コロナ 介護サービス

【悲報】コロナの影響で退院できない要介護者たち(在宅ケアマネが語ります)

 

 

大阪市のとある区で在宅ケアマネをしている「しもやん」です。5/15現在「コロナ」が落ち着いてきたような雰囲気です

 

皆さんは、「コロナの影響」は、かなり受けましたか?

 

今回は、私の担当している方2人が「コロナの影響で退院できない」ので、そのお話をしていきたいと思います

 

 

コロナの影響でこうなるとは、思いませんでした(;^ω^)

 

この記事では

・ケアマネって、どんな仕事なの?

・「しもやん」の職場周辺で起きている介護事業所の状況は?

・要介護者がなぜ、退院できないの?

を書いていきたいと思います。

 

【悲報】コロナの影響で退院できない要介護者たち(在宅ケアマネが語ります)

 

ケアマネって、どんな仕事なの?

 

そもそも、在宅のケアマネってどんな仕事かを説明していきますね

 

ケアマネの仕事内容とは「ケアマネは、要介護や要支援の人の相談や心身の状況に応じ介護サービスを受けられるように介護サービス等の提供についての計画作成や、市町村サービス事業、施設、家族などと調整をおこなう者」いわば「調整役」です。

 

例えば、自宅で入浴が困難な要介護者にデイサービスの利用を提案したり、買い物や掃除ができない方にヘルパーさんを紹介したりしています。

 

ケアマネは、要介護の自宅に月1回以上の訪問が必須となっています。

 

そして、サービス利用状況の確認や困りごとを聞いたりしています。

 

もちろん、月に1回の訪問では終わらない方もおられます。(入退院を繰り返したり、新しく介護サービスを使用する際など)

 

ケアマネの実務の仕事を大きく分類すると

①PC作業 ケアプラン作成

②電話業務 事業所などサービスの調整

③書類整理

ですね。

詳しくはまたの機会で説明しますね

 

「しもやん」の職場周辺で起きている介護事業所の状況は?

 

令和2年4月7日に大阪府に緊急事態宣言が発令されました。 私が、働いている大阪市のとある区でも新型コロナウイルスに感染している人が出ています。

 

私の職場の区では、

・大きな病院の訪問リハビリの方

・クリニックのDR

に「新型コロナウイルス」の陽性が出ました。

 

まず、大きな病院の訪問リハビリの職員1名が新型コロナの陽性が出たので、訪問リハビリ全体が営業停止になりました。

 

私の担当の利用者Aさん1名(介護サービスは、デイサービスと訪問リハビリ利用)が、その病院の訪問リハビリを受けていました。

 

今回、コロナになったのは、私の担当の利用者Aさんのリハビリの職員ではなかったのですが

 

利用者Aさんに対して、デイサービスを利用している事業所から「念のため、訪問リハビリを受けた日から2週間以降でないとデイサービスの利用を受け入れられない」と言われました。

その間は、他のデイサービスやヘルパーさんも断られたので入浴はできませんでした。

 

当然の対応だと思っています。得体のしれない「コロナウイルス」なので、他の利用者さんを危険に合わすことはできませんからね

 

 

 

 

そして、クリニックのDRですが、私の担当のBさん1名(介護サービスは、デイサービスとヘルパーさんと訪問診療利用)の自宅へ毎月訪問診療に行ってくれていました。

 

クリニックのDRが、新型コロナの陽性が出たので、クリニックが営業停止になりました。

 

利用者Bさんに対して、デイサービス、ヘルパーを利用している事業所から「訪問診療を受けてから2週間以降(2週間本人の状態が変わりないと判断できてから)でないとサービスを提供できない」と言われました。

 

そのBさんは、独居で身寄りもいないし、膝、腰痛がひどくて、とても買い物など行けない状態でした。

 

金銭的にも余裕がない方なので、毎回宅配の弁当は厳しいし、この区では朝の宅配弁当はしていませんでした。

 

そのため、本人へ電話で買いたいものの注文をとり「買い物をドアノブにかける」作戦にしました。お金は、立て替えました。

 

 

まあ、ご利用者お二人ともコロナになっていなかったので、本当によかったです。2週間後に普段と変わりないサービスが受けれるようになりました。

 

4月下旬から、この区内のデイサービスでは

・営業自粛のためゴールデンウイーク明けまで休む

・1日型(朝9時ごろから夕方16時までの営業)を時間を短縮する

・1日型を半日に変更する

・デイサービスを複数利用者は、1つの事業所にしてもらう

事業所によって様々ですが、

このような、対応をされています。

 

5月15日現在もこの対応を、区内のデイサービスではされています。

 

4月下旬から、この区内の介護施設では

・新規の入居を停止

・短期入所生活介護(ショートステイ)の利用を停止

 

の対応をほとんどがされています。

5月15日現在もこのような対応をされています。

 

 

介護事業所だけが変わったのではありません。

 

利用者さんにも変化があります。

 

・デイサービスを休まれる利用者も少なくないです(デイサービスには大勢の利用者がいるので感染防止のため)

・訪問リハビリや訪問介護、訪問入浴、訪問介護を断る方も増えてきています。

・病院受診も本人は病院へ行かずに、ヘルパーさんが薬だけをもらいに行くようになってきています

 

要介護者がなぜ、退院できないの?

 

私の担当している方2人が今年3月に、区内の大きな病院へ入院されました。

 

4月中旬に退院予定でしたが、入院先で病院職員が「コロナウイルスに感染し陽性」が出ました。

 

私の担当の方は、コロナに感染していませんが、介護事業所が受け入れてくれないのです。

 

お二人とも、ヘルパーさんが毎日入らないと在宅生活ができない状態なんですよね。

 

介護事業所も院内でコロナ患者が出てから、2週間以降で(2週間本人の状態が変わりないと判断できてから)ないと自宅にヘルパー訪問できない(ヘルパーさんやヘルパーさんの家族、ヘルパーと接触する他の利用者を守るため)とのことなので、手の打ちようがありませんでした。

 

そのあと、その病院で次々と職員や患者に「コロナウイルスに感染し陽性」が出ました。

 

現在(5/15)も私の利用者は、退院できていません。

 

そのうち、1名は、身体状況が低下してしまい。在宅生活は、困難な状況になってしまいました。

 

現在、施設の受け入れ先を検討しています。

 

 

「コロナの影響」は、在宅介護でも大きな影響を与えました。

そして、退院して自宅で生活する予定の方が、今は施設を探す状態です(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

施設は、介護老人保健施設(リハビリをして在宅復帰を目指す施設)を希望されているので、がっつりリハビリをしてもらい。また、自宅で生活ができるように準備しておきますね

 

デイサービスコロナ 緊急事態宣言 事業所はどう対応・営業しているのか?

続きを見る

押してもらえると、喜びます
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

-コロナ, 介護サービス

Copyright© 介護 しもやんブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.