デイケア 介護サービス

デイケア(通所リハビリテーション)のサービス内容とは?ケアマネが解説します!

 

デイケアでは、どんなことをしているの?母も歳だし、これからいつ利用するかもしれないし、知っておきたいわ

 

在宅ケアマネの「しもやん」です。デイケアの内容をわかりやすく説明していきますね

 

 

まずは、デイケアとは、何かを説明しますね

 

この記事では

デイケアとは

デイケアのサービス内容

デイケアの1日の流れ

 

を書いています

 

デイケアとは

 

デイケア(通所リハビリテーションとも言う)とは、在宅で生活をしている高齢者が病院や診療所、老人保健施設などに通い、日帰りでリハビリテーションや入浴、食事などを受ける介護保険サービスです。

 

デイケアには、医師が常駐しており、医師の指示で理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などがリハビリを提供します。

 

利用するには、介護保険の認定が必要になり、ケアプランに位置付ける必要があります。

 

ケアマネに相談しましょうね!

 

介護申請については、こちらでまとめています

【ケアマネが解説!】介護保険申請の流れ、サービス利用の流れを教えます!

続きを見る

 

デイケアのサービス内容

 

デイケアの事業所によっておこなっていないサービスもありますが、基本的なサービス(送迎、食事、入浴、排せつ、レクリエーション、リハビリ)を紹介しますね

送迎

 

自宅からデイケアまで、往復の送迎をデイケアの車で行ってくれます。(*ただし半日など診療所や整形外科が運営している場合、送迎をしていないケースもありますので事前に確認しましょう!)

 

車椅子の方は、車椅子でも乗れるリフト付きの車両が用意されています。

(車椅子から乗り降りが難しい方は、車いすごと乗れます)

 

送迎の都合上、たくさんの方を順番に迎えに行くので、乗車時間が長くなくことがあります。

 

基本は、玄関まで職員が迎えに来てくれるし、送ってくれますよ

 

雨の日なんかは、車だと助かるわ!

 

 

食事

 

食事は、介護保険の対象外です。

 

値段は、事業所によて異なります。

私の地域のデイケアの食費は、500円から700円ですね。

 

利用者の歯の状況や嚥下(飲み込む力)状態で粥やごはん、おかずは刻みなど一人一人の状態に合わせてくれます。

 

もちろん、アレルギーや好き嫌い、塩分、カロリーにも配慮してくれますよ。ご自分で食べれない方は、介助もしてくれます。

 

塩分やカロリーも調整してくれているなら安心ですね

 

デイケアに行くことで食事量がアップした方もいますよ! 皆さんで、食べる食事はおいしいと話されます。

 

半日のデイケアでは、食事サービスをしていないところもあります

 

入浴

 

洗体や洗髪など、自分で洗えない方は、介助をしてくれますよ。

 

車椅子の方でも入浴ができるのかな?

 

車椅子でも、入浴できる環境つくりをしているデイケアもありますので、ケアマネに確認してみましょうね!

 

*入浴前に看護師が、バイタル測定をしてくれます。

半日のデイケアでは、入浴サービスをしていないところもあります。

 

排泄

 

自分でできない方は、トイレまで誘導したり、おむつ交換をしてくれますよ!

 

施設と違って、オムツやパッドは持参の必要があります

 

*バルンやストマの方は、看護師さんが対応してくれます。

 

医療行為が必要な方は、事前にケアマネにデイケアの受け入れができるのか確認してもらいましょう!

 

レクレーション

 

みんなで、カラオケや風船でバレーをしたり、輪投げやオセロ、ちぎり絵等のレクレーションをしてくれますよ!

 

季節行事で、運動会や豆まき、近隣のボランティアさんのコーラスが来てくれたりするところもあります。

 

半日のデイケアでは、行っていない場合もあります。

 

リハビリ

 

医師からの指示のもと、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などがリハビリを提供します。

リハビリの内容の評価を行い、必要であれば見直しも行います。

握力やバランスの持続時間、歩行速度などを計測し評価してくれて教えてくれます。自宅へ訪問時によく利用者さんが自慢げに教えてくれます

 

デイケアでも事業所によって「かなり異なります」 。本当に、リハビリだけを重点的におこないたいなら「この事業所が絶対いい」 介護者の負担軽減を兼ねてのリハビリなら「あの事業所がいい」とケアマネは情報を持っています。 絶対相談したほうがいいですよ!

 

デイケアとデイサービスの違いはこちらで詳しくまとめています

デイケアとデイサービスの違い どっちがいいの?現役ケアマネが解説!

続きを見る

デイケアの1日の流れ

 

デイケアには、半日型のデイケアと1日型のデイケアがあります。

 

半日型のデイケアの流れ

 

半日型のデイケアは、かなりリハビリに特化したデイケアが多い印象です。

整形外科などが多い印象ですね、介護老人保健施設でのデイケアでも半日を行っているところもあります。

 

半日型なので、入浴や食事は行っていないところがほとんどですね

 

余談ですが 以前、40代後半で脳梗塞になり軽度麻痺が残った方は、半日型のかなり特化したデイケアに行ってもらい約1年で社会復帰(以前勤めていた会社に戻りました)しました!

 

<半日デイケアの流れ 例>

8:30 送迎開始

8:45 自宅へ到着

デイケア到着

バイタル測定

リハビリ(体操や個別でのリハビリを行います)

12:15 送迎開始

12:30 自宅到着

 

1日型のデイケアの流れ

 

1日型のデイケアでは、介護者の負担の軽減も兼ねているところが多いです。

1日型は、介護老人保健施設の運営しているところが、多い印象です。

 

サービス内容は、送迎、入浴、食事、おやつ、リハビリ、レクリエーションです。

 

<1日型のデイケアの流れ 例>

8:30 送迎開始

8:45 利用者宅へ到着

デイケア到着

バイタル測定

入浴

12:00 食事

13:00 体操・リハビリ

14:00 レクレーション

14:30 おやつ

15:00 送迎

15:30 自宅到着

送迎時間もデイケアによっては調整してくれます。

 

長い時間にデイケアに行ってもらえると助かるわ!

 

在宅介護は、長期戦なので介護者自身が時間を作って「心」と「体」のメンテナンスをしましょうね

 

まとめ

デイケアのサービス内容

・入浴・食事・送迎・排泄・送迎・リハビリテーション・レクリエーション

デイケアの半日型と1日型の流れを説明しました

 

デイケアでは、体験利用をさせてくれるところもあります。

(体験は、無料のところもあれば、昼食代のみ支払うところもありますのでケアマネに確認しましょう)

 

デイケアを利用するときには、主治医の意見書が必要です!

デイケアの事業所が、書式を持っていますので主治医にデイケアを利用したい旨を伝えて記入してもらいましょう!

 

注意ポイント

要支援1・要支援2の方は、デイケアとデイサービスの併用利用は介護保険上利用できません。

介護度1~5の方は、デイケアとデイサービスの併用利用はできます。

 

医療系の介護保険サービスを利用すれば、医療費控除の対象になりますよ

医療費控除 おむつ代 ケアマネが解説!

続きを見る




-デイケア, 介護サービス

© 2020 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5