訪問リハ・訪問看護 介護サービス

訪問看護 利用条件・利用の手続きは?ケアマネが解説します!

介護保険で、訪問看護を利用したいけど?どうすればいいのかな?

 

在宅ケアマネの「しもやん」です。介護保険の訪問看護の利用条件・利用手続きについて説明します。

 

この記事では

・訪問看護とは

・訪問看護の利用条件・利用手続き

について書いていきます。

 

訪問看護とは

まずは、基礎知識を説明しますね!

 

訪問看護とは、主治医の指示で看護師などが自宅に訪問して利用者に対して、身体状況に応じた看護を提供する介護保険サービスです。

 

訪問看護の内容

訪問看護婦さんが行ってくれる内容です!

訪問看護の内容

・健康状態の把握・観察

・健康や病状などの相談や助言

・病状の悪化防止や早期発見・病状の回復

・リハビリテーション

・点滴や注射、吸引や褥瘡の処置など医療処置

・緊急時の対応や助言

・服薬管理や疼痛の管理

・入浴介助や清拭

・主治医・歯科医師・薬剤師・ケアマネとの連携

私の担当者で訪問看護を利用している方は、現在10名おられます!利用者さんは、独居か高齢者世帯ですね。

 

利用者さんから、訪問看護を利用して良かった点など聞かせてほしい!

 

病状の相談やアドバイスをもらえるのが、安心で助かると言われています。

 

DRには、言いにくい点もあるようです。あとは、緊急時訪問加算ですね。24時間電話での常時対応は、高齢者にとってかなり安心と言われますね

 

訪問看護の利用条件・利用手続き

 

ここでは、介護保険での訪問看護の利用条件・利用手続きを説明します。

 

利用するには、介護保険の認定が必要になり、ケアプランに位置付ける必要があります

 

①介護認定を受ける

②ケアマネと契約しケアプランを作ってもらう

・ケアマネとの契約

・ケアマネがケアプランを作る

③訪問看護との契約

④訪問看護の利用

①介護認定を受ける

 

介護保険の訪問看護を利用するには、介護認定が出ていることが条件になります。

 

要支援1・2

要介護1~5

の認定が出ていることが条件です。

*有効期限が切れている方は、再度申請をしましょう!

*要介護申請をしてから、約1~2か月かかりますので。早めに申請をしましょう!

まだ、介護の認定を受けていないわ!

 

介護認定の申請をしていない方は、こちらを参照してください
【ケアマネが解説!】介護保険申請の流れ、サービス利用の流れを教えます!

続きを見る

 

現在の介護を見直してほしい方は、こちらです。

介護保険 区分変更のメリット・デメリットをケアマネが解説します!

続きを見る

②ケアマネと契約しケアプランを作ってもらう

 

介護の認定が出れば、どうすればいいの?

 

介護認定を受けた後は、ケアプランを作ってもらう必要があります。

 

ケアマネにケアプランを作ってもらうには、ケアマネとの契約が必要です。

 

ケアマネとの契約

 

介護認定が出れば、介護保険証が送られてきます。要支援1・要支援2の方は、地域包括支援センターへ連絡し、要介護1~5の方は、居宅介護支援事業所へ連絡しましょう!

 

①認定結果が要支援1・2の方は、地域包括支援センターと契約をします。

 

②認定結果が要介護1~5の方は、居宅介護支援事業所のケアマネと契約をします。

 

どちらも、契約、解約には費用が発生しません。

 

ケアプランの作成(ケアマネが作ってくれます)

 

訪問看護を利用するには、ケアプランが必要なんですね。ケアプランて何?

 

ケアプランは、ご利用者が「これからどのような生活を送りたいか」と目標設定し、その目標に向けて、利用するサービスの種類や頻度を決めた利用計画のことです

 

まず、ケアマネは、利用者の心身の状態や生活環境を把握します。

その時に課題分析といって、困っていることや在宅の生活がスムーズにできるように考えます。

利用者・家族・サービス事業所・ケアマネとで在宅の生活がスムーズにできるように検討します。

ケアプランの作成 利用するサービスの種類や回数を決定します。

 

これで、やっと訪問看護が利用できるのね

 

まだ、1番重要なことがあります

 

訪問看護を利用するには、主治医の指示書が必要です。

実際に、介護保険での訪問看護の導入ですが

・退院前のカンファレンスで導入する方が多いですね。

(退院前に自宅での療養に在宅サービスが必要な場合に行われる会議)

自宅での服薬管理・褥瘡の処置が継続して必要・酸素をしていて継続的な状態観察が必要など

後は、事業所との契約ですね

 

③訪問看護との契約

 

サービス事業所と本人が契約をします

 

契約時に、緊急時のことや利用当日キャンセルした場合など確認しておきましょう

 

④訪問看護の利用

 

これで、訪問看護の利用手続きが終わりました。

 

訪問看護を利用するまでに手続きが多いですね

 

でも、どの訪問看護がいいかわからない

 

ケアマネは、地域の訪問看護の特徴を知っています。24時間電話対応がいいのか?どの病院のどのDRとスムーズにやり取りをしているのか知っていますので、相談してみましょう!

 

まとめ

 

訪問看護の利用条件・利用の手続きは

 

①介護認定を受ける

②ケアマネと契約しケアプランを作ってもらう

・要支援1・2は、包括支援センターと契約

・要介護1~5は、居宅介護支援事業所と契約

・ケアマネがケアプランを作る

・訪問看護との契約

・訪問看護の利用

 

訪問看護を利用すれば、安心ですね

 

特に、独居の方、高齢者世帯では病状の悪化を見落としやすいです。また、ヘルパーでは基本医療行為もできませんし医療職ではないので、医療的な処置が必要な方は利用すべきですね。

 

訪問看護の費用については、こちらでまとめています。

介護保険 訪問看護 単位数・費用・内容を在宅ケアマネが解説します!

続きを見る

 

訪問看護 医療保険と介護保険の違いをまとめています

訪問看護 医療保険 介護保険 違い ケアマネが解説!

続きを見る

 

医療系の介護保険サービスを利用すれば、医療費控除の対象になりますよ

医療費控除 おむつ代 ケアマネが解説!

続きを見る




-訪問リハ・訪問看護, 介護サービス

© 2020 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5