デイサービス デイケア 介護サービス

デイケアとデイサービスの違い どっちがいいの?現役ケアマネが解説!

デイケア」と「デイサービス」ってどう違うの?どちらがいいのか?教えてほしい。

 

在宅ケアマネの「しもやん」です。「デイケア」と「デイサービス」の違いを簡単に説明します。私が家族さんに「デイケアか?デイサービスか?」アドバイスするならこう言います。

 

「リハビリをガンガンしたい人は、リハビリ特化したデイケア」「ある程度のリハビリを望むならデイサービスでもデイケアでも本人が合うところでOK!」とアドバイスします!

 

リハビリ特化したデイケア?って何?

 

私は、デイケアの内容は大きく2種類あると考えています。これから、詳しく説明しますね

 

 

この記事では

デイケアとデイサービスの違い

デイケアの内容は大きく2種類⁉

デイサービスか?デイケアか?アドバイスするなら

 

デイケアとデイサービスの違い

「デイケア」と「デイサービス」の違いを具体的に見ていきますね

 

「デイケア」と「デイサービス」の違い

・料金

・利用目的

・利用時間

・利用手続き

・サービス内容

を比較して見ていきましょう

 

 

料金

結論から言うと、デイケアの方が料金は高いです!

介護度別で見てみましょう!

 

要支援1・2の方利用料金

要支援者の利用料金は、月額制です

対象者 デイサービス(総合事業) デイケア(通所リハビリテーション)
要支援1 週1回利用 約1800円 約2108円
要支援2 週2回利用 約3700円 約4108円

 

注意ポイント

*要支援の方は、月額制です。

*運動機能向上(約245円)は、どの事業所も加算をつけているので、上の表の料金に含めています。

*上記の表には、昼食代金は含まれていません(デイサービス、デイケアによっては昼食がある事業所もあります)

*栄養改善・口腔機能向上・処遇改善加算などは、含んでいませんので契約時に確認しましょう。

*介護保険負担割合の1割の方で、計算しています(介護保険負担割合が2割の方なら2倍、3割の方なら3倍の利用料金がかかります)

*生活保護の方は、昼食代などの介護保険外の費用はかかります。

*大阪市で計算しています。

 

要介護1~5の方の利用料金(1日型・定員30名以下・6時間~7時間)の場合

要介護者の利用料金は、利用回数ごとになります

介護度 デイサービス デイケア(通所リハビリテーション)
要介護1 約613円/回 約728円/回
要介護2 約724円/回 約871円/回
要介護3 約836円/回 約1010円/回
要介護4 約947円/回 約1176円/回
要介護5 約1059円/回 約1339円/回

 

注意ポイント

*上記の利用表には、昼食代金は含まれていません

*栄養改善・口腔機能向上・処遇改善加算・リハビリマネジメント加算、個別機能訓練加算、入浴加算、提供加算などは、含んでいませんので契約時に確認しましょう。

*介護保険負担割合の1割の方で、計算しています(介護保険負担割合が2割の方なら2倍、3割の方なら3倍の利用料金がかかります)

*生活保護の方は、昼食代などの介護保険外の費用はかかります。

*大阪市で計算しています。

 

デイケアの料金は、こちらで詳しくまとめています

デイケアの料金は? ざっくり介護度別で現役ケアマネが説明します!

続きを見る

 

利用目的

 

デイサービスとデイケアの利用の目的は少し違います

 

<デイサービスの目的>

・介護者の負担軽減が主な目的でしたね

<デイケアの目的>

デイケアでは、医師が常駐しており、医師の指示でリハビリが行われるのでリハビリが主な目的ですね

 

以前は、「デイサービス」より「デイケアの方がリハビリはいい」と言う風潮でしたが、最近ではデイサービスでもリハビリ(機能訓練)は十分な内容になってきています!

理由として、最近のデイサービスは、理学療法士、作業療法士がリハビリ(機能訓練)をしており内容も個別に計画され実施・評価されています。

つまり、今の歩行状態や筋力を維持すればいいぐらいなら、理学療法士、作業療法士が配置できているデイサービスでのリハビリ(機能訓練)で十分だということです。

 

全力でパワーアップするなら、デイケアにすべきです。(後で述べますが、リハビリ特化のデイケアがおすすめです)

 

利用時間

 

デイケアとデイサービスの利用時間に関しては、事業所で変わってきます。利用時間は、大きく分けて半日と1日があります。

 

デイサービス・デイケア(通所リハビリテーション)
半日型 例 9:00~12:30
1日型 例 9:00~15:30

 

利用手続き

デイサービス・デイケアの利用手続きの一番の大きな違いは

 

デイケアを利用するときには、主治医の意見書が必要です!

デイケアの事業所が、主治医に書いてもらう特定の様式を持っていますので、主治医にデイケアを利用したい旨を伝えて書いてもらいましょう!

*デイケアでは、主治医の指示でリハビリが行われるので必要になります。

 

デイケアの手続きの流れを下記にまとめています

デイケア 利用条件・利用までの流れ(ケアマネが解説します!)

続きを見る

サービス内容

デイサービスとデイケアのサービス内容は、事業所ごとに違ってきます。

 

デイサービス・デイケア(通所リハビリテーション)
半日型のサービス内容 リハビリ(機能訓練)・バイタル測定・(送迎)
1日型のサービス内容 リハビリ(機能訓練)・レクリエーション・バイタル測定・食事・入浴・おやつ・送迎

 

*整形外科などがおこなっているデイケアでは、送迎をしていない場合がありますので、確認しましょう!

 

デイケアの基本的なサービス内容は、こちらでまとめています

デイケア(通所リハビリテーション)のサービス内容とは?ケアマネが解説します!

続きを見る

 

デイケアの内容は大きく2種類⁉

デイケアの内容が2種類ってどういうこと?リハビリ特化のデイケアって何?

 

デイケアの運営は、介護老人保健施設と病院・診療所の2種類に分けられます。

デイケア参考資料 H29年厚生労働省

 

介護老人保健施設が行っているデイケアのサービス内容は、理学療法士、作業療法士を配置しているデイサービスとなんら変わりない状態(デイサービスのリハビリの質が上がってきている)になっています。

 

しかし

 

病院・診療所が行っている半日のデイケア(サービス内容はリハビリのみ)の方が、よりリハビリに特化しています。

地域性もあるかもしれませんが、理由は、病院・診療所の理学療法士、作業療法士は介護保険利用者だけでなく医療保険での患者も対応しています。

その分、リハビリをする対象者も範囲が広く、リハビリ器具など環境も充実しているところが多いです。

 

実際、私の職場の地域では、デイケアの事業所は5つあります。

その中の一つである整形外科のデイケア(半日型)は、よりリハビリに特化しています。

 

なぜ、そこがリハビリに特化しているのがわかるのか? 地域のデイケアを見ていますし、たくさんの利用者や家族、地域の人の口コミを聞くのでわかります。

 

 

 

デイサービスか?デイケアか?アドバイスするなら

結論は、冒頭でもお話ししたように「リハビリをガンガンしたい人は、リハビリ特化したデイケア」「ある程度のリハビリを望むならデイサービスでもデイケアでも本人が合うところでOK!」ですね。

 

実例を紹介していきますね

 

事例1

40代で脳梗塞。入院中に介護保険申請し要介護2.退院後、リハビリ希望。ゆくゆくは、会社で働きたい!

 

私の担当した方です。この方の場合は、リハビリ特化したデイケア(病院が運営)を利用してもらいました。

サービス内容は、半日で送迎とリハビリのみです。週3回利用されていました。

1年後、元の会社で働けるようになり、卒業しました。

 

事例2

80代大腿骨骨折し退院。自宅での動作も十分できている。入浴が困難で入浴希望、今の身体の状態を維持したい。

 

このような方は、理学療法士、作業療法士がいて、入浴をしているデイサービスを紹介しています。

*今後、ショートステイや施設入居を視野に入れるなら、特別養護老人ホームと併設しているデイサービスを紹介しますね。

 

まとめ

 

デイケアとデイサービスの違い

・利用料金は、デイケアの方が高い

・デイケアには、医師が常駐して医師の指示でリハビリがおこなわれる

・デイケアを利用するなら主治医の意見書が必要である

・デイサービスにも、理学療法士、作業療法士が配置されている事業所が増えてきている

・病院・診療所がおこなっている半日のデイケアは、よりリハビリに特化している

 

地域のデイケアの細かい内容までは、わからないわ

 

ケアマネは、地域のデイケアの特徴を知っているので、相談することをお勧めします。

 

デイサービスについては、こちらで詳しくまとめています

デイサービスとは (元デイサービス相談員・現役ケアマネが解説します)

続きを見る

 

-デイサービス, デイケア, 介護サービス

Copyright© 介護 しもやんブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.