ヘルパー 介護サービス

訪問介護 2時間ルール 現役ケアマネが解説します!

訪問介護は、訪問すれば2時間空けないと訪問できないと言われたけど…できないのかな?

 

在宅ケアマネの「しもやん」です。結論から言うと2時間以内でも訪問はできます

 

なぜ、2時間空けないといけないのか?2時間空けなくても良いケースを説明しますね!

 

この記事では

・訪問介護 2時間ルールとは

・2時間以内でも算定が認められケースとは

を書いていきますね!

 

訪問介護 2時間ルールとは

訪問介護 2時間ルール

 

そもそも2時間の根拠って

・体位交換や排泄介助の目安の時間、そして介護保険の給付を抑える目的でもあると推測されます

・「概ね2時間未満の間隔で訪問介護が行われた場合は、それぞれの時間を合算する」と決められています。

 

H24 介護報酬改定に関するQA 厚生労働省

 

 

例を説明する前に、まず訪問介護の単位表を見てみましょう!下は身体介護の単位表です!
訪問介護 身体介助 単位数
所要時間20分未満(身体01) 165単位
所要時間20分以上30分未満(身体1) 245単位
所要時間30分以上1時間未満(身体2) 388単位

 

 

例えば

・12:00~12:29 訪問介護でオムツ交換 身体介助1(245単位)

*31分後に訪問介護に入る場合

・13:00~13:30 訪問介護で食事介助  身体介助1(245単位)

の訪問介護を行った場合

 

この場合だと2時間未満の訪問介護が行われています

 

245単位+245単位=490単位の算定 ではなくて

 

それぞれの時間を合算するので

 

所要時間が30分以上1時間未満 身体2(388単位)の算定になりますよ!ってことです。

 

490単位ー388単位だと102単位のマイナスなんですね!

 

特別な理由以外で訪問してから2時間未満の間隔で訪問すると収益が下がります。訪問介護事業所も経営がありますからね!

 

でも、利用者はお年寄りだし、2時間以内でどうしても訪問しないといけない場合はどうするの?

 

もちろん、認められるケースがあるので説明しますね!

 

2時間ルール以内でも算定が認められるケース

 

大きく2つあります

①緊急時の場合 緊急時訪問介護加算

②頻回な訪問介護の場合

 

①緊急時の場合 緊急時訪問介護加算

 

緊急時訪問介護加算

基本的に本人や家族から緊急で介護が必要と依頼があった場合、そして原則としてサービスの利用前にケアマネの同意を得てからになります。

*要請から24時間以内に身体介護を提供した場合

*計画的に訪問介護になっていない場合

*ケアマネが必要であると認めた場合

*ケアマネに連絡が取れなくても入っても算定できます。ケアマネには事後報告しましょう!

*提供した身体介護+100単位が緊急時訪問介護加算として算定される。

*安否確認、健康チェックでは、算定は困難です。

 

ケアマネは、要請があった時間・要請内容・提供時間・緊急時訪問介護加算が算定である旨を記録しましょうね!

 

②頻回の訪問介護

 

算定要件

・利用者要介護1~2の者であって要介護3~5の者であって障がい高齢者の日常生活自立度ランクB~Cの者

・当該利用者に係るサービス担当者会議が3か月に1度以上開催されている

・1週間のうち5日以上、頻回の訪問を含む20分未満の身体介護が必要と認められたもの

 

体制要件

・常時、利用者や家族からの連絡に対応できる体制であること

・定期巡回・臨時対応サービスの指定を受けている

・定期巡回・臨時対応サービスの指定を受けていないが、実施の意思があり、実施に関する計画を策定している(要介護3~要介護5の利用者に限る)

*頻回の訪問を含む20分未満の身体介護算定する利用者に係る1か月あたりの訪問介護費は、定期巡回・臨時対応型訪問介護看護費(Ⅰ)(訪問看護サービスを行わない場合)の範囲内とする。

 

これは、あくまでも介護保険を利用した場合なので「ヘルパーの自費サービス」は2時間以内でも、介護保険を利用しないので大丈夫ですよ!

 

例えば、訪問看護婦さんの後2時間空けずに訪問介護が訪問してもいいのですか?

 

訪問看護と訪問介護は、サービス内容が異なるので2時間空けなくても大丈夫ですよ!ただし、訪問介護に2時間ルールがあるように「訪問看護にも2時間ルール」はあります。

 

 

同じ時間帯にもし訪問看護と訪問介護が重なってしまったらどうなるの?

 

まあ、あまりないと思いますが、同一時間帯に複数の介護サービスを利用する場合について、少し説明しますね!

 

同一時間帯に複数の介護サービスの提供について

 

原則、同一時間帯においてひとつの介護サービスの利用と位置付けています

 

ただし

例えば、家庭の浴槽で全身入浴の介助をする場合など、訪問介護と訪問看護、または、訪問介護と訪問リハビリテーションを同一利用者が同一時間帯に利用する場合は、

利用者の心身の状況や介護の内容に応じて、同一時間帯に利用することが介護のために必要があると認められる場合に限り、それぞれのサービスについてそれぞれの特定単位数が算定されます。

介護サービス関係 QA

 

 

介護サービス関係QA 厚生労働省

 

利用者の状況に応じて、アセスメントされていれば訪問看護と訪問介護、訪問リハビリと訪問介護は同一時間帯でも算定可能なんですね!

 

ケアマネだけでなく、ヘルパーさんも知っておくといいですね!

 

まとめ

 

・訪問介護は、2時間未満で訪問すれば「それぞれの時間を合算する」

・2時間未満に訪問しても「それぞれ報酬が算定される」のは

①緊急時の場合 緊急時訪問介護加算

②頻回な訪問介護の場合

である。

 

訪問介護で2時間のルールは、わかりました!

 

訪問介護でのルールを把握しておきましょうね!

 

ヘルパーについてまとめています

訪問介護とは(サービス内容、費用、利用までの流れ)ケアマネが解説します!

続きを見る

ヘルパー 資格取得方法は?【お得に取得方法】初任者研修元講師が解説!

続きを見る




-ヘルパー, 介護サービス

© 2020 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5