ヘルパー 介護サービス

訪問介護 2時間ルールって何?訪問できないの?【現役ケアマネが解説】

 

訪問介護の先輩から「訪問すれば2時間空けないと訪問できない」と言われたけど…なんで訪問できないのかな?

 

そのような疑問にお答えします

 

本記事の内容

訪問介護 2時間ルールとは

訪問介護2時間以内の訪問が認められるケース

同一時間帯に複数の介護サービスの提供について

 

この記事の信頼性

自己紹介 デイサービス相談員

この記事を書いている私は、無資格・無経験でデイサービスに勤めました

職場には併設している訪問介護事業所があるので、ヘルパー事情には詳しいです

 

今回は、訪問介護の2時間ルールについて書いていきます。

 

訪問介護の仕事をこれから始める方や在宅のケアマネさんは知っておくほうがいいですよ。

 

「訪問介護の2時間ルール」が適用される場合と適用されない場合を書いていきますので、最後まで読んでみてください

 

訪問介護 2時間ルールとは

まず、訪問介護を説明しますね

訪問介護とは

介護の資格を持った訪問介護員が要支援・要介護認定を受けた方の自宅へ訪問し、食事介助などの「身体介護」や買い物などの「生活援助」をおこなうサービスです。

 

 

訪問介護 2時間ルール

 

訪問介護の2時間ルールを説明します

 

訪問介護のサービス責任者から「訪問介護は、2時間空けないと行けないよ」と言われる理由ですが、2時間以内に訪問介護に行くと基本は報酬が合算されて収入が減るからです。

 

例を説明する前に、まず訪問介護の単位表を見てみましょう!下は身体介護の単位表です!

(令和3年度)

訪問介護 身体介助 単位数
所要時間20分未満(身体01) 167単位
所要時間20分以上30分未満(身体1) 250単位
所要時間30分以上1時間未満(身体2) 396単位

 

例えば、2時間以内に訪問介護に行った場合

・12:00~12:29 訪問介護でオムツ交換 身体介助1(250単位)

*31分後に訪問介護に入った

・13:00~13:30 訪問介護で食事介助  身体介助1(250単位)

 

この場合だと2時間未満の訪問介護が行われていますよね

 

2時間以内に訪問している場合は、報酬が合算されるので

250単位+250単位=500単位の算定 ではなくて

 

所要時間が30分以上1時間未満 身体2(396単位)の算定になります!

 

500単位ー396単位だと104単位のマイナスなんですね!

 

特別な理由以外で、訪問してから2時間未満で訪問すると報酬が合算になり収益が下がります。訪問介護事業所も経営がありますからね!

 

 

でも、利用者はお年寄りだし、2時間以内でどうしても訪問しないといけない場合はどうするの?

 

 

報酬を合算せずに2時間以内の訪問が認められるケースもあるので説明しますね!

 

 

2時間以内の訪問が認められるケース

2時間以内の訪問が認められるケース

 

2時間未満の間隔で訪問介護が行われた場合、所要時間を合算せずにそれぞれの所定単位数を算定できるケースを紹介します。

 

2時間以内の訪問が認められるケースは3つあります

緊急時の場合 緊急時訪問介護加算

頻回な訪問介護の場合

看取りの期の利用者の場合(令和3年度)

 

それぞれ説明します

 

緊急時の場合 緊急時訪問介護加算

 

緊急の場合である緊急時訪問介護加算は、2時間以内の訪問が認められています

 

緊急時訪問介護加算とは

基本的に本人や家族から緊急で介護が必要と依頼があった場合、そして原則としてサービスの利用前にケアマネの同意を得てからになります。

*要請から24時間以内に身体介護を提供した場合

*計画的に訪問介護になっていない場合

*ケアマネが必要であると認めた場合

ケアマネに連絡が取れなくても入っても算定できます。ケアマネには事後報告しましょう!

*提供した身体介護+100単位が緊急時訪問介護加算として算定される。

*安否確認、健康チェックでは、算定は困難です。

 

ケアマネは、要請があった時間・要請内容・提供時間・緊急時訪問介護加算が算定である旨を記録しましょうね!

 

頻回の訪問介護

 

頻回な訪問介護の場合です

 

2つの要件が満たせれば、頻回な訪問介護でも2時間以内の訪問が認められます

 

算定要件

・利用者要介護1~2の「周囲の者による日常生活に対する注意を必要とする認知症者」で日常自立度ランクⅡ、Ⅲ、Ⅳ、Mである。

または、要介護3~5の者であって障がい高齢者の日常生活自立度ランクB~Cの者

・当該利用者に係るサービス担当者会議が3か月に1度以上開催されている

・1週間のうち5日以上、頻回の訪問を含む20分未満の身体介護が必要と認められたもの

 

 

体制要件

・常時、利用者や家族からの連絡に対応できる体制であること

・定期巡回・臨時対応サービスの指定を受けている

・定期巡回・臨時対応サービスの指定を受けていないが、実施の意思があり、実施に関する計画を策定している(要介護3~要介護5の利用者に限る)

*頻回の訪問を含む20分未満の身体介護算定する利用者に係る1か月あたりの訪問介護費は、定期巡回・臨時対応型訪問介護看護費(Ⅰ)(訪問看護サービスを行わない場合)の範囲内とする。

 

2つの要件が満たされれば、頻回な訪問介護は認められます

 

これは、あくまでも介護保険を利用した場合なので「ヘルパーの自費サービス」は2時間以内でも、介護保険を利用しないので大丈夫ですよ!

 

看取り期の利用者の場合

 

令和3年度の介護保険制度改正で新しく位置付けられました

 

看取り期の利用者の場合は、頻回な訪問介護が必要と予想され、柔軟な対応を求める。

2時間未満の間隔で訪問介護が行われた際に、所要時間を合算せずにそれぞれの所定単位数の算定を可能にする

(算定要件)

・緊急時訪問介護加算

・医師が一般に認められている医学的知見から回復の見込みがないと診断した者への訪問介護の提供

 

看取りの方でも、算定要件を満たさなければ2時間未満の訪問介護は、合算になります。

 

 

例えば、訪問看護婦さんの後2時間空けずに訪問介護が訪問してもいいのですか?

 

訪問看護と訪問介護は、サービス内容が異なるので2時間空けなくても大丈夫ですよ!ただし、訪問介護に2時間ルールがあるように「訪問看護にも2時間ルール」はあります。

 

 

同一時間帯に複数の介護サービスの提供について

同一時間帯に複数の介護サービスの提供について

 

同じ時間帯にもし訪問看護と訪問介護が重なってしまったらどうなるの?

 

原則、同一時間帯においてひとつの介護サービスの利用と位置付けています

重なりがある時間は、算定されません。

 

ただし

 

同一時間帯に複数の介護サービスを認めているケースがありますので紹介します

 

 

同一時間帯に複数の介護サービスを認めているケース

 

例えば

家庭の浴槽で全身入浴の介助をする場合など、訪問介護と訪問看護、または、訪問介護と訪問リハビリテーションを同一利用者が同一時間帯に利用する場合は、

 

利用者の心身の状況や介護の内容に応じて、同一時間帯に利用することが介護のために必要があると認められる場合に限り、それぞれのサービスについてそれぞれの特定単位数が算定されます。

 

 

介護サービスQA

 

介護サービス関係QA 厚生労働省

 

利用者の状況に応じて、アセスメントされていれば訪問看護と訪問介護、訪問リハビリと訪問介護は同一時間帯でも算定可能なんですね!

 

 

ケアマネだけでなく、ヘルパーさんも知っておくといいですね!

 

今回は、以上になります。

 

 




-ヘルパー, 介護サービス

© 2021 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5