ヘルパー 介護 転職 介護サービス

訪問介護の仕事内容とメリット・デメリット【現役ヘルパーから聞いた】

 

訪問介護(ヘルパー)を仕事にしたいと考えているんだけど…。訪問介護(ヘルパー)の仕事内容や良いところや大変なところを知りたいわ!

 

そのような疑問にお答えします

 

この記事では

訪問介護の仕事内容

要支援・要介護の違い

訪問介護計画書について

訪問介護 仕事内容 1日の流れ

訪問介護 仕事をするために必要な資格

訪問介護の仕事でもらえる給料は?

訪問介護の仕事をして感じたメリット・デメリット

 

 

この記事の信頼性

自己紹介 デイサービス相談員

この記事を書いている私は、現役の在宅ケアマネです。

職場に併設されている訪問介護事業所があり、内部の状況も詳しく知っています。

 

訪問介護の仕事は、要支援・要介護認定を受けた方の自宅へ訪問し、入浴介助などの「身体介助」や買い物などの「生活援助」を行うサービスです。

 

 

今回は、訪問介護の仕事内容、給料、必要な資格などを紹介していきます。

 

訪問介護として、働いてみたい方や仕事内容を詳しく知りたい方は、最後まで読み進めてみてください。

 

 

訪問介護の仕事内容

 

訪問介護の仕事内容

訪問介護の仕事内容は、大きく3つあります。

生活援助

身体介助

通院介助

 

一つずつ説明します

 

訪問介護 生活援助

 

訪問介護の生活援助です。

 

生活援助とは、利用者の日常生活に最低限必要な家事の援助。

 

例えば

・掃除

・洗濯

・買い物

・調理

 

生活援助は、本人の使用している場所の掃除や本人が必要な食べ物の購入などに限られ、同居家族の食材の購入などはできません。

 

嗜好品(酒・たばこ)やお歳暮の購入などは、介護保険で訪問介護は対応できません。

 

訪問介護の「できること」「できないこと」は、こちらで詳しくまとめていますのでご覧ください

訪問介護「できること」「できないこと」って何?ケアマネが徹底解説!

 

訪問介護 身体介助

 

訪問介護の身体介助です。

 

身体介助とは、基本的に「利用者の体に触れて」行う介助を言います。

 

例えば

・入浴介助

・排せつ介助

・食事介助

・更衣介助

・移動介助

 

このように、利用者の身体に触れるサービスを言います。

 

訪問介護の身体介助には、医療行為はできません。

 

訪問介護 通院介助

 

訪問介護の通院介助です。

 

通院介助とは、利用者が医療機関などに付き添いをするサービスです。

 

基本的には、院内の待ち時間は介護保険の適用ではありませんが、利用者の状況によって介護保険で適用される場合があります。

 

実際の院内での待ち時間は、

・介護保険適用ではないので、自費サービスを利用する

・訪問介護が、ボランティアで行っている

 

院内の待ち時間に関して、介護保険に該当するかしないかは、ケアマネと相談してみましょう。

 

 

訪問介護 要支援と要介護の違い

訪問介護 仕事内容 要支援と要介護の違い

 

訪問介護の仕事内容は、利用者が

要支援(要支援1~2)

要介護(要介護1~5)

でサービス内容が異なります

 

それぞれ、説明します

 

訪問介護 要支援の仕事内容

 

訪問介護で要支援者の仕事内容を紹介します。

 

要支援1の場合

 

・訪問介護の利用回数は、週1~2回

・時間は、約30分(事業所で異なる)

・生活援助のみ行う

 

要支援2の場合

 

・訪問介護の利用回数は、週1~3回

・時間は、約30分(事業所で異なる)

・生活援助のみ行う

・利用料金は、月額制

 

 

要支援者のサービス内容は、家事しか行わない事業所が多いです

 

(要支援の方は、比較的に体が元気なので「身体介助」は必要がないと判断されるためです)

 

訪問介護 要介護の仕事内容

 

要介護1~要介護5の訪問介護の仕事内容を紹介します。

 

要介護者の訪問介護には、身体介助や生活援助、通院介助が含まれます。

 

訪問時間と内容によって料金も変わってくる

・身体介助1なら20分~30分未満

・生活援助2なら20分から45分未満

 

訪問介護の利用回数・利用料金は

・訪問介護の利用回数は、人によって違う

・利用料金は、利用するごとにカウントされる

 

要介護者の場合、利用者によって利用回数が違う。

例えば、1日3回の方もいれば、週1回の利用の方もいます。

 

訪問介護計画書について

 

訪問介護 仕事内容 訪問介護計画書について

 

 

訪問介護の仕事内容は、ケアプランに沿って「訪問介護計画書」通りに行われます。

*ケアプランとは、利用者の目標に向けて利用するサービスの種類や頻度を決めた利用計画書のことです。

 

 

訪問介護計画書とは

 

ケアプランに沿って、訪問介護計画書が作成されます。

 

訪問介護計画書とは、

利用者と訪問介護事業所が、必要なサービスの内容をあらかじめ契約し、サービスの「内容」「提供方法」「提供手順」を明確にした計画書です。

 

 

私の担当の方で、事例を紹介していきますね

・要介護1 80代

・独居。両膝関節症で膝痛が継続

・家内は伝い歩きで、デイサービスの行く準備が負担

・外出は、歩行器で休み休み歩く

・家事全般が困難

 

 

ヘルパーさんに手伝ってもらいたい 困りごととしては

買い物

デイサービスの準備

家事全般

 

この方の訪問介護計画書の内容は、

訪問介護計画書

援助目標…ヘルパーと共にできることは継続して行ってもらい。在宅生活を継続できるように支援していきます。

安全、安心してデイサービスの準備や移動ができるように支援していきます

 

本人の意向

洗濯、買い物、掃除を支援してほしい

デイサービスにいく着替えの準備などができなので手伝ってほしい

 

家事の具体的な援助内容はこのようになります

サービス区分 サービス内容 所要時間
生活援助 サービス準備 体調確認 3分
洗濯・買い物 コインランドリーで洗濯・買い物 40分
掃除 居室・トイレ 10分
片づけ コインランドリーから洗濯物を取り入れる 5分
記録 記録・捺印 2分

あくまでも、目安の内容と時間です。

 

身体介助の具体的な援助内容はこのようになります

サービス区分 サービス内容 所要時間
身体介助 サービス準備 体調確認 2分
服薬確認・排泄確認・更衣介助・外出準備 20分
記録・押印 2分
1階まで移動介助 5分

あくまでも、目安の内容と時間です。

 

 

このように、訪問介護計画に沿ってヘルパーさんは、サービスを行っていきます。

 

・ヘルパーのサービス責任者(サ責)が、訪問介護計画書を作成し「利用者に説明・同意・交付・署名」をおこなう。

・基本、ケアプランが変更になれば「訪問介護計画書」も変更し作成する。

 

もちろん、人を相手にする仕事なので臨機応変な対応も求められます

 

 

訪問介護 仕事内容 1日の流れ

 

訪問介護 仕事内容 1日の流れ

職場で併設している、訪問介護事業所の1日の流れを紹介します。

 

訪問介護 1日の流れ

 

訪問介護の仕事内容 1日の流れです。

 

サービス責任者の訪問は、1日5件から7件訪問しています。

 

訪問介護の1日の流れ

訪問介護(6件訪問の例)
8:30 出勤・利用者2件訪問
11:30 利用者訪問
12:30 利用者訪問
13:30 昼食・事務処理
14:30 利用者2件訪問
16:30 事務処理
17:00 業務終了

 

併設の訪問介護事業所の職員数は

・サービス責任者(正社員)3名

・登録ヘルパー(パート)5名

 

サービス責任者は3名いますが、公休で1名休むと2名で訪問するので、ほとんど事務所に居ません。

 

訪問から帰ってくると、訪問介護計画書や利用報告書(ケアマネへ送る)を作成しています。

 

 

訪問介護 仕事をするために必要な資格

 

訪問介護 仕事をするために必要な資格

 

訪問介護で仕事をするためには、資格が必須です。

資格には

介護職員初任者研修

実務者研修

介護福祉士

3つの資格があります。

 

期間も短く、費用も抑えられて、取りやすい資格は介護職員初任者研修です。下記の記事に詳しく書いていますのでご覧ください。

ヘルパー(訪問介護)の資格取得には?内容・料金・条件【元講師が解説】

 

 

訪問介護の仕事でもらえる給料は?

 

訪問介護の仕事でもらえる給料は?

 

訪問介護の仕事でもらえる給料を紹介します。

 

こちらは、令和元年の訪問介護の給料を載せています。

訪問介護の仕事でもらえる給料

 

 

厚生労働省 令和元年介護事業経営概況調査

 

ご覧の通り介護福祉士を持っている職員は

介護福祉士なら、月に316789円 

・介護職員(介護福祉士は持っていない)月に299836円

 

 

介護福祉士の資格の有無で、月に約1.7万円違ってきます

 

私の職場の方が

①介護職員初任者研修を取得して

②実務者研修を受講し

③介護福祉士を受験して合格

されています。

 

介護業界全般、介護福祉士の有無でかなり給料差があります。介護福祉士を取得する方が良いですね。

 

ちなみに

登録ヘルパーさんの時給は

・時給1100円から3000円(地域によって差が大きい)

 

 

訪問介護の仕事をして感じた メリット・デメリット

 

訪問介護の仕事をして感じた メリット・デメリット

 

現役の訪問介護の方に、仕事で感じたメリット・デメリットを聞きました。

 

 

訪問介護をして感じたメリット

 

訪問介護の仕事をして、感じた良かったことやメリットを紹介します。

 

良かったこと・メリットは

一人一人に向き合って仕事ができる

日勤のみで体調管理がしやすい

どんなに辛くても時間がくれば帰れる

高齢でも仕事ができる

利用者が次第に心を開いてくれたと感じた時

 

訪問介護の仕事の特徴として

・決められた時間で大勢の利用者を対応するのが苦手な方

・チームでの人間関係が煩わしい方

・夜勤で体調を崩しやすい方

は、訪問介護は働きやすい職種かもしれませんね。

 

比較的体力を消耗する場面が少ないので、登録ヘルパーさんの中には、60代・70代の方も活躍されています

 

介護の転職をお考えの方は、職場・職種選びが大切です。詳しくは、こちらをご覧ください。

介護職の職場 選び方を3つのステップで解説【転職経験者のケアマネ】

 

訪問介護をして感じたデメリット

 

訪問介護をして感じた、辛いことやデメリットを紹介します

 

辛いことやデメリットは

外回りなので、気温や気候の影響を受ける

不衛生な自宅がある

暖房・冷房がない自宅は、辛い

 

不衛生な家や冷暖房が無い家に関して、私の担当で言えば55名中2名くらいです。

 

 

訪問介護の大変なことは、こちらで詳しくまとめています。

訪問介護 大変なこと7つ紹介!【現役ヘルパーさん】に聞いてみた!

 

 

まとめ:訪問介護の仕事をしてみよう

まとめ:訪問介護の仕事をしてみよう

 

 

訪問介護の仕事に興味を持たれた方は、一度働いてみてはどうでしょうか?

 

一般企業から転職した方、一人で大勢の利用者を介護する特養から転職された方、理由は様々ですが

 

私の職場では、「ヘルパーをしていて皆さん楽しそうです」

 

近年、副業解禁の風潮もあり、隙間時間に「登録ヘルパー(パート)」として働く方法もありますよ。

 

誰もがいずれ経験する介護の体験をできる機会になります。

 

今回は、以上になります

 

 




-ヘルパー, 介護 転職, 介護サービス

© 2021 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5