施設 介護 転職 介護サービス

グループホーム 仕事内容とは?経験者から聞きました【在宅ケアマネが解説】

 

グループホームで働いてみたいけど、認知症の方の対応や給料、仕事内容を知りたいわ!

 

そんな疑問にお答えします

 

本記事の内容

グループホームとは

グループホームの仕事内容

グループホームの勤務体制

グループホーム 認知症の方の対応は?

特養とグループホームの違い

グループホームの仕事をして感じた メリットデメリット

 

 

この記事の信頼性

自己紹介 デイサービス相談員

この記事を書いている私は、無資格・無経験でデイサービスに勤めました

デイサービスから特養の介護職・居宅のケアマネへと転職も経験しています

 

グループホームで働く前に、詳しい仕事内容を知りたいですよね。

 

無資格でもグループホームの介護職として働くことができます。

 

私の友人が「グループホーム」で働いていた経験があり、仕事内容で良かった点や辛かった点を詳しく聞いてみました。

 

グループホームの仕事内容を詳しく知りたい方は、最後まで読み進めてみてください。

 

グループホームとは

 

グループホームとは

 

 

まず、グループホームを説明しますね。

 

グループホームとは

 

グループホームとは

認知症で介護を必要とする方に、共同生活住居(5~9人)において、日常生活上のお世話などを受ける施設です。

 

特養だと1フロア20~25名なので、グループホームは、小規模なのが特徴ですね!

 

グループホームについては、こちらで詳しくまとめています。

グループホームとは 【ケアマネ】がわかりやすく解説します

 

グループホーム入居者の特徴

 

グループホーム入居者の特徴を紹介します。

 

入居者の特徴

65歳以上で要支援2以上(要支援2・要介護1~5)の方

認知症であること

 

グループホーム入居者の介護度は、特別養護老人ホームに比べて、軽度の方が多いですね。

 

R2.7月厚生労働省の資料では、グループホームの平均介護度は、2.74です。

厚生労働省 グループホームR2.7

 

H29.4月厚生労働省の資料では、特別養護老人ホームの平均介護度は、3.87です。

厚生労働省 介護老人福祉施設 H29.4

 

 

 

グループホーム ユニット制

 

グループホームは、ユニット制です。

 

グループホームでは、ユニット制を導入しており、最大1ユニット9名の認知症高齢者が入居されています。

 

特別養護老人ホームや老健施設、有料老人ホームの夜勤は

・認知症利用者のフロアでも、20~25名の利用者を夜勤1名で対応

 

グループホームの夜勤は

・9名の利用者を夜勤1名で対応

 

同じ認知症の対応でも、圧倒的に身体的、心理的な負担は、グループホームの方が軽いです。

 

 

グループホームの仕事内容

グループホームの仕事内容

グループホームの仕事内容は、大きく3種類あります

家事的な支援

身体的な介助

間接的な仕事

 

それぞれ説明していきます。

 

グループホームの仕事内容 家事的な支援

 

グループホームの仕事内容の特徴の1つとして、家事的な支援があります

 

全てのグループホームに当てはまることではありませんが、介護職員と入居者が共同で家事をすることが多いです

 

例えば

・夕食の買い出しを利用者と行く

・食材をみんなで切る

・できた料理をお皿に盛る

・みんなで掃除をしたり、洗濯物をたたむ

・食器を洗う

 

グループホームの介護職は、生活する上で家事のサポートをする役割があります。

 

他の介護施設の仕事内容では見られない、グループホーム独特の仕事内容と言えます。

 

グループホームの仕事内容 身体的な介助

 

身体的な介助内容です。

 

身体的な介助

食事介助

入浴介助

排泄介助

レクリエーション・行事

 

食事介助

 

食事介助や見守りを行います。認知症の高齢者は、理解力や判断力が低下しています

他人の食事をとろうとしたり、食べ物ではないものを食べようとしたりするので見守りは必要ですね

 

入浴介助

 

さっきまで機嫌よかったのに、入浴場にくると急に怒り出す利用者もおられます

声掛けやタイミングなど注意が必要です

 

排泄介助

 

トイレの場所がわからずに放尿したり、紙パンツやパットを引き裂いたり、トイレを詰まらせたりする方がおられるので、誘導や見守りは必要です

 

レクレーション・行事

 

・レクリエーションも施設ごとに異なります。外出や地域交流を積極的に行っているグループホームさんもあります

・行事も小規模ですが、文化祭的な感じですよ

 

グループホームの仕事内容 間接的な仕事

 

利用者に対して間接的な仕事内容とは

担当利用者の仕事

各委員会の仕事

があります。

 

それぞれ説明していきます。

 

担当利用者の仕事

 

職員は、担当の利用者を数名持ち、施設生活が円滑にいくように支援していきます。

 

例えば

・嗜好品の購入

・理美容の段取り

・衣類の補修・購入など

 

利用者の状態変化に伴う、処遇、対応なども提案・実施をしていきます。

 

各委員会の仕事

 

グループホームには、各委員会があります

例えば

・感染予防対策委員会

・事故防止委員会

・身体拘束廃止委員会

・個人情報・プライバシー委員会

・災害・防災対策委員会

 

委員会は、必須です。

委員会に所属し、会議などの参加が求められます。

 

グループホーム仕事内容 勤務体制は?

グループホーム仕事内容 勤務体制は?

 

勤務体制はシフト制

 

グループホームは、24時間介護が必要ですのでシフト制です

 

例えば、このようなシフトになります。

シフト制

・早出 7:30~16:30

・日勤 9:00~18:00

・遅出 11::00~20:00

・夜勤 16:30~翌11:00

 

シフトは、ある程度調整をしてくれる職場もありますので、交渉してみましょう。

 

 

グループホーム 認知症の方の対応は?

 

グループホーム 認知症の方の対応は?

 

 

認知症の方の対応は、利用者一人一人違ってきます。

 

理由は、認知症の種類やその方の性格などによって、反応が変わってくるからです。

 

例えば

・Aさんの入浴を促す声掛けは「汗をかいているから、こちらで着替えましょう」

・Bさんの場合は「息子さんから銭湯にお連れするように頼まれました」

・Cさんが夕方に帰宅要求があれば「夕食の買い物は済んでいますから大丈夫ですよ」(帰宅要求が夕食を作ることが原因の場合)

・同じ帰宅要求でもDさんは「息子さんのお迎えは、こちらで行きましたよ」(帰宅要求が幼稚園を迎えに行くことが原因の場合)

 

など、個別で対応が変わってきます。

 

グループホームの職員は、認知症対応のプロです。

 

利用者の対応次第で「喜ばれたり」「怒られたり」「介助をスムーズにさせてくれる」方法を先輩職員に聞いてみましょう。

 

認知症の方への基本的な対応として

基本的な対応

責めない

否定しない

無理やりしない

は、おさえておきましょうね!

 

 

グループホームの仕事でもらえる給料はいくら?

 

グループホームの仕事でもらえる給料はいくら?

 

令和元年、グループホームの介護職がもらえる給料です。

グループホーム 職員給料

 

 

令和2年度介護事業経営概況調査結果

 

グループホームの介護職員(無資格)だと月305382円ですね。

介護福祉士なら月332510円です。

月に約2万円以上、違います

 

無資格の方は、介護福祉士を目指すためにも、まずは介護職員初任者研修を取るべきですね!

 

介護職員初任者研修の費用などまとめています

 

特養とグループホームの違い

 

特養とグループホーム 仕事内容の違い

 

特養とグループホームの違いを表にしてみました。

特養 グループホーム
1フロア・ユニット 20~25名 9名
平均介護度 3.87 2.74
介護福祉士の月収 376422円 332510円
無資格介護職の月収 357169円 305382円

 

特養と比べると、給料は4~5万円違ってきます。

 

体力の自信があって、精神的に強い方な方は、特養がいいかもしれません。

 

体力に自信がなくて、テキパキするのが苦手な方は、グループホームで働き役職を目指すと収入もUPします。

 

 

無資格なら、介護職員初任者研修の取得することをお勧めします。

 

 

私の知り合いは、グループホームで夜勤バイトをしています。

夕方17時から朝9時までの1夜勤22000円ほどです。休憩も2時間あるようですよ!正社員だけでなく、契約社員やアルバイトという選択肢もありますね!

 

 

グループホームの仕事をして感じた メリット・デメリット

 

グループホームの仕事をして感じた メリット・デメリット

 

グループホームの仕事をして感じた メリット

 

グループホームの仕事をして感じたメリットを紹介します。

 

メリット

・利用者一人ひとりにしっかり向き合って接することができる

人数が少ない分、疲労やストレスを感じにくい

利用者と協力して家事など行うことができる

 

特養で働いていた経験を持つ知り合いは、グループホームの夜勤バイトに行っていますが…

特養に比べると疲労は少ないし、体がラクと話されていました。利用者の対応も余裕が持てるので、楽しいと話しています。

 

グループホームの仕事をして感じた デメリット

 

グループホームの仕事をして感じたデメリットです。

 

デメリット

家事が得意でない方は、向いていないかもしれません

・認知症利用者を受容できないとストレスがたまる

 

認知症を理解し受容できないと、難しいと思います。

 

まとめ:グループホームの仕事内容を楽しもう

 

まとめ:グループホームの仕事内容を楽しもう

 

 

 

現場が「忙しくて利用者に向き合えない」「時間に余裕がなくいつもバタバタしている」

 

そんな職種で働くのが嫌な方は、グループホームはおすすめの職場ですね。

 

認知症の利用者を対応していると、思わず「ほっこり」する場面が多々あります。

 

今回は、以上になります。

 

 

 

-施設, 介護 転職, 介護サービス

© 2021 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5