デイサービス 介護サービス

デイサービスを利用するにはどうすればいいの?【在宅ケアマネが解説】

母にデイサービスを利用させたいけれど、どうすればいいの?利用するまでの手続きを教えてほしい。

 

そのような疑問にお答えします

 

本記事の内容

デイサービスを利用するには 5つの手順

デイサービスを利用する際の注意点3つ

 

自己紹介 デイサービス相談員

 

この記事を書いている私は、無資格・無経験でデイサービスに勤めました。

デイサービスから特養の介護職員・在宅ケアマネへと転職も経験しています

 

今回は、デイサービスを利用するにはどうすればいいのか?をテーマに書いていきます。

 

在宅ケアマネの経験からデイサービスの利用手順や利用する際に注意するポイントを説明していきますので、最後まで読んでみてください。

 

 

デイサービスを利用するには 5つの手順

デイサービスを利用するには 5つの手順

 

デイサービスを利用するには、どうすればいいか?

 

まず、デイサービスについて説明します

デイサービスとは、日帰りで通い、食事や入浴、レクリエーション、リハビリなどを受けられる介護サービスです。

 

デイサービスを利用するまでの手順を説明します。

 

デイサービスを利用するまでの手順5つ

手順①介護認定を受ける

手順②契約しケアプランを作成してもらう

手順③デイサービスの選定

手順④デイサービスと契約

手順⑤デイサービスの利用

 

手順①介護認定を受ける

 

デイサービスを利用する前に介護認定を受ける必要があります

 

介護保険のサービスを利用するには、介護認定を受ける必要があり、要支援1~2・要介護1~5の認定結果が必須です。

 

介護認定を受けても、結果が「非該当」であればデイサービスを利用することはできません。

 

デイサービスの利用条件は

・要支援1・2

・要介護1~5

の認定が出ていることが条件です

 

要介護認定を受けるには

・65歳以上の方で日常生活に支障が出ている方

・40歳以上で老化が原因とされる病気(16種類)により介護が必要になった方です

 

デイサービスを利用する前に介護保険の申請をされていない方は、介護認定を受けましょう。

 

介護保険の申請について、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

介護保険 申請の条件・流れ・タイミングを【ケアマネ】が解説します!

 

手順②契約しケアプランを作成してもらう

 

契約しケアプランを作ってもらいましょう

 

介護保険サービスである「デイサービス」を利用するには、ケアプランが必要になります

 

ケアプランとは

これからどのように生活をしていきたいか目標に向けて利用するサービスの種類や頻度を決めた計画書です。

 

ケアプランを作ってもらうには、プラン作成者と「契約」が必要です

 

契約する

 

介護認定が出れば、介護保険証が送られてきます

要支援1・2の方は、地域包括支援センターへ連絡し、要介護1~5の方は、居宅介護支援事業所へ連絡し契約を行います

 

①認定結果が要支援1・要支援2の方は、地域包括支援センターと契約する

②認定結果が要介護1~5の方は、居宅介護支援事業所のケアマネと契約する

 

介護保険サービスを利用する前には、地域包括支援センターか居宅介護支援事業所との契約が必要です

 

こちらで最寄りの地域包括支援センター、居宅介護支援事業所を探すことができますよ

介護 情報公開システム

 

ケアプランの作成

 

契約した地域包括支援センターの職員か居宅介護支援事業所のケアマネがケアプランを作成します

 

ケアプランの作成の流れは、以下のようになります

①ケアマネージャーは、ご利用者の心身の状態や生活環境を把握します

その時に課題分析といって困っていることや在宅の生活がスムーズにできるように考えます

 

②利用者・家族・サービス事業者(例えばデイサービスを利用するならデイサービス事業所)・ケアマネジャーとで在宅の生活がスムーズにできるよう検討します。

 

③ケアプランの作成…利用するサービスの種類や回数を決定します。

(例:デイサービス月曜日、木曜日の週2回利用 サービス内容は入浴・食事・運動など)

 

 

手順③デイサービスの選定

 

利用するデイサービスの選定です

 

サービスの選定は、手順②と同時進行で行われます

 

デイサービスには、様々な種類があり「利用者と家族」にとって、自立支援、介護負担の軽減、在宅生活の継続を考慮して、最適だと思われるサービスをケアマネが提案します

例えば

・「筋力の低下予防が目的」なら運動型のデイサービス利用を提案する

・自宅での「入浴が困難で介護者負担の軽減が目的」なら入浴サービスがあり、長時間利用できるデイサービスを提案する

 

利用者の目的と相性などを考えて

・少人数のデイサービス

・大人数のデイサービス

・クラブ活動があるデイサービス

・緊急でお泊りができるサービス

・元気な方が多いデイサービス

を提案していきます

 

デイサービスのサービス内容、利用時間、特徴は事業所によって違ってきます

「体験利用できるデイサービス」があるのでケアマネに相談してみましょう

 

手順④デイサービスと契約をする

 

デイサービスの選定ができれば、サービス事業所と契約をします

 

介護保険サービスでは、利用するすべての事業所と契約しなければいけません

 

契約時に不明な点は、確認しましょう!

 

契約時に確認すべき点を参考までに書いていきます

・当日、キャンセルする場合は、何時までに連絡すればいいのか?

・キャンセル料は、いくらかかるのか?

・緊急時の対応は、どのようになっているのか?

・緊急での利用や時間の延長はできるのか?

・利用料金の支払い方法

 

契約は「要支援」と「要介護」で内容が異なります。

要支援から要介護になった利用者は、再度「介護の契約」をする必要があります。

 

手順⑤デイサービスの利用

 

デイサービスの利用です

 

デイサービスを利用するまでに、介護申請、ケアマネとの契約、サービス事業所との話し合いや事業所の選定、デイサービスとの契約などがあります

 

デイサービスを利用して

・デイサービスに行きたくない

・他のデイサービスを利用したい

 

このような場合は、ケアマネに相談してみましょう。

他のデイサービスを紹介してくれますよ。

 

デイサービスを利用する際の注意点3つ

 

デイサービスを利用する際の注意点を3つ説明します

暫定プランでデイサービスを利用する場合

要支援者のデイサービス利用

事業所がデイサービス利用者にできないこと

 

暫定プランでデイサービスを利用する場合

 

暫定プランでデイサービスを利用する場合は注意が必要です

 

暫定プランとは

介護を受けられる方の要介護度や要支援度がどの程度かを予測して、ケアプランを作成し介護保険サービスを利用することです

*介護認定結果が出るまでにサービスを受けることですね

 

大多数のケアマネなら暫定プランでのリスクを説明しますが簡単に紹介します

 

例えば、暫定プランで「要支援2」以上を想定し、デイサービスを週2回利用した場合のリスクです

・介護認定の結果が「要支援1」であれば、週1回は介護保険で利用できるが、あとの週1回は自費になる場合があります

(要支援1の方は、デイサービス週1回が基本です)

 

ケアマネは事前にデイサービスへ暫定の旨を伝え「要支援1の場合は、デイサービス側がどう対応するのか」を聞いています

 

ケアマネがよく利用しているデイサービスなら「自費になるケースは少ない」ですね

 

要支援者のデイサービス利用

 

要支援者のデイサービスの利用については、2つのデイサービス事業の併用利用、デイケアとデイサービスの併用利用はできません

 

例えば、要支援2の方は週2回までデイサービスを利用できますが

・「週1回はA社のデイサービス」「週1回はB社のデイサービス」の併用利用はできません

・「週1回はデイサービス」「週1回はデイケア」の併用利用もできません

 

要支援の場合デイサービス利用は、月単位でカウントされるためデイサービスを変更したくても同月に別のデイサービスを利用することはできませんので注意しましょう。

しかし、介護保険を利用しない「体験利用のデイサービス」であれば利用できます

 

事業所がデイサービス利用者にできないこと

 

デイサービスで利用者にどうしてもできないこと

 

デイサービスの利用者にしてあげたくてもできないことがあります

 

デイサービスの送迎は、デイサービス事業所と自宅間が基本である

 

例えば

・デイサービスで熱があるから病院へ連れていく

・デイサービスの帰りにスーパーで降ろす

・病院受診が終われば迎えに来てほしい

 

利用者からそのような訴えが稀にありますが、対応していません。

 

デイサービス事業所によって対応するところもあるかもしれませんが、多くのデイサービスでは対応してくれません

 

また、デイサービスは医療機関ではないので「治療の必要があれば医療機関へ行きましょう」

 

今回は、以上になります

 




-デイサービス, 介護サービス

© 2021 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5