レンタル・住改・購入 申請・手続き 介護サービス

介護保険 住宅改修【ケアマネが解説】知らないと損する注意点を紹介!

母が入院しているけれど、退院したら手すりが取り付ければ安全だと思う。

介護保険での住宅改修は、どんな工事をしてくれるのかな?

手続きは、どうするの?

 

そんな疑問にお答えします

 

本記事の内容

介護保険 住宅改修とは

介護保険 住宅改修の対象となる工事とは

介護保険 住宅改修の流れ・手続き

介護保険 住宅改修の費用

介護保険の住宅改修で特に注意が必要なこと

 

この記事の信頼性

自己紹介 デイサービス相談員

この記事を書いている私は、現役の在宅ケアマネです。介護保険の住宅改修には、40~50件関わってきました。

 

介護保険の住宅改修の流れ・手続きや気を付けるべき業者について、解説していきます。

安全に安心して住宅改修をしたい方は、最後まで読み進めてください。

 

介護保険 住宅改修とは

 

介護保険 住宅改修とは

 

介護保険の住宅改修とは、自立や介護をしやすい生活環境を整えるため、小規模な住宅の工事をおこなうことです。

 

 

介護保険で住宅改修できる3つの条件

 

住宅改修の条件は、3つあります。

 

住宅改修の条件

要介護認定の結果が出ている方(要支援1~要介護5)が対象

介護保険証の住所地であること

住宅改修の工事費は、一人20万円が限度で、その1割~3割が自己負担です(本人の所得額によって異なる)

 

3つの条件を満たせば、介護保険を利用した住宅改修ができます。

 

住宅改修を再利用できる条件は2つ

 

一度介護保険で住宅改修をおこなっても、再度住宅改修ができる場合があります。

 

ポイント

①『介護の必要の程度』の段階が3段階以上あがった場合 (例:要介護1から要介護4になった)

②引っ越しをして介護保険証の住所が変った場合

 

①②では、再度20万円分住宅改修を利用することができます。

 

住宅改修の利用方法

 

意外と知られていない、住宅改修の利用方法

 

・両親の2人が要介護認定を受けていれば、住宅改修の工事費は合計40万円が限度となります。

・1回の改修で20万円まで使い切らずに、数回に分けて使うこともできる

 

住宅改修の利用方法は、夫婦で合算し利用できたり、数回に分け利用ができます。

 

 

介護保険 住宅改修の対象となる工事とは

 

介護保険 住宅改修の対象となる工事とは

 

 

介護保険での住宅改修では、①~⑥の内容と決められています

 

住宅改修の内容

①手すりの取り付け

②段差の解消

③滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更

④扉の取り換え

⑤便器の取り換え

⑥1~5の各工事に付帯して必要と認められる工事

 

一つずつ紹介していきます。

 

①手すりの取り付け

 

取り付ける壁の強度や素材によりますが、廊下、トイレや浴室、脱衣所、玄関などに手すりを取り付けてくれます。

 

 

②段差の解消

 

居室や廊下、トイレ、浴室、玄関などの床の段差及び玄関から道路までの通路の段差や傾斜を解消する。

 

 

③滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更

 

滑りにくい素材へ変更する(例:フローリングからビニール系の床素材へ変更など

 

 

④扉の取り換え

 

開き戸から引き戸、折れ戸やドアノブの変更など

 

 

⑤便器の取り換え

 

和式便器から洋式便器への取り換え*H27年度から便器の位置・変更も追加される。

 

 

⑥上記①~⑤の各工事に付帯して必要と認められる工事

 

手すりをつけるために壁の下地を補強するなど

 

 

 

介護保険 住宅改修の流れ

 

介護保険 住宅改修の流れ

 

まず、介護保険の認定が必要になります。(要支援1~要介護5であれば利用できます)

 

 

まだ、介護保険の申請をされていない方は、こちらを見てください

 

介護保険 申請の条件・流れ・タイミングを【ケアマネ】が解説します!

続きを見る

 

 

手続きは、このようになります

住宅改修の手続き

①担当ケアマネ(地域包括支援センター)へ相談

②住宅改修内容の検討

③介護保険課へ事前申請

④事前申請確認書兼完成届け出書の交付

⑤住宅改修着工

⑥介護保険課へ事後報告

 

*③④⑥は、住宅改修の業者がすべて行ってくれます。

 

一つずつ説明します

 

①改修工事をする前に担当のケアマネに相談

 

介護保険で住宅改修をする前に担当のケアマネに相談する

 

理由は、

最近悪徳な住宅改修業者がいて、不当に高額で工事をする被害も実際にあります

ケアマネは、普段から住宅改修をする業者(介護保険で住宅改修をする届け出をしている)を何社か知っていますので安心です。

 

 

担当のケアマネがいない場合は、どうすればいいの?

 

最寄りの地域包括支援センターに相談しましょう!包括さんも住宅改修業者は、知っています。

こちらで最寄りの地域包括支援センターを調べれますよ!

介護 情報公開システム

 

②住宅改修内容の検討

 

住宅改修の内容をプロと検討する

 

具体的には

本人、ご家族、ケアマネ、施工業者、場合によってはPT(理学療法士)さんとで、自宅内のどこが危険なのかを確認します。

どの位置に、手すりをどの角度でつけるほうが、転倒の予防になり、安全かを検討する。

施工業者は、見積もり書を作成、介護保険課に提出するために見取り図を描いたり、工事個所の写真を撮ります。

 

*業者が見積書が完成すれば見せてくれますので、値段や改修カ所の確認する。

 

 

自宅内で転倒が多い場所や転倒予防策を知りたい方は、こちらをご覧ください

転倒防止 高齢者が【要介護】にならない予防策をケアマネが提案します!

続きを見る

 

 

③介護保険課へ事前申請

 

住宅改修前に介護保険課に提出する書類は以下の通りです(住宅改修業者がすべてしてくれます)

 

〇住宅改修費事前確認書及び支給申請書

〇住宅改修が必要な理由書(ケアマネか業者が作成します)

〇見積書

〇改修カ所の工事前の写真

〇住宅の平面図

〇住宅改修の承諾書(住宅の所有権が被保険者本人以外の場合必要です)*ちなみに市営住宅などは許可に10日ほどかかるようです。

〇委任状(被保険者本人以外の口座へ振り込みを希望する場合必要です)

 

 

④事前申請確認書兼完成届け出書の交付

 

介護保険課で事前申請を確認し不備がなければ『事前申請確認書兼完成届け出書』を交付されるので住宅改修に着工できます。

 

交付後申請を取り下げる場合は介護保険課へ連絡する。

 

*工事の数日前などに入院した際は、本人の状態も変わり、万一在宅へ帰らなければ、全額自己負担になります。その場合、工事は取り下げるべきです。

 

 

⑤住宅改修着工

 

住宅改修着工後に、施工場所や材料などに変更があった際には改修工事を中断し介護保険課へ連絡する(再度、見積書、写真などの提出が必要になる場合があります)

 

 

⑥介護保険課へ事後報告

 

住宅改修後、介護保険課へ報告します(住宅改修業者がすべてしてくれます)

 

住宅改修の完成後

〇事前申請確認書兼完成届け出書

〇領収書

〇請求明細書

〇改修カ所の工事後の写真

 

流れとしてはこのようになります

 

住宅改修の申請をしてから、どれくらいで工事してもらえるの?

 

おおよそ2週間から3週間ですね。お盆や年末年始が絡むと役所や業者が休みなので更にかかります。

 

 

介護保険 住宅改修の費用

 

介護保険 住宅改修の費用

 

住宅改修の費用は

 

住宅改修の費用は

住宅改修の工事費は、20万円が限度で、介護保険負担割合証に記載されている1割~3割が自己負担です(本人の所得額によって異なる)

住宅改修の支払いは、基本償還払いです(全額支払った後に、1割負担の方なら9割返ってきます)

*生活保護の受給者は、市町村の負担となりますが必ずケースワーカーさんと相談してくださいね!

 

介護保険負担割合証

 

介護保険負担割合証とは

・介護保険サービスを受けた場合は、ご本人の所得などに応じて1割~3割の負担となります。

・介護保険認定を受けた方は、介護保険証と同時期に送られてきます。

 

利用者負担判定の流れ

 

 

 

介護保険 住宅改修 5つの注意点

 

介護保険 住宅改修 5つの注意点

 

住宅改修で注意点が5つあります

・入院中に住宅改修をする場合

・知り合いの工務店へ依頼したい

・工事の前日に入院した場合

・賃貸を利用している場合

・悪徳業者に注意

 

一つずつ説明します

 

①入院中に住宅改修をする場合

 

注意ポイント

入院中に退院を見越して住宅改修をした場合、万一退院できなかったり、そのまま施設に入居すれば住宅改修の工事費は全額自費になります。

 

全額、自費はさけたいです。

 

 

退院後すぐは、レンタルの手すりなどを利用するのも方法ですね

 

 

レンタルの手すりは、こちらでまとめています。

介護保険 手すり レンタル
介護保険で手すりをレンタルする方法・費用は?【ケアマネが解説】

続きを見る

 

 

②知り合いの工務店に依頼したい

 

 

知り合いの大工さんに、依頼しようかな?

 

 

その知り合いの工務店が住宅改修をする登録を保険者にしているか? 登録をしなければ、認められません。

 

 

③工事日の前日に入院した

 

 

工事の中止はできるので中止しましょう。

 

 

本人の状態が変わって、万一退院できなかったり、そのまま施設に入ると全額自己負担になります。

 

 

④賃貸の方の場合

 

賃貸の方は、必ず大家さんの了解を得るようにしましょう!

 

退居の際にも、どうしたらいいのか確認しましょう。

 

市営などなら住宅改修の業者が了解を得てくれる場合もありますよ!

 

 

⑤悪徳業者に注意が必要

 

 

大阪でもある業者が無理に押し売りしたり、高額な請求などで業務停止になっています。

 

 

頼むならケアマネにお願いするわ!怖いわ!

 

悪質な業者の手口

①年寄りに「住宅改修を安くできる方法を手伝うよ」と上手く言って「要支援・要介護認定の申請」を出します。

②業者が認定調査にまで立ち合うこともあるようです。

③認定が出れば、利用者に住宅改修の話をします。

④住宅改修に必要な手続きを業者が行います。

⑤実際は、安い工事費用だが「高額で請求する」。

ケアマネがいなくても住宅改修はできるのです。

 

対応策としては、知らない人が来て「住宅改修」「介護の申請をします」と言ってくれば

・家族と相談します

・地域包括支援センターと相談します

と返答するほうがいいですね。

 

 

この記事のまとめ

介護保険 住宅改修とは

住宅改修の流れ・手続き

・要支援、要介護認定が必要

住宅改修の費用

・一人20万円まで利用

・条件を満たせば再利用できる場合もある

住宅改修の注意点

・入院中にした場合、退院しなければ全額自己負担

・業者は、保険者へ届け出が必要

・工事日前に入院したらキャンセルしよう

・賃貸は、大家さんに了解を得る

・悪質業者に注意

 

 

住宅改修は、本当に怪しい業者もいるので注意が必要です。 私ならケアマネに相談しますね。

 

 

介護保険で購入できる福祉用具は、こちらでまとめています

福祉用具購入 条件・種類・購入の流れを【現役ケアマネが解説!】

続きを見る

 

大切な人を守るアイテムです。実際に、利用されていますよ!

【在宅ケアマネ推奨】高齢者の事故を予防する アイテム 9選

続きを見る

-レンタル・住改・購入, 申請・手続き, 介護サービス

© 2021 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5