ヘルパー 介護サービス

訪問介護 大変なことは?現役、ヘルパーさんに聞いてみた!

在宅ケアマネをしている「しもやんです」!

 

今回は、訪問介護(ヘルパー)さんにヘルパーをしていて「大変なこと」を教えてほしいとお願いして聞いてみました!( ´艸`)

 

どんな仕事でも、個人差はあるでしょうが「大変なこと」はあるかもしれません。

 

ヘルパーさんが「ご苦労されている」ところを知ることも良いのではじゃないでしょうか?

 

あたたかい目で読んでもらえると嬉しいです!

 

 

この記事は

訪問介護って何?

・訪問介護で大変だなあと思ったこと

 

を書いていきます

 

 

訪問介護って何?

 

まず、訪問介護(ヘルパーさん)の説明をしていきます。

 

訪問介護とは、要支援・要介護認定を受けた方の自宅へ訪問し、入浴、排せつ、着替え、食事介助などの「身体介助」や調理、洗濯、掃除、買い物などの家事といった「生活援助」を行うサービスです。

基本的には、ヘルパーさんは利用者の自立した在宅生活をサポートする、自立支援が目的にあります。

*なんでもしてくれる「お手伝いさん」では、ありません。

よくヘルパーさんを「お手伝いさんと勘違いされる利用者さん」もいるので、ケアマネもヘルパーさんも事前説明は必要ですね

 

ちなみに

<要支援1の方>

週1~2回程度 ヘルパー利用可能です。1回あたりの時間は、約30分が多いですね

内容は、家事しか行わない事業所が多いです(要支援に方は、比較的に体が元気なので「身体介助」に必要がないと判断されるためです。

<要支援2の方>

週1~3回程度 ヘルパー利用可能です。1回あたりの時間は、約30分が多いですね。

内容は、家事しか行わない事業所が多いです(要支援に方は、比較的に体が元気なので「身体介助」に必要がないと判断されるためです。

<要介護1~要介護5の方>(訪問介護の場合、デイサービスと違って要介護1でも要介護5でも料金は同じです)

「身体介助」…基本は利用者の体に触れる介助ですね、

排せつ介助・オムツ交換、トイレ誘導や食事介助、入浴介助、清拭、更衣介助、外出介助、体位交換、整容、洗面介助、移乗介助、食事をすりつぶして刻み食を作るも身体介助です。

例 (身体1)時間が20分~30分未満 1回約300円(介護保険負担割合証1割で計算しています。あくまでも、ざっくり計算です)

「生活援助」…基本は、利用者の体に触れない介助ですね。

洗濯、掃除、買い物、調理などです。

例 (生活2)時間が20分から45分未満 1回約230円(介護保険負担割合証1割で計算しています。あくまでも、ざっくり計算です)

(生活3)時間が45分以上 だいたい1時間が多いですね   1回約280円(介護保険負担割合証1割で計算しています。あくまでも、ざっくり計算です)

*特に生活援助は、見てのとおり時間の幅があります。事業所によって時間が異なるので確認しましょう。

 

訪問介護で大変だなあと思ったこと

 

外回りなので、日焼け対策、雨、風の影響をもろに受ける

 

ヘルパーさんは、利用者の自宅へ訪問します。多くのヘルパー事業所のサービス責任者も訪問に1日5~8件は訪問されていますね。

 

もちろん、近い場所ばかりではありません。

 

現場から次の現場まで時間がかかることもあります。

 

ヘルパーさんは女性が多いので、皆さん日焼け対策をされています。(すれ違ってもわからない(;^ω^))

 

夏は暑く、冬は寒いので施設での介護職員に比べると雨でも風でも訪問はあるので、大変な仕事だと思います!いつも、ありがとうございます!

 

 

ケアを受ける人や環境が様々

 

①ごみ屋敷

利用者にとっては、大切なものだとは思ってはいるのですが…悪臭や害虫がいる現場は辛いと言われます。(私も辛いです(;^ω^))

 

ケアマネとしても、少しづつ信頼を得て片付けるように持っていき、ようやく片付けても

 

次に訪問すれば、すっかり元に戻っています。(ヘルパーさんが入っても追いつけない場合があります)

 

②湯がでない

オムツ交換が必要な方の自宅に給湯器がないため、湯がでない。

そのような、自宅では湯を沸かし人肌程度の温度にしてから、湯を使用して清拭をするそうです。

 

③冷暖房がない

夏の暑い季節に、自宅でのお風呂介助を行ない汗だくになるそうです。

入浴介助後も冷房もないので、かなりつらいと話されていました。(本人は、暑がらないそうです)

近年は、暖冬なのでましとのことですが

暖房がない真冬での掃除はつらかったと話されていました。

 

④ベッドがない

寝たりでオムツ交換や清拭も必要だが、金銭的な事情や部屋の環境でベッドがない。

屈んでのケアを行うので腰が辛い。

 

⑤介護拒否がある

特に初めのころは、ヘルパーさんに対して「もう来るな」「やらんでいい」などと拒否傾向がみられることがあります。

認知症や人に対しての警戒があるので、仕方がないと頭では理解しているが「辛い」と話されます。

でも、次第に信頼ができて拒否されることがなくなり「また、来てね」「助かった、ありがとう」って言われると

この仕事しててよかったと思うようです。(私も同感です)

 

⑥セクハラ

男性の利用者が、女性のヘルパーさんに性的なイメージにつながる言葉を言うことがあるそうです。

ボディタッチはないそうです。(もちろん、あれば即解約ですけどね)

*必ず、凛とした態度をとり「不快」と感じれば上司やケアマネに相談しましょうね!

 

まとめ

 

デイサービスの職員や施設の介護職員とは違って、訪問介護は1対1の仕事です。

 

利用者の自宅というテリトリーに入り、利用者の今までしてきた生活に入り込まなければいけません。

 

たまにデイサービスでは、職員にもやさしい利用者ですが、ヘルパーさんにはきつく当たる利用者もおられるようですね。

 

もちろん、利用者さんが一方的に悪いわけではないかもしれませんし、ヘルパーさんが悪いわけでもないかもしれません。

 

 

ただ言えることは、ヘルパーさんは「大変なこと」を体験しても「よかったこと」を体験することで「この仕事のやりがい」を感じている

 

ケアマネも同じでーす(笑)

 

訪問介護(ヘルパー)については、下記にまとめています。

訪問介護とは(サービス内容、費用、利用までの流れ)ケアマネが解説します!

続きを見る

 

 

押してもらえると、大喜びします
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

-ヘルパー, 介護サービス

Copyright© 介護 しもやんブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.