ケアマネ 介護サービス

ケアマネの仕事内容 居宅ケアマネをして本当によかったこと3つ!!

 

在宅のケアマネをしていて本当に毎日が楽しく思えるようになった「しもやん」です。

 

ケアマネの仕事内容ってなんなの?

 

ケアマネをやってみたい方に見てもらって、興味を持ってもらえれば嬉しいです。

 

ケアマネって大きく2種類あります。

 

施設ケアマネと居宅のケアマネ

 

今回は、居宅ケアマネに関して本当によかったこと3つ書いていきます。

 

この記事では、

・居宅ケアマネの仕事内容

・仕事をしてよかった3つのこと

・居宅ケアマネをして気づいたこと

 

を書いていきます。

 

まず、簡単に居宅ケアマネの仕事内容を紹介していきますね

 

居宅ケアマネの仕事内容

 

ケアマネは、ケアプランを作成します!

 

ケアプランとは、ご利用者の状況や要望にもとづいて「これからどのような生活をおくりたいか」と目標設定し、その目標に向けて利用するサービスの種類や頻度を決めた利用計画書のことです。

 

<ケアプランの作成>

・アセスメント

利用者の相談を受けて、心身の状態・住環境、本人、家族の状況を把握し分析します。

 

・サービス担当者会議

本人の状態に最も適したサービスを利用者・家族とサービス担当者で検討します。

 

・ケアプランの作成

利用するサービスの種類や回数を決定します。

 

・モニタリング

ケアプラン作成後もサービスの実施状況や利用者の状態、ニーズの変化を確認し、必要であればアセスメントを行い、ケアプランの変更をします。

 

・給付管理

利用者に対してサービスが計画通りに提供されたのか、毎月確認し、給付管理票を作成します。

 

<訪問>

利用者の自宅へ訪問します。

要介護の方は、月に1回以上です。

要支援の方は、3か月に1回は訪問です。

もちろん、それ以上の訪問がほとんどです。

 

<電話対応>

利用者、家族だけでなく事業所や病院、相談など

多いときで1日50件ぐらいありますね。

 

居宅のケアマネは、こんな感じです。

私は、現在の担当させてもらっている人数は

要介護28名と予防28名の計56名ですね。( ´艸`)

興味あれば、是非この記事も読んでください

 

仕事をしてよかった3つのこと

利用者との関り

 

これが、一番「楽しくて」「やりがい」がありますね。

 

認知症や体が思うように動かなくて「人の手を借りないと生活しにくい状態」

 

そんな時によくわからん、ケアマネが来ていろいろサービスを提案するのです。

 

初めから上手くいく(介護サービスを使ってもらい生活しやすくする)ことは、少ないです。

 

何度も訪問して、信頼を積み上げて

 

ようやく「信頼」してもらって

 

例えば、初めて利用者さんが、デイサービスに行く

 

デイサービスから帰ってきて

 

「デイサービス紹介してくれてよかったわ。めっちゃ、楽しかった!また、行きます!」

 

この言葉、この表情を見させてもらって「ケアマネしてよかった」って思える。

 

これ、やみつきになる「麻薬」ですね(笑)

 

興味あれば、是非この記事も読んでください

デイサービス 嫌がる利用者 がデイサービスに行くまで!事例2

続きを見る

 

事業所との関り

 

ケアマネは、利用者に対して公平中立にサービスの提示を求められています。

 

たいてい、サービス事業所のリストを見せても「ケアマネにお任せします」と言われるんですよね

 

私の事業所の選び方は

 

サービスの質がいいところ、責任者が信頼できるところを提案します。

 

当たり前ですが…なかには、紹介したくない事業所もあるんですよね

 

事業所とやりとりをすると、ケアマネとは違った視点での「気づき」が得られることが多くあります。

 

いろんな切り口からの意見や提案も受けます

 

本当にそれが、助かっているし、楽しくなっています

 

ステップアップ

 

居宅のケアマネをして、主任ケアマネを取得しました。

 

まあ、5年のケアマネ経験と研修を受ければ取れるのですが、ステップアップしました。

 

そして、職場でも役職を頂きました。

 

また、ケアマネの理事会にも参加させていただき

 

認定審査会の審査委員もさせていただきました。

 

まだまだですが、少しステップアップしているなあと楽しんでいます。

 

居宅ケアマネをして気づいたこと

 

 

昔は、「ケアマネは歳いってもできる」って思っていました。

 

確かにできますが

 

覚える仕事は、かなりあります。

 

ケアマネ試験の問題は、現場ではほとんど役に立ちません。

 

例えば、

・要介護の利用者が入院する際、介護保険で訪問介護を利用できるか?

・デイサービス利用中に家族が倒れて、デイサービス終了後にショートステイを利用した際に、両方の事業所は請求できるか?

・退院前、住環環境を整えるために、住宅改修で手すりなど取り付けた。退院前日に亡くなった場合、介護保険適用か?

・要支援の方は、デイサービスの事業所を複数事業所を利用できるか?

・デイサービス利用中の担当者会議の時間は、デイサービスのサービス提供時間に含まれるか?

 

などなど、ケアマネ試験にでます? 実際は、このようなことが現場で起きています。

 

ケアマネは介護現場とは違った「やりがい」を感じることができます

 

おじいさん、おばあさんの人生をプロデュースする仕事です。

 

私は幸いなことに、今でも「やりがい」を感じています。

 

 

-ケアマネ, 介護サービス

Copyright© 介護 しもやんブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.