ケアマネ事例

ケアマネ 事例~認知症が後戻りした事例~

 

在宅ケアマネをしている「しもやん」です。今回は、私が担当している方で、デイサービスを利用することで認知症が後戻りした方のお話をしたいと思います。

 

え!認知症は、治らないのでは?

 

私もそう思っていましたよ。でも、実例なんです!要介護1から要支援2に上がりました!

 

 

ケアマネ 事例~認知症が後戻りした事例~

Cさんの紹介

 

Cさんとの出会いは約4年前です。

通院していた病院の先生から「外来の医療のリハビリが難しくなってきているので、介護申請をしてデイサービスに行きなさい。」と言われたそうです。

 

ご家族さんが介護の申請を出して、介護の結果、要介護1と認定されました。

 

私の職場の近くに住まれていたので、子どもさんが相談に来られました。

 

Cさん

・独居です。

・近隣にこどもさんが住まれています。

・足腰が弱くなってきたので、他府県からこちらに引っ越しされてきたそうです。(外出は少ない)

・腰痛があり病院に通院しリハビリをしていました。

・認知症が軽度から中度あります。

(訪問して少しの物忘れだと私も思いましたが、よくよくかかわると「まだら認知症」でところどころ記憶が抜け落ちています)

・視力、聴力は問題ないです。

・受診は、お一人で行かれていました。

・服薬が忘れがちです。(ご家族も服用していると思っていましたが、かなり飲み忘れがあり薬が山ほど出てきました)

・起き上がりがしんどい様子です。

・トイレは、自力でされています。(*細かくアセスメントしてますが省略してます)

 

ご本人は、

デイサービスで運動をしてみたい。起き上がりも大変なのでベッドも借りたい。 ヘルパーさんも利用してお掃除をお願いしたい

 

服薬ができていなかったので、服薬確認ができるように、服薬カレンダーの利用と薬剤師の訪問を提案しました。

 

ここで

・掃除、服薬の確認(ヘルパー)

・起き上がりが困難なのでベッドのレンタル

・デイサービスの利用

・薬剤師の訪問

 

の介護サービスを利用することになりました。

 

通院の同行や週末はこどもさんが服薬の促しで訪問してくれることになりました。

 

この方の場合は、デイサービスに行きたいと訴えていたのでデイサービスを拒否することはなかったので安心していたのですが…

 

デイサービス利用初日

 

デイサービスを利用する前日に訪問して、明日のデイの送迎時間をカレンダーにも書き、メモにも送迎時間と日にちを記入して本人にも手渡していました。

 

当日、迎えに行く前にデイサービスの職員が電話すると

 

今日でした?そんな、話してました?

 

何とか、デイの利用が今日であることを説明すると「用意する。」と言われて車で迎えに行き、デイサービスに来てくださいました。

 

デイサービスでは、皆さんと会話を楽しんだり、体操したり、食事やレクリエーションも楽しまれていました。

 

デイサービスはとても楽しい、定期的に利用したいと話されていました。

 

デイサービスの利用翌日

電話でデイサービスを利用してどうだったか感想を電話で聞きました。

 

本人は、

 

「デイサービスは、昨日いったかな?一昨日じゃなかった?」

 

と話されていました。デイサービスが楽しかったことは覚えていました。

 

そして、私が本日○時に訪問することをお伝えしても、忘れていることがほとんどでした。

 

服薬は、みんなで促すことで100%飲めるようになりました。

 

デイサービスを利用して半年

 

デイサービスを利用して半年がたちました。(もちろん毎月自宅へ訪問しています)

 

なんと、半年後にはデイサービスの利用曜日、迎えの時間はしっかり把握されていました。

 

そして、以前は訪問する日を伝えていても忘れていたのに、私が訪問する日時を理解されていました。

 

しかも

服薬は、促す前に自分で服用できるようになっていました。

服薬100%服用できています。

 

そして、介護保険の更新を受けると要支援になりました。(笑)

 

これを機に、服薬管理はすべて自己管理されており、しばしばチェックするのですが100%飲めています。

 

認知症が後戻りした理由を考えてみた

基本的には、認知症は回復しない、症状を遅らせるだけと私も思っていました。

でも、回復したので考察してみました。

 

この利用者さんは、

・服薬が飲めていなかった→服薬を飲めるようになった

・デイサービスやヘルパーや薬剤師が来るようになった→会話が増えた、外出する機会が増えた。

 

毎日、自宅に誰かが来ることもすごく刺激になったと思います。

 

そして、デイサービスでほどよい緊張を感じながら参加して、リハビリをしたり、レクリエーションをしたり、会話を楽しんでいるのも良かったのではないでしょうか?

 

デイサービスの前日の夜には、ご自身で荷物を準備されているようです。

 

デイサービス当日には、迎えの時間には玄関で待っているようです。

 

子どもさんやヘルパーさん、薬剤師さん、デイサービスのスタッフさん、みんなで関わることで「後戻り」できたのではないでしょうか?

 

もちろん、ご自身の努力もあったからだとは思います。

 

私は、まだ7年ほどしか居宅のケアマネをしていませんが、これほど大きく改善した方は初めてです。

デイサービスの内容をまとめています

デイサービスとは (元デイサービス相談員・現役ケアマネが解説します)

続きを見る

 




-ケアマネ事例

© 2020 介護 しもやんブログ Powered by AFFINGER5