壁につけ、事故のないように注意する)

3.排泄後

・NC後(遅い場合は除く)ドアをノックし、声掛けをしてから入り終わったか拭けたかを確認し、拭けていない場合は手すりを持って立って頂いてから拭く。(陰部・臀部・下肢・腰部・腹部の状態確認を行う)※ディスポを着用する。
・2人介助の場合は、排泄前と後の対応を交代し、スキントラブルの確認をダブルチェックする。
・トイレ後手すりを持って頂き、下衣類を上げられない方は介助を行い、パットをつける。(シールを外し、しっかり当てる)
(注意)下衣類を上げる際、シャツは5分パンツやパッチの中に入れずにズボンの中に入れる。(シャツが汚染していたり、下衣類がゴワついて不快である為)
・車椅子に移乗し、足をフットレストに乗せて頂く。
・排泄後、尿量・色・臭い・便質・便色・便量を把握する。
・洗面台で手を洗って頂き、タオル・ハンカチで拭いて頂く。
・便座使用後、便座・手すり・便座の背もたれ部のウェルパス消毒を行い、トイレットペーパーで拭く。

 

 

<オムツ交換 介護マニュアル>

・居室に入り、居室のドアを閉め室温の調節を行う。(入室・退室の際は必ず、「失礼します」「失礼しました」の声かけを)
*急遽必要な物品が取れるよう、手の届きやすい位置に置く。
*夜勤帯では、物音が聞こえるように居室のドアは開けておく。
・オムツ交換時は障子を閉める。
・オムツ交換を行うことを告げる。
(声かけは目線を合わせて行う)
*プライバシーを配慮し、「おしも」等の直接的な表現は使用しないこと。
・プライベートカーテンを閉める。
・必要物品を枕元に準備する。(清拭・パット・軟膏類)
パット類→ギャザーを立て広げておく。(ジャバラ折りは崩れるため、着用直前に作る)
清拭  →パットに挟む(冷えないように)安心シートのみの場合はディスポに挟む
(安心シートはバックシートが付いていない為)
カゴ  →汚染したパット類は床に直接置かないように使用する。
又、カゴが直接汚れないように内側は必ずビニール袋で覆う。
・シャワーボトルの湯温確認は、バケツの上で確認を行う。
・布団をめくり、ギャッジアップを下げ、体交枕を外し、サイドレールを外す。(介助者の腰痛予防の為。また、外したサイドレールは床に置かない。)入居者の体を仰臥位にし、オムツ交換が行いやすいようにベッド上を整える。(布団をめくる・掛ける際は、ご入居者の表情を見ながら行う。ご入居者の表情を見ながら行う。ご入居者に背を向けない。)

・パット・ディスポ類を枕元・タンス上から、ご入居者の腰部付近に移動する。(ご入居者の枕元で作業を行うと耳障りとなり、不快感を与えてしまう為)
・下衣類を下ろし(可能な方には腰を上げていただく)、リリーフを外す。(リリーフのテープで皮膚を傷つけないように、内側につける)
・ディスポを着用する。

<排尿の場合>

1.介助者の手で必ずシャワーボトルの湯温を確認した後、陰部を広げ洗浄を行う。
ソケイ部やシワを広げ指で尿を洗い流す。臀部は側臥位の状態にて洗浄を行う。(基本は日中のみ毎回行う。パットを全て取り換えない時は、パットにしみこまないように清拭で押さえながら陰部洗浄する)
*シャワーボトルの口の部分を皮膚に付けないようにする。共同使用のため)
2.排尿がない場合は、そのままマットを閉じて対応。ソフライナーは汚染時のみ交換する。
3.陰部洗浄同様、温度を確認した清拭で、両大腿部付け根、ソケイ部、陰部を上から下へ使用した面を一面ずつ変えながら拭く。(しわに汚れが残る為、しわを広げて拭きとる。)
4.陰部を清拭した後、着用しているパットの前方を内に折り、バックシート(花王のパットは、数字が記入されている面)の部分にきれいな面を上にして清拭を置く。

5.新しく着用するパットを広げて準備する。(安心シートは表面に線が入っていない面が肌に当たるようにセットする)
6.側臥位になって頂き洗浄後、臀部を上から下へ、最期に肛門を清拭する。(清拭する際は、こすらず、タッピングにて対応)
*お湯・清拭はCWの腕の内側で温度の確認をする。
7.排尿の状態の確認を行い、(量・色・臭い・濁り等)陰部・臀部・ソケイ部・腰部・腹部の状態の観察も行う。
8.手指ウェルパス消毒をする。

<排便の場合>

1.汚染パットで軽く拭きとり、陰洗を行う。その際、陰部や膣に便が付着していることがあるので、きれいに洗い流す。
2.便清拭は、お湯で濡らして汚染部を拭きとる。きれいに拭き取った後に清拭で、余分な水部を完全に拭き取る。(清拭では便を拭きとらない)
3.便の付着したパットはそのままゴミ箱に捨てず、袋に入れてから捨てる。(臭いを漏らさない為)
4.排便の状態の確認を行う。(量・形状・臭い・硬さ・内容物等)

・必要時軟膏の塗布を行う。(軟膏使用時は、新しいディスポを着用する。皮膚状態の確認行い、スキントラブルの発見時やNS処置がある場合は、NS連絡する)
・清拭後、新しいパット類の向こう側を巻いて体の下に差し込み、側臥位になって頂き、向こう側から汚れたパット類を取り、新しいパット類を伸ばし、正しい位置に当てる。
・パットを当てた後、ディスポを外し、リリーフを閉じる。(リリーフは清潔とするため)
・リリーフの上部が腸骨より上にくるようにつける。下のテープは斜め方向に、上のテープは斜め下方向に止める。(腸骨・股にフィットしていないとリリーフがずれたり、尿漏れの
原因となるため)
・腹部がきつくないか声かけを行い、リリーフからパットが出ていないか、リリーフのギャザーが内側に入り込んでないかを確認する。(尿漏れにつながるため)
・肌着のしわを伸ばし、下衣類を上げ、衣類を整える。(下衣類を上げる際、シャツはパッチのパンツの中に入れずに、ズボンの中に入れる。シャツが汚染したり、下衣類がゴワついたりと不快となるため)
・体位交換を行い、シーツのしわを伸ばし、シーツのごみを回収する。
・サイドレールを設置し、ギャッジアップを行い、布団をかける。ベッドを元にあった状態に戻す。
・ご入居者に交換が終わったことを伝える。
・速やかにカゴ内のゴミを処理する。(ゴミ処理時は、使用したディスポの裏側を利用するが、処理物が多いときは、新しいディスポを使用しても良い。)
・排便時は換気とスプレーの散布を徹底する。居室外に便臭が漏れないように、退室の際は居室のドアを閉め、換気扇を入れる。排煙窓も使用する。
(換気ができたら換気扇を切り排煙窓を必ず閉める。)
・手指ウェルパス消毒行う。
・オムツ交換と同時に、発汗や汚染による衣類交換・シーツ交換の必要がないか確認する。

 

デイサービス 送迎 マニュアル

 

1 送迎ルートの確認

 

・送迎表の確認をして、お休みや追加利用の利用者がいないか?確認する。

・送迎順番を確認しながら、座席に誰が、どの位置に座るのか イメージしておくとスムーズです。

・また、送迎時に必要なご家族への報告や送迎時に確認事項がないか?確認しましょう!

・送迎時間や順路も確認しましょう。

 

<車両チェツク>

・ガソリンのチェック

・タイヤの空気圧の確認

・破損がないかの確認

・ウインカー、ブレーキランプ確認

・ワイパーの確認

・車内のチェック(シートベルト、ミラーなど)

*特に冬場は、猫など車の下やエンジンルームに入っていないか?確認

*運転時は、運転免許、携帯電話を持っておく

 

<運転中の注意>

 

 

運転は安全が第一で最優先です

・到着時間も大事ですが、時間より安全運転が最優先である

・デイサービスの車を運転しているということは、会社の看板を背負っているという意識をもって運転してください。

(運転が荒いと利用者さんの対応もアライと思われます!)

・法定速度・一時停止・信号の黄色時の停車、踏切の左右確認など注意して運転します

・ご利用者が乗車中、段差やカーブなどは声をかけるようにしてください

・お利用者の自宅に10分以上遅れる際は、事業所に連絡し家族に連絡してもらうようにしましょう。

 

利用者、家族、同業者、ケアマネもデイの車の運転など見てますよ!私、見てますから!

 

2 送迎

 

①自宅到着

・車のエンジンを切り、自宅へ迎えに行きます。

・利用者のみを残す場合は、チャイルドロックをしましょう。

・挨拶 利用者、ご家族に明るく、笑顔で挨拶しましょう!

・特にお変わりがないか、体調など変化はないかを聞く。

*利用者が不在や準備ができていない場合は、事業所に連絡して次の送迎に向かってください。

 

②乗降介助の対応

・乗降介助、乗車時は基本的には健側から乗車するようにする。患側がひっかからないようにする。

・ドアを閉める際は、手や足がドアに当たらないか確認し、ドアの閉める音でびっくりされないように声掛けを行う。

・降車介助、シートベルトを外し、降車時は基本的には患側から降車するようにする。患側が内側に入らないように介助する

*乗車・降車時には、頭をぶつけないように配慮してください。

*手すりを持てる方は、手すりを持ってもらいましょう。

*乗降・降車時には利用者の手の荷物は預かってください。

 

③乗車中の対応

・安全を第一として、急ブレーキ、急発進、急ハンドルはしない

 

3事業所到着

・停車してから、シートベルトを外し降車介助をする。転倒に気を付けながら介助する。

・転倒防止のため下りるときは1対1の移動介助をする。

・家族からの申し送りがあれば、スタッフに伝える。

・車両内に忘れ物がないかを確認する。

 

送迎が終われば

 

・車内に忘れ物やごみがないか確認する。

・タイヤの空気圧、破損部分の確認をする

・ガソリンのチェックをする

 

普段行っている送迎をマニュアルとして定期的に見直すことで、事故を防ぎサービスの向上につながります。

 

まとめ

 

今回の介護マニュアルは、新人さんなど指導にも使えるように、かなり細かく書いています。

 

手順書のような、チェックリストが望ましいと思いますので、アレンジしてもらえると嬉しいです。

 

押してもらえると、喜びます(∩´∀`)∩
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

-介護サービス, 介護マニュアル

Copyright© 介護 しもやんブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.